150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2017年02月22日

ディープ ステート

どうでも良い愚痴を書きますww。

ニュースを見ていて、よく目にするけど分からない言葉がありました。
 「 ディープ ステート (deep state) 」
意味は、State within a state 、国家内国家、つまり国家の内部に国家があるということらしいです。
日本人として分かりやすい例としては、大東亜戦争に入る前、関東軍が日本政府や軍上層部の命令を聞かずに独断で戦線を拡大していったようなこと。また、それを正当化するために世論を誘導していったような状況を言っているようです。
政権トップの統制が取れていない状態ですね。

アメリカの報道では、「大手主要メディアのトランプ大統領に関するニュースが怪しいぞ」と主要メディア以外が発信するときに使う文言です。

まあ、大統領とメディアは戦闘状態にあるので、メディアはバイアスを思いきりかけまくっているのでしょう。場合によっては意図的に誤報をする。なにかと既得権を守るのは、かの国のメディアでも同じようです。
ただ、そこに情報機関などが係わっているらしいので良い状況にはないようです。そういうところから、主要メディア以外は「それって、違うでしょう」と、ディープステートという言葉を使ってまで、懸念しているのでしょうね。

日本のメディアは、このアメリカの主要メディアの情報を垂れ流しているようにも見えますので、一市民としては報道を鵜呑みしてはいけない。
報道は斜めに構えて見聞きするのが正解だと思っているわけです。性格としては如何なものかと思うふしもありますがw。

嫌な世の中ですね、斜に構えているのは疲れますから。





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック