150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2020年02月25日

Jリーグ3月15日までの試合延期 新型コロナウイルス対策

武漢熱の影響で、3月15日までの開催予定のJリーグ、ルヴァンカップのすべての試合の開催延期が決定されました。
2020Jリーグ 明治安田生命J1リーグ 第2節〜第4節 明治安田生命J2リーグ 第2節〜第4節 明治安田生命J3リーグ 第1節〜第2節 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第2節〜第3節 開催延期のお知らせ
Jリーグは、本日の理事会において、2月28日(金)〜3月15日(日)に開催予定の2020明治安田生命Jリーグおよび2020JリーグYBCルヴァンカップのすべての試合について、開催延期を決定いたしました。
スポーツには国民に活力を与える大きな力があり、重要な社会のインフラであると信じておりますし、Jリーグには豊かなスポーツ文化を振興していく責任があるとも感じています。
これまでの公式戦は、多くのファン・サポーターの皆様のご協力のもと、大きなトラブルもなく無事に終えることができました。
しかし昨日開催された、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議にて「これから1−2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となります」との見解が発表されました。Jリーグは、感染予防対策および拡散防止のために最大限の協力をしていくことを検討し、2月26日(水)〜3月15日(日)の約3週間に渡って公式試合を開催しないことを決断いたしました。3月18日(水)に開催予定の2020明治安田生命Jリーグでの再開に向け準備を進めてまいります・・・・・・
2020.2.25 Jリーグ プレスリリース

開催延期となる試合は、以下のとおり。
J1リーグ
 第2節 2/28(金)、29(土)、3/1(日) 9試合
 第3節 3/7(土)、8(日) 9試合
 第4節 3/13(金)、14(土) 9試合
J2リーグ
 第2節 2/29(土)、3/1(日) 11試合
 第3節 3/7(土)、8(日) 11試合
 第4節 3/14(土)、15(日) 11試合
J3リーグ
 第1節 3/7(土)、8(日) 9試合
 第2節 3/14(土)、15(日) 9試合
ルヴァンカップ
 グループステージ第2節 2/26(水)、3/11(水) 8試合
 グループステージ第3節 3/4(水) 8試合

FC東京の試合で延期となるのは、
J1リーグ
 第2節 2月29日(土) FC東京 vs 横浜F・マリノス(味スタ)
 第3節 3月8日(日) FC東京 vs 浦和レッズ(味スタ)
 第4節 3月14日(土) セレッソ大阪 vs FC東京(ヤンマー)
J3リーグ
 第1節 3月8日(日) FC今治 vs FC東京U-23(夢スタ)
 第2節 3月15日(日) FC東京U-23 vs アスルクラロ沼津(味フィ西)
→2020.2.25[クラブからのお知らせ]【重要】新型コロナウイルス感染症に伴う試合の延期について

楽しみにしていたホーム開幕戦が延期になってしまいました。
でも、仕方ないですね。
パンデミック直前と言われている現状では、開催するのは難しいでしょう。

私も味スタに行くのに、どのような対策が必要か調べていたところでした。

残念だけれど、延期を支持、理解したいと思います。

第5節3月18日(水)19:00キックオフのFC東京VS広島(味スタ)が安心して開催できるよう、クライシスが収束していることを切に願いたいですね。



にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 18:48| Comment(0) | FC東京・2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

清水 1−3 FC東京 J1・1節 開幕戦勝利!

後半2分、センターラインあたりでボールを奪われ、そこからスルーパスを入れられる。パスが通ってGKと1対1に。決められて失点。先制される。
後半32分、橋本からロングフィード、オリヴェイラが左サイドに落とすとレアンドロが抜け出しエリア内に。ドリブルで切り込んだところで倒され、PKに。PKをオリヴェイラが決め同点、1-1。
後半35分、レアンドロがドリブルでエリア前まで運びオリヴェイラへパス、ゴール前にボールを折り返すと走り込んだアダイウトンがシュートを決める。2-1、逆転。
後半47分、バックパスを狙ってアタックしたレアンドロがボールを取るとゴール前へ、GKをかわしたところで倒される。PK。レアンドロがPKを決め追加点。3-1に。
3-1で東京が勝ちました。

前半から後半途中まで、東京に良いところはありませんでした。
清水に中盤を抑えられ、パスが通らない。次第に中盤省略したロングボールが多くなり、点を取れる気がしない展開になっていました。

後半早々に失点した場面は、中盤が機能していないところでボールを取られ、カウンターを食らってしまった。

後半の早い時間に選手交代したのが良かったと思います(できれば後半開始時点で変えてほしかった)。清水の作戦にはめられて消えてましたからね。中盤での動きを見せるようになってから、少し攻められるようになった。
同点にしたPKの場面。相手のDFはカバーできていたので、ファウルする必要がなかったところでPKをもらった。これはラッキーだったかも。この同点で清水が慌ててしましましたね。カウンターからの逆転、カウンターからPKを取って追加点。
清水が落ち着いて立て直してきたら、厳しかったかもしれません。

アウェーの試合、途中までは敗戦模様だった試合で勝ち点3を取れました。相手に助けられた気もしますが、まずは良かった。
開幕戦勝利、素晴らしい!

一方で、清水は勝ちが見えていた試合を落としたわけで、厳しい開幕となってしまいました。

東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 森重真人
DF 渡辺 剛
DF 中村帆高
MF 三田啓貴 → 後半10分 FW アダイウトン
MF 高萩洋次郎 → 後半16分 MF アルトゥール シルバ
MF 橋本拳人
FW ディエゴ オリヴェイラ
FW レアンドロ
FW 田川亨介 → 後半36分 FW 紺野和也


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 16:22| Comment(0) | FC東京・2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

Jリーグ 順位予想

Jリーグ、2020年シーズンが始まります。
順位予想をやってみました。
意味がないとは思いますが(あてにならないこと甚だしいw)、Jリーグを楽しむ一環ということで。

  1 FC
  2 横浜FM
  3 川崎
  4 鹿島
  5 広島
  6 神戸
  7 C大阪
  8 札幌
  9 G大阪  
  10 柏

10位までの予想です。11位以下は書きません、特に降格順位を含めるのは悲しくなるので止めておきます。


今年も混戦模様、終盤まで優勝は決まらないでしょう。

優勝は東京と横浜FM、川崎、鹿島で争いうのでは。

東京は強力なFWが健在、守備も安定していますので強いですよ。今年こそは優勝を! 期待したいところです。
さらにファンとしては、昨シーズンまで積み上げたものに面白いサッカーを上乗せしたワクワクするチームになって欲しい。

横浜FMは強いです。現在、最も実力があるチームでしょう。良い補強もしています。
サッカースタイルも面白いし、注目のチームですね。

川崎、鹿島の2チームは若手の起用が成功すると手強い、上位に来ると思います。
それに、この2チームはACLがありませんので日程的にも有利。

神戸は、大物選手が揃っていますので侮れません。

大阪の2チームは、今年も苦戦かな?


優勝争いは、若手選手の起用がキーになる気がします。競り合うなかで大きなファクターになる。

それにACLの影響。毎年、日程の厳しさで苦労しているのを見ていますので、東京ファンとしては心配。


今日、J1開幕です。
今年もサッカーを楽しみましょう。



にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 09:28| Comment(0) | FC東京・2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

FC東京 1−0 パースグローリー ACLグループステージ2節

後半37分、レアンドロから左サイドに走り込んだ安部へパス、安部はレアンドロへボールを返す。受けて中央寄りにボールを運びエリア手前からコントロールシュート、ゴール右に決めて得点。
東京が1-0で勝ちました。

押しながらも点が動かず、引き分けで終わるのかなと思ったのですが、終盤にレアンドロが見事なシュートを決めてくれた。

これで1勝1分けです。
良い滑り出しではないでしょうか。

東京のスターティングメンバーは前試合と同じ。
今年は、このメンバーが主体となるのか、ACLでの構成なのか?
その中で若手が元気にプレーしているところを見るのは楽しいですね。
今後も期待です。


パースの選手とサポーターの方々にはお礼を言いたいです。
日本は、感染ルートが不明な新型コロナウィルスの罹患者が出ている国です。(毎日、Chinaから何千人もの人が来ているのだから当然と言えば当然ですね)
日本に来るリスクがあるでしょう。健康なまま帰国することを願っています。


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 森重真人
DF 渡辺 剛
DF 小川諒也
MF 高萩洋次郎
MF アダイウトン → 後半14分 MF 紺野和也
MF 橋本拳人
MF レアンドロ
MF 安部柊斗 → 後半47分 FW 田川亨介
FW ディエゴ オリヴェイラ → 後半44分 DF ジョアン オマリ


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 22:05| Comment(0) | FC東京・2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

