150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2017年02月25日

鹿島 0−1 FC東京 J1・1節 開幕戦、カシマで勝利!

Jリーグが開幕。
東京の初戦は、vs鹿島。
勝ちました。それも、ここのところ勝てていないカシマスタジアムで勝ちました。
期待と不安がないまぜだった東京。内容はともかく(オウンゴールでも1点は1点ですし)、ここでの勝ちは大きい。

試合は、前半、互いに高い位置からのプレスをかけあって、守備的な試合になりました。
シュートも少なく、試合はなかなか動きません。
後半も守りに重きを置いた展開で、カウンター狙い。
後半37分、中島が左サイドでパスを受け、中央に切り込んでエリア手前からミドルシュート、バウンドしたシュートボールを相手GKが弾く。つめていた永井の前に入った鹿島の選手がクリアミス、オウンゴールに。
この得点が決勝点になりました。

内容的には、展開力が勝っていた鹿島のペースをだったと思います。
決定的な場面を両チームとも作りましたが、チャンスは大久保のシュートミスで、ピンチは林のナイスセーブで点にならず。このまま、0−0で終わるのかと思っていたところでのオウンゴールでの得点でした。
得点は中島のシュートと、それにつめていた永井の貢献だと思えますが、鹿島にとっては気の毒な場面だったかな?

カシマスタで勝てたという、東京にとっては大収穫だったと思います。苦手意識は払拭しましょうねw。


さて、冷静になって振り返ると、ちょっと心配です。
攻撃に厚みがない。パスが単調で読まれていました。それに合わせてミスも多かった。去年と同じですね。
ボールを奪っても、後に引き過ぎていて、カウンターにスイッチを入れても速い攻撃が出来ない。
中盤でボールが収まらないので長い縦パスが次第に多くなり、それも機能しなかった。
こうしてみると、よく勝てたなと・・・・・・。
まあ、サッカーが好きなだけで不明な私の戯言なんだと思いますが、厚みのある攻撃への修正だけはして欲しいです。

次はホーム開幕戦、vs大宮。連勝を!


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 森重真人
DF 丸山祐市
DF 太田宏介
MF 橋本拳人
MF 萩洋次郎
MF 河野広貴 → 後半18分 MF 中島翔哉
MF 東 慶悟
MF 永井謙佑 → 後半33分 FW 前田遼一
FW 大久保嘉人





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック