150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2017年05月31日

清水 2−1 FC東京 ル杯グループステージ7節 (付記:ACLのこと)

残念ながら見ていません。

試合は、
前半38分、小川のFKが直接ゴールに入り、東京が先制。
前半46分、エリアでパスをつながれて、右角からシュート、決められて失点。1−1の同点に。
後半32分、相手FK、クロスを入れられ頭で合わされる。1−2、逆転される。
1−2で試合は終了、東京が負けました。

経緯だけ見ると、前半終了間際に同点にされたのが良くなかったのではないかと。
シュート数だけ見ると、東京が6、清水が13。2倍以上打たれてますね。アウェーで、かつ、同点でよい試合ということで、消極的になったのかな??
ともかく、そういう試合で2失点というのはいただけないですね。


結果、東京はグループ2位となりプレーオフ(ホーム、アウェーの2試合)に進むことになります。相手はBグループ3位の広島。
第1戦 6月28日(水)19:00キックオフ  アウェー(エディオンスタジアム広島)
第2戦 7月26日(水)19:30キックオフ  ホーム(味の素スタジアム)
1戦と2戦は、1ヶ月ぐらい間が空くんですねw。

カップを奪い取って欲しいです。


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 徳永悠平
DF 吉本一謙
DF 丸山祐市
DF 小川諒也
MF 梶山陽平
MF 米本拓司 → 後半35分 FW ピーター ウタカ
MF 橋本拳人
MF 阿部拓馬 → 後半0分 MF 東 慶悟
MF 中島翔哉
FW 前田遼一 → 後半13分 MF 永井謙佑


(付記)
ところで、
浦和のほうで乱闘騒ぎがありましたね。乱闘と言っても、韓国のチーム(済州)の選手などが一方的に暴行行為をしてましたが。
こういうのは、日本ではあまり見ることなので、驚いてしまいました。こういうのはいけません。サッカーにまつわる嫌なところを見せられた気がします。(ウ●コ踏んじゃった気分というか・・・)
ハッキリ言って浦和は好きではありませんが(昔、浦和サポにからまれた経験ありw)、さすがに浦和の選手が気の毒でしたね。
今後、AFCがどのようなペナルティを科すのか、不問にするのか。厳しい判断をしないと、ファンが離れていきます。
『ACLは罰ゲームだ』との見かたもあるわけですしね。

ちなみに、川崎と浦和は準々決勝への進出を決めました。(鹿島は残念でした)






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック