150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2018年07月08日

ロシア・ワールドカップ 準々決勝2日目

<準々決勝>
   スウェーデン 0 - 2 イングランド
   ロシア 2 - 2 (PK戦:3 - 4) クロアチア


180708 Wcup sweden england.jpg

スウェーデンvsイングランド。
序盤からスェーデンは慎重な試合運び。
イングランドも攻め込むも守備に気を使っていて切り替えが速い。
多くの時間、攻めていたイングランドは決め手がつかめない。守る時間が多いスウェーデンもカウンターが決められない。
膠着していましたが、セットプレーから試合が動きました。
イングランドがCKを頭で合わせてゴール、先制します。
前半は、0−1で終了。

後半、イングランドがクロスを頭で合わせて追加点を奪い、0−2に。

前後半を通して、イングランドのスウェーデンのカウンターを許さない切り替えの速い守備が効いていました。縦パスのコースを切る、ボールホルダーに厳しくチェックすることに集中してあたっていました。
スウェーデンは高さ勝負には自信があったのでしょうが、イングランドに自由にクロスを入れさせていたのは疑問です。イングランドが調子付くのを助けてしまっていたように見えました。

イングランドの作戦勝ちですね。


180708 Wcup russia croatia.jpg

ロシアvsクロアチア。
クロアチアが圧倒的にポゼッションを取り、ロシアが守備に追われる展開でした。
しかし、先手を打ったのはロシア。
ロシアがルーズボールを拾い、ボールを回してエリア前に持ち込みミドルシュート、ゴール左隅に決まって先制。
その8分後、クロアチアが左サイドに切り込みクロス、頭で合わせて同点にします。
前半は1−1で終了。

後半もクロアチアが試合を支配して進みます。サイドチェンジを含めながらパスをつないで切り込んでいきますがゴールにならず。
ロシアも良く走って打開を図りますがゴールは遠かった。
点は動かずに延長戦に。
延長戦前半、クロアチアが得点、後半にロシアが得点して同点。
試合はPK戦に。
PK戦はクロアチアが制して、クロアチアが勝ちました。

クロアチアがサイドチェンジを有効に使いながらパスサッカーを展開、幾度となくチャンスを作りました。中盤の撤回力が素晴らしい。内容的にはクロアチアが圧倒していたと思います。
対してロシアは良く走っていた。開催国として気合の入ったプレーをしてました。

準決勝に進むクロアチアは面白いサッカーを見せてくれます。楽しみですね。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









posted by MOTO at 06:15| Comment(2) | サッカー全般・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする