150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2019年12月07日

横浜FM 3−0 FC東京 J1・最終節 東京は2位

前半26分、エリア外からシュートを打たれる。東がブロックに入るもボールがGK林の頭上を越えてゴールに。先制される。
前半44分、エリア中央に進入されDFをかわされてシュートを打たれる。ゴール左に決められて失点。0−2に。
後半32分、左サイドから切り込まれてシュートを打たれる。決められて失点。0−3。

前節に悪質なタックルを受けてケガをしたオリヴェイラ選手はベンチ入りもできず。攻撃の要を欠き、優勝するには4点差で勝つことを要す東京としては厳しい状況でした。

カギになる先制点を奪えず、逆に前半に2失点。ここで勝負ありでした。


東京はリーグ2位という結果を出しました。優勝できませんでしたが、良い結果を出したと思います。

シーズン途中で中軸の選手が移籍で退団。しかし、渡辺選手がCBで安定したプレーを見せて見事に穴を埋め、オリヴェイラ選手と永井選手のコンビはリーグ屈指の攻撃力を見せてくれました。
振り返れば良いシーズンだったと思います。
でも、素直に言うと色々と悔しい試合(鳥栖戦のミスジャッジで勝ち点1を失ったこととか)があったり、日程が厳しかったりと思うところはあるんですけどね。


最後に、
横浜さん、優勝おめでとう。


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF オ ジェソク
DF 渡辺 剛
DF 森重真人
DF 小川諒也
MF 東 慶悟 → 後半0分 FW 田川亨介
MF 萩洋次郎
MF 橋本拳人
MF アルトゥール シルバ → 後半14分 MF 三田 啓
FW ナ サンホ → 後半0分 MF ユ インス
FW 永井謙佑


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 16:19| Comment(0) | FC東京・2018〜19 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

FC東京 1−1 浦和 J1・33節 また浦和に勝てず

前半39分、相手CK。ショートコーナーからパスをつながれミドルシュートを打たれる。GK林が防ぐもこぼれ球に反応されて失点。先制される。
後半24分、CKから森重がシュート、ブロックされたこぼれ球をサンホがシュート、これも防がれるがこぼれ球を田川がゴールに押し込む。同点に。
試合は、1−1で終了。引き分けです。

序盤から東京が押していました。
テンポよく攻撃しますが得点できなかった。この時間帯に点が取れなかったのが大きかったと思います。
前半の39分にミスからCKを奪われ、失点。
逆転に向けて攻勢に出ましたが、同点にするも逆転にまでは至りませんでした。

前半30分ごろにオリヴェイラが浦和・山中からレイトタックルを受け負傷。深いタックルだったので負傷の程度が心配ですね。
この負傷交代が厳しかった。オリヴェイラは攻撃の核ですから。
失点したのもこの直後でした。
後半には、永井が交錯したときに肩を負傷。永井もピッチからいなくなったのは痛恨です。
飛車角行なしで戦うことになったようなものです。(浦和の作戦というわけではないですよね?)

この結果、横浜が勝ち、鹿島が負けたので順位は変わらず。(横浜は川崎に4−1、3点差で勝った)
1位 横浜FM (勝点67 得失点差+27)
2位 東京 (勝点64 得失点差+20)
3位 鹿島 (勝点60)

首位の横浜FMと東京は、勝点差が3。得失点差も7ポイント横浜が上回っています。

最終節は、横浜FMvs東京です。直接対決。
なんと、東京が4点差をつけて勝てば、東京が優勝です。
厳しいけど、可能性はある! 頑張れ!


ところで私事ですが、今日の試合、現地で見られませんでした。
この前、ある場所の歩道で段差に気が付かず足を取られて足首を骨折(情けない)。味スタに行けませんでした。
最終節の横浜にも行けない模様。(チケットも取れませんでしたがw)
自宅から応援します。

東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 渡辺 剛
DF 森重真人
DF 小川諒也
MF 三田啓貴 → 前半32分 MF ユ インス
MF 萩洋次郎
MF 橋本拳人
MF 東 慶悟
FW ディエゴ オリヴェイラ → 前半42分 FW 田川亨介
FW 永井謙佑 → 後半17分 FW ナ サンホ


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 17:12| Comment(0) | FC東京・2018〜19 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

FC東京 1−1 湘南 J1・32節 

前半36分、ボールを奪われスルーパスを出される。シュートを打たれるも森重がブロック。しかし、こぼれたボールがゴールに。失点。先制される。
後半49分、岡崎がゴール前にロングフィード、跳ね返されたボールを森重がエリア外からミドルシュートを打つ。コントロールされたボールはゴール右に決まって得点、同点。1−1に。
試合は引き分けで終わりました。

アウェー8連戦が終わって、久しぶりのホームゲーム。
久しぶりすぎて、選手たちが緊張してしまったのでしょうか? 動きが良くありませんでした。
また、厳しくチェックしてくる湘南に苦戦してしまいました。
前半にミスから失点してしまい、慌ててしまいましたね。
終了間際に同点にしたのでホッとしました。でも、この試合は勝たねばならなかったと思います。

湘南は降格争い中。気合が入っていました。守備を厳しく行こうとする作戦が利いていました。
首位のチームから勝点1を取ったのは大きかったのではないでしょうか。(試合の流れからは勝点2を失った感ありかな?)


この結果、横浜が勝ったので首位が入れ替わりました。
1位 横浜FM (勝点64)
2位 東京 (勝点63)
3位 鹿島 (勝点60)
4位 川崎 (勝点57)
残り2節でこの勝ち点差です。面白い状況になっていますねw。

次節の浦和戦、最終節の横浜戦と2連勝すれば優勝です。自力優勝できる位置にいることに喜びを感じましょう。
東京、頑張れ!!

東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 岡崎 慎
DF 森重真人
DF 小川諒也
MF 大森晃太郎 → 後半16分 MF 三田啓貴
MF 萩洋次郎
MF 橋本拳人
MF 東 慶悟 → 前半34分 MF ユ インス
FW ディエゴ オリヴェイラ
FW 永井謙佑 → 後半23分 FW 田川亨介


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 18:52| Comment(0) | FC東京・2018〜19 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

磐田 0−1 FC東京 J1・31節 アウェー8連戦を勝って終える

後半8分、橋本が右サイドDF裏にスルーパス、室屋がエリア内で受け切り返したところで足を引っかけられてファウル、PK。
オリヴェイラがPKを決めて先制。
この1点が決勝点となり、1−0で東京が勝ちました。

東京は良く戦っていました。前半の早い時間にDFを負傷交代することになって難しい試合になりましたが、良く勝ったと思います。雑なプレー(パスミスなど、精度が悪いという意味で)が目立っていましたが、磐田に付き合ってしまったかな?

なかなか点が取れない状況で、PKを取れたのは大きかったですね。室屋、GOOD !

磐田は降格争い中ということもあって、気合が入っていましたが・・・空回りしていたように見えた。
プレーも荒かったですね。

さて、東京のアウェー8連戦が終わりました。
結果は、4勝2敗2分。(この内の1敗は疑惑の鳥栖戦でしたね・・・)
悪くない戦績だと思います。

この結果、鹿島が負けたので、東京が首位に返り咲きました!
1位 東京 (勝点62)
2位 横浜FM (勝点61)
3位 鹿島 (勝点59)
4位 川崎 (勝点57)
競り合ってますね。

東京、頑張れ!!

東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 渡辺 剛 → 前半29分 DF 岡崎 慎
DF 森重真人
DF オ ジェソク
MF 三田啓貴 → 後半28分 MF 大森晃太郎
MF 萩洋次郎
MF 橋本拳人
MF 東 慶悟
FW ディエゴ オリヴェイラ → 後半35分 FW 田川亨介
FW 永井謙佑


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 17:15| Comment(0) | FC東京・2018〜19 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

大分 0−2 FC東京 J1・30節 

前半5分、高萩からのフィードを永井が受け、相手GKをかわしてエリア内に進入。無人のゴールに流し込んで先制。
前半7分、CKからニアサイドで渡辺が頭で合わせてゴール。追加点、2−0に。
後半は東京が良く守って点は動かず。
2−0で東京が勝ちました。

前半、東京は飛ばしていました。
前線高い位置からチェック、ボールを奪うと前にボールを入れていました。
東京のペースで前半は終了。

後半、東京は守備的な作戦に。ブロックを作って堅い守備を展開。
攻撃はカウンター狙い。チャンスはありましたが点は取れませんでした。

東京はプランとおりの試合運びだったと思います。前節と同じ流れ。
快勝だったと思います。
右サイドで守備に穴があったように思いましたが、大分に付け込まれる前に選手交代したので良かった。ハラハラしました。

大分は前半に東京のペースに対応しきれなかったのが大きかったですね。

残り4試合で首位と勝点で並び、2位につけています。
ワクワクします。

次は降格争いをしている磐田とです。難しい試合になりそうですが、優勝に向けて勝つことが大事。頑張って欲しいですね。

東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 渡辺 剛
DF 森重真人
DF オ ジェソク
MF 三田啓貴 → 後半22分 MF 大森晃太郎
MF 萩洋次郎
MF 橋本拳人
MF 東 慶悟
FW ディエゴ オリヴェイラ → 後半47分 MF アルトゥール シルバ
FW 永井謙佑 → 後半37分 FW 田川亨介


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 17:37| Comment(0) | FC東京・2018〜19 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

神戸 1−3 FC東京 J1・29節 快勝!

前半6分、シルバの右サイドからのクロスから東が高萩へパス、シュートは右ポストに当たるもゴールへ。先制。
前半10分、左サイドでボールを回し、シルバが中央へボールを運ぶ、左サイドの遠目からの回転のかかった強烈なロングシュートが決まり追加点。2−0に。
前半34分、橋本からオリヴェイラへ縦パスを送ると中央を抜け出す。前へ走り込んだ橋本へスルーパス、ダイレクトで合わせてゴール。追加点、3−0に。
後半21分、CKから頭で合わされ失点。3−1。
3−1で東京が勝ちました。

快勝と言って良いと思います。
前半で3得点したので後半は慎重な試合運びでしたが、1失点したもののアウェーでの試合運びとして良くコントロールしていたと言って良いと思います。

オリヴェイラのワントップ、高萩がトップ下に入っていました。機能していたと思います。ワントップも良いかな。

鹿島が引き分けでしたので、勝点56で並びました。得失点差で、1位鹿島、2位東京となっています。勝負はこれからですね。


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 渡辺 剛
DF 森重真人
DF オ ジェソク
MF 三田啓貴 → 後半31分 DF 岡崎 慎
MF アルトゥール シルバ
MF 橋本拳人
MF 東 慶悟 → 後半43分 MF 内田宅哉
MF 萩洋次郎
FW ディエゴ オリヴェイラ → 後半21分 FW 永井謙佑


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 17:48| Comment(0) | FC東京・2018〜19 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする