150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2018年06月22日

ロシア・ワールドカップ グループステージ8日目

<グループC>
   デンマーク 1 - 1 オーストラリア
   フランス 1 - 0 ペルー
<グループD>
   アルゼンチン 0 - 3 クロアチア


180622 Wcup denmark australia.jpg

デンマークvsオーストラリア。
早い時間帯にデンマークが先制。
その後、激しい攻め合いになりました。
オーストラリアがPKを決めて1−1の同点に。

後半は打ち合いになります。
勝点3が欲しい両チーム、人数をかけて攻め合い、両チームともチャンスを作りますが得点にはなりません。最後のところで良く守っていたということでもあります。
1−1のまま試合終了。引分けです。

本当によく攻め合いました。
終盤は消耗戦の様相になりましたが、前がかりにいく姿勢は変わらず面白い試合でした。


180622 Wcup france peru.jpg

フランスvsペルー。
試合開始当初はペルーが攻勢に出てますが、次第にフランスのスピードのある攻撃に押され始め、フランスが先制点を取ります。
ペルーは反撃したいところですが、フランスの速いカウンターが厳しく上手くいきません。

後半、フランスは守ってカウンターという作戦に。
ペルーは攻め込めますがシュートまで持っていけても決められないまま試合が進みます。
試合は1−0で試合終了。フランスが勝ちました。

後半のフランスは守備的な作戦をとおていましたが、ペルーは組織的で上手い選手が多いので良い作戦とはいえなかったと思います。守備陣が苦しそうでした。
ペルーが厳しい試合になってしまった要因はFWが機能していなかったことでしょう。

これでグループCは、フランスの決勝トーナメント進出が決まりました。ペルーは敗退が決定。


180622 Wcup argentina croatia.jpg

アルゼンチンvsクロアチア。
序盤から球際が厳しい激しい攻防が続いて、ファウルの多い試合となっていました。
それでも双方決定機を作りますが決められない。
0−0で前半が終わります。

後半、アルゼンチンのGKがバックパスの処理をミス、クロアチアはそのボールをゴールに叩き込みました。
その後も、クロアチアのハードワークは続きます。
アルゼンチンはメッシを中心にゴールに迫りますが点が取れません。
クロアチアのモドリッチが見事なミドルシュートを決めて追加点、さらにカウンターから3点目を取りました。
0−3、クロアチアが勝ちました。

両チームともタレント揃い、高いレベルの技術を見せていました。
クロアチアが気迫で勝っていたと言うことでしょうか、勢いがありました。
アルゼンチンは、2点目を取られてからはラフプレーが目立つようになります。これでは勝てません。らしいといえば、らしいのですがww。

この試合も中盤が勝敗を決めたように見えました。モドリッチとラキッチは素晴らしかった。

クロアチアは決勝トーナメント進出を決めました。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









posted by MOTO at 05:22| Comment(0) | サッカー全般・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。