150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2018年07月03日

ロシア・ワールドカップ 決勝トーナメント3日目

<決勝トーナメント1回戦>
   ブラジル 2 - 0 メキシコ
   ベルギー 3 - 2 日本


180703 Wcup brazil mexico.jpg

ブラジルvsメキシコ。
前半に攻勢に出たのはメキシコでした。
パスを回しながらブラジルのゴールに向かいます。ブラジルは落ち着いた対応でピンチの芽を摘んで生きます。
時間が経過していくにつれ、ブラジルが試合を支配していきます。
前半は0−0で終了。

後半、ブラジルが縦パスからパスを回し、エリア左を縦に切り込んでグラウンダーのクロス、走りこんだネイマールがあわせて先制。
ブラジルがカウンターから追加点を奪い、2−0に。
2−0でブラジルが勝ちました。

序盤、メキシコが積極的に入ったのは、ブラジルのペースを掴まれのを嫌がったのだと思います。
ブラジルは慎重な入りでした。
後半になって、ブラジルが自分たちのペースで試合を進めて2得点したのは流石でした。


180703 Wcup belgium japan 1.jpg

ベルギーvs日本。
前半は0−0で終了。日本は良く守りました。

後半に試合が激しく動きます。
後半開始早々に柴崎からの縦パスを原口が受けシュート、決めて先制。
その4分後に乾がミドルシュートを決めて追加点、0−2に。
後半24分、日本のエリア内でのクリアミスをベルギーの選手が頭でファーに。ルーズに上がったボールがゴールにそのまま入る。1−2に。
その5分後、ベルギーがクロスを頭で合わせて追加点、2−2の同点に。
試合終了間際、日本のCKからボールを取られてベルギーのカウンター、日本の守備が送れてベルギーが逆転ゴールを決めました。
3−2で試合終了。
ベルギーが勝ち、日本が負けました。

日本が2点リードしてからの試合運びが上手くなかったように見えました。3点目を取りに行ってたたみかけるのか、試合を落ち着かせるのか、良く分からなかった。
次第にベルギーの攻撃が機能し始めていき、相手へのマークがずれ始めて良いクロスを入れられ始めた。

1失点目の場面、クリアミスは仕方ない。しかし、その後のフェルトンヘンが頭で上げた山なりのボールをGKのミスでゴールを割らせてしまったのが痛恨。これが敗因でしたね。川島は防がなければならなかったし、防ぐことが出来たボールでした。
1−2になってベルギーのスイッチが入ってしまった。

結局、守備に問題があったように思えます。
ベルギーの攻撃陣が強力だった。しかし、逆転された場面。カウンターを受けたときに明らかに守備の枚数が足りていなかった。足が止まっていましたね。

サッカーでの2−0というスコアは難しいと言われます。負けているチームは点を取りに来ますので、リードしているチームの試合運びが大切になる。2−1になると、追いつこうとするチームに勢いがつくからです。
残念ながら、そのような展開になってしまった。

180703 Wcup belgium japan 2.jpg

ベスト16で日本は敗退となりました。
でも、グループリーグを突破しただけでも大成果。
お疲れさまでした。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









posted by MOTO at 05:38| Comment(0) | サッカー全般・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする