150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2018年06月29日

ロシア・ワールドカップ グループステージ15日目

<グループG>
   パナマ 1 - 2 チュニジア
   イングランド  0 - 1  ベルギー
 ※ ベルギーとイングランドが決勝トーナメント進出
<グループH>
   日本 0 - 1 ポーランド
   セネガル 0 - 1 コロンビア
 ※ コロンビアと日本が決勝トーナメント進出


180629 Wcup panama tunisia.jpg

パナマvsチュニジアは見ていません。
前半にパナマがオウンゴールで得点。
後半にチュニジアが2点取って逆転。
1−2でチュニジアが勝ちました。


180629 Wcup england belgium.jpg

イングランドvsベルギーは見ていません。
双方、スタメンを9人入れ替えてきました。
前半は0−0。
後半、ベルギーが先制。これが決勝点となりました。
0−1でベルギーが勝ちました。

2チームとも決勝トーナメント進出を決めています。1位通過をかけた試合でベルギーが勝って、日本との対戦となります。



180629 Wcup japan poland.jpg

日本vsポーランド。
前半、互いに非常に慎重な試合運び。守備に気を使った作戦。
日本はサイドから突破を図りますがシュートが入らない。
ポーランドはロングボールからボールを回しチャンスを作りますがゴールにならず。
良く守りあった前半でした。

後半、日本の攻撃が不発、点が取れません。
ポーランドは拙攻が目立ってゴールが遠かった。
山口蛍が不用意な、全く不必要なファウルで相手に良い位置でのFKを与えてしまいます。
FKから押し込まれて、ポーランドが先制。
その後、流れは変わらずに1−0で進みます。
終盤、セネガルvsコロンビアの試合進行を見て(日本が1失点ならばグループ2位になれる)、日本は攻めずに自陣でボールを回して時間稼ぎ。
0−1で試合終了。ポーランドが勝ちました。

日本はスタメンを6人入れ替えてきました。コンディションの問題でしょうか?
私の感想ですが、宇佐美と槙野、山口蛍の出来が悪かったですね。ポーランドが本調子だったら、日本は酷い目にあったでしょう。
最後10分以上の間、全く攻めずにDFラインでボール回しての時間稼ぎをしますた。同時進行していた試合でセネガルが負けていたからですが、ここでセネガルが点を入れていたら万事休すでした。ある意味、ギャンブルをしたわけです。私には理解できませんでした。
とにかく、酷い、つまらない試合でした。こういう試合で会場から激しいブーイングを受けてしまうのは恥ずべきことです。

180629 Wcup japan poland 2.jpg

結果としては、セネガルが0−1で負けました。日本とセネガルは、勝点、得失点差、総得点で並び、直接対戦も引分けということで、フェアプレーポイント(レッド、イエローカードの数)で順位が決まることになりました。日本が−4、セネガルが−6ということで、日本が2位。日本は決勝トーナメント進出です。
まずは、博打に勝って良かったと喜ぶべきなのでしょうね・・・。


180629 Wcup senegal colombia.jpg

セネガルvsコロンビアは見てません。
前半、0−0で終了。
後半、コロンビアが先制して、0−1に。
コロンビアが勝ちました。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









posted by MOTO at 13:24| Comment(0) | サッカー全般・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。