150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2018年06月19日

ロシア・ワールドカップ グループステージ5日目

<グループF>
   スウェーデン 1 - 0 韓

<グループG>
   ベルギー 3 - 0 パナマ
   チュニジア 1 - 2 イングランド


160619 Wcup sweden southkoria.jpg

スウェーデンvs韓国。
互いに堅い試合をしていました。
守備的でロングボールを蹴り合う展開。点が入らないまま0−0で前半は終わります。
前半は失点しなければ良いということだったのでしょう。

後半が始まるとスウェーデンが人数をかけて点を取りに行きます。韓国は焦ったのかエリア内でファウル、PK。
スウェーデンは先制すると、その後は堅く守って1−0で終了。
スウェーデンのプランとおりの試合だったと思います。


180619 Wcup belgium panama.jpg

ベルギーvsパナマ。
ベルギーが主導権を握りますが攻めきれません。ベルギーの中心選手のアザール、ルカクが機能してなかったですね。
パナマは良く守って0−0で前半終了。

後半、ベルギーが攻勢に出ます。早い時間に先制をすると、さらに2点取って3−0に。
ギアチェンジしたようなベルギーにパナマはファウルで止めるしか手がなく、一方的な展開になりました。
前半に眠っていたアザール、ルカクが大活躍でした。(ルカクは2得点)
タレントが揃っているベルギーは、前評判のとおりに強かった。


180619 Wcup tunisia england.jpg

チュニジアvsイングランド。
試合開始からイングランドが攻勢に出てチュニジアが苦しい展開になります。
イングランドがCKから先制。
このままイングランドペースで進むように見えマシたが、イングランドのDFがエリア内で相手選手の頭部に腕を当ててPK。不用意な反則で1−1の同点になります。

後半はイングランドが攻勢に出て、ほぼピッチの半分、チュニジアサイドでのプレイが続きました。
チュニジアが良く守って同点のまま進み、このまま終了かと思われた終盤。CKからイングランドが決勝点を挙げ、1−2でイングランドが勝ちました。

守備に徹していたチュニジアですが、攻め手がないと、相手に押し込まれ続けますよね。
イングランドは辛勝。苦しい試合になりました。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









posted by MOTO at 05:08| Comment(0) | サッカー全般・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。