蔚山 1−1 FC東京 ACLグループステージ1節

後半19分、レアンドロのスルーパスをエリア内で受けたオリヴェイラが切り込みシュート、GKの股を抜いてゴールに。先制します。
後半37分、相手FKからオウンゴール、失点。1-1に。
引き分けでゲーム終了。

ACLのグループステージ初戦、アウェーで勝ち点1を取りました。

東京は4-3-3、トップにアダイウトン、両サイドにオリベイラとレアンドロ。中盤は高萩、安部、底に橋本。
去年とは違うシステムで、機能しているかどうかというよりも、まだまだ手探り状態だというのが見た感想です。

基本的には守ってから速い攻撃というスタイルは変わっていませんでしたが、メンバーが変わったことが大きいのでしょう、上手く行ってませんでした。

前半は様子見。
後半試合が動きます。オリベイラの個人技で点を取ったことは素晴らしいのですが、チームとしての組み立ては厳しいものがありました。

セットプレーから競り合ったアダイウトンがオウンゴールを献上してしまいましたが、これは不運なことで仕方ない。GKとの連携が取れるように、これから慣れてくれるでしょう。

シーズンが始まりました。
楽しみましょう!

東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 森重真人
DF 渡辺 剛
DF 小川諒也
MF 萩洋次郎
MF アダイウトン → 後半42分 MF 三田啓貴
MF 橋本拳人
MF レアンドロ
MF 安部柊斗
FW ディエゴ オリヴェイラ


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 18:50| Comment(0) | FC東京・2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

ミャンマー旅行(14)小ネタなど その3

旅したのはミャンマーの乾季に当たる季節。雨は降りませんでした。
そして、気候的にも比較的気温の低い時期。インレー湖では涼しくて朝夕にはジャケットを羽織ってました。
しかし、都市部のヤンゴンとマンダレーは、この時期でも平均最高気温が35度超え。暑かったです。Tシャツ、短パン、サンダルでも歩いていると汗が流れます。

水、帽子、紫外線をカットするメガネ、日焼け止めは必須でした。(日焼け止めを塗っても真っ黒になったけどw)

200211 guide books.JPG

旅に出る前に、画像の本を購入しました。
『指さし会話帳』『地球の歩き方』『インパール』。
本屋さんでたまたま目に入った文庫本『インパール』を買って読みました。この本は大東亜戦争の時、日本軍が行ったインパール作戦を題材にしたものです。
司令官牟田口中将が推し進めたの無謀な作戦で、大変多くの日本兵が亡くなった。イギリス軍から打撃を受け、そして兵站を無視した作戦により日本兵が飢えとマラリアによって倒れていった、悲劇です。

この猛暑の中、日本兵が水、食料もなくミャンマーからインドのインパールへ進軍させられ、悲惨な撤退をしたのか・・・。

後に白骨街道と呼ばれた場所へは行けませんでしたが、慰霊碑を見つけて頭を下げました。画像はバガンにあるもの。

200211 memorial monument 1.JPG

200211 memorial monument 2.JPG

維持管理を近くの僧院の方がされていて、私が手を合わせていたら線香を渡してくれた。
些少ではありますが寄進をさせていただきました。
ありがとうございます。


1週間ほどの旅でしたが、面白い観光が出来ました。

バガンではゆったり出来たし、仏塔と民家が接近して並んでいるところも和む。
200211 bagan sunset.JPG


大きなトラブルはほとんどありませんでした。
エピソードとしてひとつだけ、
ニャウンシュエで夕食を食べていた時に停電。真っ暗になります。
テーブルの上が全く見えないくらい。食べ始めだったので、オロオロしたw。
お店の人がロウソクと懐中電灯で明かりを確保してくれました。
ロウソクの灯で食事をしたのは久しぶりでしたが、悪くない。

しかし、停電のためか近くの商店がバタバタと店仕舞いを始めたので、慌てて水を確保しましたw。

ホテルに戻ると、停電の影響でお湯が出ない。
水シャワーには涼しすぎます。
幸い、小1時間で電源復帰、シャワーも使えました。良かった。
でも、
こういうトラブルは良くあることなので、いちいち気にしてはいけませんね。


最後に、
言葉も話せず、気も利かない迷惑な旅行者の私。そんな私に親切な対応してくれたミャンマーの方々に感謝しています。
大感謝です。

(1)〜(14)にわたりミャンマー旅行のことを書かせていただきました。
読んでくださり、ありがとうございます。







にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


旅行・観光ランキング

人気ブログランキング
ラベル:ミャンマー 旅行
posted by MOTO at 15:07| Comment(0) | ミャンマー旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする