150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2018年07月07日

ロシア・ワールドカップ 準々決勝1日目

<準々決勝>
   ウルグアイ 0 - 2 フランス
   ブラジル 1 - 2 ベルギー


180707 Wcup uruguay france.jpg

ウルグアイvsフランス。
前半40分、フランスがセットプレーからヘッドであわせて先制。
後半、フランスが強烈なミドルシュートを決めて追加点。0−2に。
フランスは危なげない試合運びで試合を終わらせました。
0−2で終了。フランスが勝ちました。

フランスはスピードと組織力で上回っていました。
ウルグアイはテクニックを見せて打開を図りますがフランスの守備は堅く、跳ね返していました。

フランスは攻守ともに強いです。安定した守備とスピードのある攻撃、ウルグアイに対して隙がありませんでした。

ウルグアイは相変わらず荒っぽかった。試合が荒れそうになった場面もありました。こういうところは、闘志というものとは違っていて、ただアンフェアにしか見えないですね。悪い癖なんでしょう。
悪い癖と言えば、スアレスは噛み付くところがありませんでしたww(→これですw)。この癖が治ったのでしょうか?

フランスがベスト4、準決勝に進みます。


180707 Wcup brazil belgium.jpg

ブラジルvsベルギー。
前半は、双方持ち味を出していました。
ブラジルは攻勢に出て、ベルギーは鋭いカウンターを仕掛ける。
ベルギーの守備が堅く、ブラジルが攻めあぐねる中、ベルギーがCKからのオウンゴールで先制。さらにベルギーがカウンターを決めて追加点、0−2に。
前半は0−2で終了。

後半は、攻めるブラジル、守るベルギーと言う展開に。一方的に攻めるブラジルですが、ベルギ−の堅い守備に跳ね返される。とにかく良く守っていました。
後半31分、ブラジルがゴール前に浮き球を入れ、頭で合わせて得点、1−2に。やっとブラジルが点を入れられたという感じでした。
その後もブラジルが攻め立てます。
ベルギーも良く守りますが、疲れからか足が止まってきて、危ないシーンが多くなっていきます。
ベルギーが何とかしのいで1−2で試合終了。
ベルギーが勝ちました。

後半のブラジルの猛攻が凄かったのですが、ベルギーは強い守備で凌いでいました。素晴らしい。

準決勝にはベルギーガ進むことになります。対戦相手はフランスです。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









posted by MOTO at 05:06| Comment(0) | サッカー全般・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。