150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2017年01月21日

トランプ大統領の就任演説

8年前、オバマ前大統領は『創りなおさなければならない』と言って注目を集めました。オバマさんは、演説が上手いので、その印象は強く残った。
果たして創りなおせたかはともかく、演説は見事でした。

170121 tramp.jpg

トランプ大統領の就任演説は、気の利いた言葉は見当たりませんでした。しかし、大きな変化を予感させるものでした。

不明な私の感想なので、当てにはなりませんが、ちょっとだけ書いておきます。

ワシントンから民衆に権限を移す
ここのところ、なにかと報道で “行き過ぎたポリティカル・コレクトネス” いう文言を目にしたかと思います。非常に多種多様な社会を構成しているアメリカで、一定の差別や偏見を防ぐ方策は必要です。しかし、白人のアメリカ人にとっては、非常に窮屈な思いしていたのも事実のようです。
また、グローバル化の結果、この白人のアメリカ人たちの利益が損なわれているのではないかという思いがあり、反して、エリート層が恩恵を受けていることにも思うところがあったのでしょう。
トランプは、この白人たちの要求に応えた形で選挙で勝利しました。
演説でこう言いました。「ワシントンから民衆に権限を移す」、今までは「一部のワシントンのエリートが恩恵を受けてきた」「アメリカ合衆国は国民のものだ」、今日からは「国民がこの国を支配する」。

“America First” (アメリカ第一主義)
「国内の産業を犠牲にして外国の産業を助け」「外国の軍隊を援助してきたが、アメリカの軍は疲弊している」「外国の国境の防衛し、アメリカの国境を守ることは拒んできた」
「これからは新しいビジョンが国を率いていく」
“America First” という分かりやすい言葉を使って、保護貿易ということは言っていませんが、TPPをはじめとする貿易協定の見直しをしていくようです。

“Buy American 、 Hire American” (アメリカ製品を買い、アメリカ人を雇う)
保護すること、インフラストラクチャの整備などで、雇用と豊かさを作るのだと言います。
また、「価値観を他国に押し付けるようなことはしない」「アメリカは模範となる」と言います。つまり、自国に利益を優先するから理解しろ、そのかわりに価値観の押し付けはしないからと。アメリカは模範となる国になるから、まねをしたいならどうぞということらしい。

大きな発想、大きな夢を持とう
行動の時代が来たと最後に宣言しました。繁栄しなければならない。宇宙、医療、テクノロジーのイノベーションで繁栄をもたらし、誇りを持つと言います。
たしかに、トランプ大統領はこの分野に政策的なてこ入れをするようです。

安全保障関係では、イスラム原理主義勢力の根絶を言ったものの、ほとんど触れませんでした。
トランプ大統領にとって、優先事項は経済であり、雇用なのでしょう。

全体を通して、まさに “America First” 。
アメリカ第一主義で貫かれています。内向きになるのは世界のトレンドなのでしょう。


聞き終えて最初に頭を過ぎったのは、日本は安全保障の面でも確たる自立を強いられそうだということです。
これからは、アメリカなしの安全保障を考えなければならない。China、ロシアに隣接している日本にとっては厳しい時代になっていきそうです。
そして、経済的にも押し込まれてきそうです。

トランプさんは分かりやすい人ですが、やりづらい人のようです。
日本の外交担当者が有能であれば良いのですが、どうなのでしょうか?






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック