150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2020年02月04日

ミャンマー旅行(7) マンダレー

バガンからマンダレーに移動。
飛行機を使いました。30分ほどのフライトで、なんと自由席でした。

200204 mandalay 01.jpg

マンダレーはヤンゴンに次ぐミャンマーで2番目に大きな都市です。
空港から市内へはタクシーで1時間かかります。渋滞があって、ちょっとイライラした。

旧王宮
200204 palace 1.JPG

200204 palace 2.JPG

最後の王朝となったコンバウン朝の王宮。
1885年にイギリス軍に占領され王は追放、イギリス軍の施設となりました。下って先の大戦の時に日本軍を攻撃したイギリス軍によって当時の建物は破壊されました。軍政時代を経て1990年代に再建。民政に入って、一般市民に開放されました。
3q四方を高さ8メートルの城壁で囲まれていています。

200204 palace 3.JPG

建物の中には、展示物があります。王朝時代にあった宝物は、占領していたイギリス軍によってロンドンに運ばれてしまっています。


マハムニ・パヤー
200204 mahamuni paya 1.JPG

200204 mahamuni paya 2.JPG

マンダレー最大の寺院。
仏像や青銅像があります。

200204 mahamuni paya 3.JPG

柱や壁の腰の部分を修復していました。
翡翠の装飾をしているようでした。

200204 mahamuni paya 4.JPG

本堂の仏像近くへは男性だけが入れます。他の施設でも女人禁制のところが複数ありました。
画像に写っている人たちは仏像に金箔を貼っています。自分の体の悪いところに貼ってなでているのだそうです。


シュエナンドー僧院
200205 shwenandow kyaung 1.JPG

木造の僧院。以前は王宮にありましたが現在の場所に移設されました。
フォルムが美しいですね。

200205 shwenandow kyaung 2.JPG

200205 shwenandow kyaung 3.JPG

200205 shwenandow kyaung 4.JPG

装飾も美しい。

チーク材を多く使用した建物は、木造建築物としても貴重なものになっています。


クドードォ・パヤー
200205 kuthodaw paya 1.JPG

200205 kuthodaw paya 2.JPG

境内には729もの仏塔が建ち並び、中に収められた石板には経典が刻まれています。

200205 kuthodaw paya 3.JPG
模型も展示されていました。


サンダムニ・パヤー
200205 sanda muni paya 1.JPG

クドードォ・パヤーと同じように仏塔が建ち並んでいます。こちらは1774もあります。
仏塔の特徴として、クドードォ・パヤーは上部が曲線・ボールトが見られますが、こちらのサンダムニ・パヤーのものは直線・円錐状になっています。同年代(1860年代)に建てられているので、様式というよりもデザイン的な違いなのでしょうか。

200205 sanda muni paya 2.JPG

200205 sanda muni paya 3.JPG

中央部には本堂があります。
仏像もあります。

200205 sanda muni paya 4.JPG

白い仏塔がきれいです。








にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


旅行・観光ランキング

人気ブログランキング
ラベル:旅行 ミャンマー
posted by MOTO at 17:05| Comment(0) | ミャンマー旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする