150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2019年11月30日

FC東京 1−1 浦和 J1・33節 また浦和に勝てず

前半39分、相手CK。ショートコーナーからパスをつながれミドルシュートを打たれる。GK林が防ぐもこぼれ球に反応されて失点。先制される。
後半24分、CKから森重がシュート、ブロックされたこぼれ球をサンホがシュート、これも防がれるがこぼれ球を田川がゴールに押し込む。同点に。
試合は、1−1で終了。引き分けです。

序盤から東京が押していました。
テンポよく攻撃しますが得点できなかった。この時間帯に点が取れなかったのが大きかったと思います。
前半の39分にミスからCKを奪われ、失点。
逆転に向けて攻勢に出ましたが、同点にするも逆転にまでは至りませんでした。

前半30分ごろにオリヴェイラが浦和・山中からレイトタックルを受け負傷。深いタックルだったので負傷の程度が心配ですね。
この負傷交代が厳しかった。オリヴェイラは攻撃の核ですから。
失点したのもこの直後でした。
後半には、永井が交錯したときに肩を負傷。永井もピッチからいなくなったのは痛恨です。
飛車角行なしで戦うことになったようなものです。(浦和の作戦というわけではないですよね?)

この結果、横浜が勝ち、鹿島が負けたので順位は変わらず。(横浜は川崎に4−1、3点差で勝った)
1位 横浜FM (勝点67 得失点差+27)
2位 東京 (勝点64 得失点差+20)
3位 鹿島 (勝点60)

首位の横浜FMと東京は、勝点差が3。得失点差も7ポイント横浜が上回っています。

最終節は、横浜FMvs東京です。直接対決。
なんと、東京が4点差をつけて勝てば、東京が優勝です。
厳しいけど、可能性はある! 頑張れ!


ところで私事ですが、今日の試合、現地で見られませんでした。
この前、ある場所の歩道で段差に気が付かず足を取られて足首を骨折(情けない)。味スタに行けませんでした。
最終節の横浜にも行けない模様。(チケットも取れませんでしたがw)
自宅から応援します。

東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 渡辺 剛
DF 森重真人
DF 小川諒也
MF 三田啓貴 → 前半32分 MF ユ インス
MF 萩洋次郎
MF 橋本拳人
MF 東 慶悟
FW ディエゴ オリヴェイラ → 前半42分 FW 田川亨介
FW 永井謙佑 → 後半17分 FW ナ サンホ


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 17:12| Comment(0) | FC東京・2018〜19 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。