150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2020年05月29日

J1 7月4日無観客で再開

2020明治安田生命J1リーグ・J2リーグの再開およびJ3リーグの開幕日について

Jリーグは、新型コロナウイルスの影響により試合開催を延期している2020明治安田生命Jリーグについて、7月4日(土)からJ1リーグを再開、6月27日(土)からJ2リーグを再開、J3リーグを開幕することを決定しました。無観客での開催からスタートし、感染拡大状況などに鑑みて、安全にお客さまをお迎えする準備を進めてまいります。
今後開催される試合の対戦カードは全て組みなおし、感染予防の観点から近隣クラブとの対戦を優先的に実施します。再開・開幕後の試合日程、対戦カードなどにつきましては、6月15日(月)の発表を予定しております。
また、6月17日(水)に予定されていた2020JリーグYBCルヴァンカップのプレーオフステージ第2戦は開催を延期します。
(以下略)
2020.5.29 Jリーグ)

2月から中断していたサッカーJリーグは、
 J1    7月4日
 J2、J3  6月27日
に再開することを決めたそうです。
当面は無観客での試合。政府のガイドラインでは7月10日から制限付きで観客来場を認める指針が出ているので、段階的に観客を迎える準備を整えていきたいとのことです。

長かったですね。
クラブとしては、早い時期での無観客ではない再開を期待していたと思います。状況としては無観客はやむを得ないでしょう。
試合をしたい選手、まだ不安がある選手、コンデション調整には難しい状況だった地域の選手など様々いるとは思います。それは、リーグとクラブがケアしていくことと思います。

日程は厳しくなるでしょうね。
既に「降格なし」は決定。
特例として、選手交代枠を増やす(5に?)、移動距離の短縮のためのブロック分けなど検討しているそうです。

ナビスコ、ACLの日程は決まっていません。
VARの導入も検討するとのことですが、全面導入は厳しいかな?

とにかく、
ファンとして再開は凄く嬉しい。やっとJリーグが観られる。


JリーグTVの動画があがっていたので貼っておきます。原博実副理事長が説明しています。

緊急生配信!Jリーグをもっと好きになる情報番組「JリーグTV」2020年5月29日(ライブ配信)

「日程くん」は試合日程を組むプログラムを入れたコンピューターのことですw。



にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 22:20| Comment(0) | FC東京・2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

自宅待機中・・・緊急事態宣言解除

武漢発のコロナウィルス対策として行われた「緊急事態宣言」が、今日(5月25日)に解除されるそうです。

ちょっと遅かったかなというのが感想。
倒産する会社、閉鎖される工場、破産した方々の様子を見るにつけ、もっと早くすべきだったと考えています。世論動向などから政治的には仕方なかったとは思います。

一方で、心配なところもあります。
ここのところマスクをしていない方々をよく見かけます。
特に私の散歩コースで見かけるジョギングをされている人たち、もれなくマスクをしていません。パチンコとかジョギングだとかは中毒性があるそうなので止められない人もいるのかもしれませんが、対策は取って欲しいですね。3蜜ではないと考えているのかもしれませんが、ジョギングは10mは離れ行ってくださいとのことです。呼吸が激しくなりますから。
ハァハァと息を切らして走っている方を見たときには逃げることにしているのですが、狭い歩道だとかだと逃げ場所がありません。勘弁してください。

また、病院関係の方から聞いた話では、病床の数は変わらずに余裕はないとのこと。

解除されて、緩むのが怖いですね。
一国民としては、今しばらく気を付けて暮らすことにします。


こんな記事を見ました。
国内旅行の半額補助やプレミアム付き食事券、7月下旬開始へ…予算1・7兆円確保

政府は25日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている観光業や飲食業向けの需要喚起策について、7月下旬から実施する方針を固めた。国内旅行の代金の補助や飲食店で使えるクーポン券などに計約1・7兆円の予算を確保しており、業績の回復につなげる。
喚起策は「GO TO キャンペーン」との名称で、国内旅行の代金を半額補助(1泊あたり最大2万円)するほか、土産物店などで使えるクーポン券を発行する。飲食店向けのプレミアム付き食事券の発行や、イベントチケットの割引なども実施する予定だ。
政府は25日に緊急事態宣言を全面的に解除し、基本的対処方針で、外出自粛を7月末頃までに段階的に緩和する計画を盛り込む見通しだ。今後、事業者や利用者に周知し、夏休みの旅行シーズンに合わせて実施できるよう準備を進める。
2020.5.25 読売新聞

この時期に特定の業種に税金をつぎ込むのかしらと不可解に。この時期に1泊4万円程度の旅行ができる人は相当余裕のある人ですよね。
どうも背景として、旅行業界と自民党の幹事長様(二階さんね)に非常に太い繋がりがあるからだそうです、本当かしら。


さて、私としてはサッカー観戦、音楽鑑賞、旅行など、いつから再開できるのか? 待ち遠しいです。

とにかく、
自分たちがすべきことやるのみ。
武漢ウィルスに負けないぞ!


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


旅行・観光ランキング

人気ブログランキング
ラベル:武漢ウィルス
posted by MOTO at 16:12| Comment(0) | 独り言・2019〜20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

FC東京、年間チケットの払い戻しへ

「2020シーズン年間チケットの全額払い戻しを決定しました」とFC東京から発表がありました。
 → 「2020シーズン年間チケット」の取り扱いについて 2020.5.13

Jリーグの再開は早くても7月という状況の中で、年チケについては払い戻しをせざるを得ないのでしょう。経営的には苦しいところでしょうけれど。
あわせて、払い戻し辞退の申請についても記されてました。ファンとしては、辞退も良い判断だと思います。素晴らしい。
ただ、私はというと払い戻していただき、再開後のホームゲームのチケット代に充てたいと思っています。

再開後の観戦の仕方など気になるところもあります。
今期は制限された中で、サッカーを楽しむことになりそうです。仕方ない。


今は再開を願い、サッカーを楽しみにしましょう。


武漢ウィルスに負けないぞ!



にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 10:28| Comment(0) | FC東京・2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

自宅待機中・・・遊んだつもりで:国内旅行

ウィルス感染の収束もなかなか見えてきませんね。

連休でも外出自粛、自宅待機中(順調に引きこもり中)です。

暇なのでw、昔の旅先の画像を見ていました。旅行に行ったつもりになれるかしらと思ったのですが、無理っぽいかな。

画像を貼っておきます。

鎌倉文学館(2006年)
200429 kamakura bungakukan.JPG

奈良 東大寺 お水取り(2007年)
200429 todaiji shunie.JPG

明日香 亀石(2007年)
200429 asuka kameishi.JPG

沖縄 守礼門(2002年)
200429 shureimon.jpg

沖縄 勝連城(かつれんぐすく)(2002年)
200429 kaysurengusuku.jpg

石垣島 川平湾(2003年)
200429 kabirawan.jpg


旅先での食事も。

熱田 ひつまぶし
200429 hitsumabusi.JPG

伊勢 鮎の塩焼き定食
200429 ayushioyaki.JPG

奈良 精進料理
200429 nara shojinryori.JPG

沖縄 ラフテー
200429 okinawa rahute.jpg


旅に行ったつもりになろうと思ったのですが、よけいに旅行に出たくなってしまったww。

などと愚痴を言っても仕方ない。
自分たちがすべきことやるのみ。
武漢ウィルスに負けないぞ!


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


旅行・観光ランキング

人気ブログランキング
ラベル:旅行
posted by MOTO at 13:49| Comment(0) | 独り言・2019〜20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

自宅待機中・・・引きこもりも疲れる

お上の指示通りに引き続き外出は自粛、自宅待機中(順調に引きこもり中)です。

買い物には行っていますが、週に2回程度、運動不足確定です。
でも、なぜか疲れるw。

前回に続いて、動画を貼っておきます。(ちょっと長いです)
特に意味はありません。

シカゴ交響楽団がオフィシャルで上げてくれていました。

シカゴ交響楽団 指揮:リッカルド・ムーティ
ベートーヴェン 第九交響曲 『合唱』

Beethoven 9 - Chicago Symphony Orchestra - Riccardo Muti


以下、勝手なことを書きます。叱られそうですが、ご勘弁を。

驚いたことがあります。世の中には傍若無人な人が少なからずいるのだなと。
効果があると言われているソーシャルディスタンス、2メートルぐらいは離れて並びましょうとかいうやつ。
高齢者の方は、守りませんね。
この前、スーパーでのこと。支払機の操作が上手くいかなかったのか、怒鳴りだす人がいました。レジには多くの人が並んでいるのですが、そのレジにいる店員さんに「俺が呼んでいるのに何故来ない!」とわめいていました。ストレスがあるのは分かりますが、怒鳴る必要はありませんよね。困ったものです。
店員さんが大変ですよ。
世の中が騒然としていますが、こういう時こそ冷静にしていたいものです。

さて、
武漢ウィルス対策でイタリア、スペインなどは日本よりも厳しい制限をしていましたが、そろそろ緩和に向かうそうです。
経済的なダメージが大きかったのでしょう。これからのことを考えれば、緩和措置も必要なのでしょう。

日本では、緊急事態宣言の延長する方向で検討しているとのことです。
仕方ないですね。

今後、
収束して元に戻るか、
撲滅を諦めて、武漢ウィルスをインフルエンザなどと同様に流行病のひとつとして対応していくのか、
どちらかになるのでしょう。
多分、後者かな? K1とかパチンコ屋さんとかの様子を見ていると収束は難しそうです。それに日本においては、武漢ウィルスはインフルエンザよりも致死率が低いし(※)、エボラなどとは違うのは確かなようです。諦めるのもやむ無しかも。
経済的なダメージも大きいですしね。
ただ、怖い病気なのは確かなので、バッドコースなのは疑うべくもない。

世界のダメージを思うとChinaの責任は大きい。
今回のことだけではなく、「毒ギョーザ」の時、「漁船衝突」の時などなど、かの国は嘘をつかなかったことがないですからね。
厄介な国です。

日本の政府も収束したら景気もV字回復することを前提に施策を考えているようです。
でも、政府の対応を見るに明るい未来が見えて来ない。回復するには長い期間が必要に思えます。
(そもそも、旅行する人に補助(補正予算に1.4兆円計上されている)ってなによ? その前にやることがあるでしょうに)

一市民としては、自分たちがすべきことやるのみ。
武漢ウィルスに負けないぞ!


※追記:
インフルエンザの致死率は0.1%と言われています。
武漢ウィルスは1.9%(28日報道から「厚生労働省によると26日午後6時までに国内で感染が確認されたのは1万3232人、このうち死亡した人は253人、全体の1.9%」)。
ただし、日本では検査を驚くほど絞っているので、数十倍の感染者がいると言われています。実質はインフルエンザを下回ると考えられます。
これから抗体検査(一般の人からサンプル調査をする)をやるそうなので、正確な数字が出るのではないでしょうか。



にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




ラベル:音楽
posted by MOTO at 16:01| Comment(0) | 独り言・2019〜20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

自宅待機中・・・コンサートも公演中止ですね

ただいま外出は自粛、自宅待機中(順調に引きこもり中)です。

ブログには上げていませんでしたが、武漢ウィルスの感染が深刻になる前は、月に1〜2回ぐらいコンサートに行っておりました。
数少ない趣味のサッカー観戦、旅行、そしてコンサートにも行けなくなって、淋しい思いをしています。
でも、挫けずに頑張りますよ。

テレワークというのでしょうか、励ますための音楽をyoutubeに上げてくれていたので貼っておきます。
特に意味はありません。

ニューヨーク・フィルハーモニック
『ボレロ』 モーリス・ラヴェル


A Boléro from New York: NY Philharmonic Musicians Send Musical Tribute to Healthcare Workers

新日本フィルハーモニー交響楽団
『パプリカ』 米津玄師


《新日本フィル》テレワークでパプリカやってみた!〜最終回〜

長い戦いになりそうですが、
収束させるためにも、
自分たちがすべきことをやりましょう。

武漢ウィルスに負けないぞ!



にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




ラベル:音楽
posted by MOTO at 22:53| Comment(0) | コンサート・オペラ 2018〜20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする