150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2020年02月06日

ミャンマー旅行(9) インレー湖

マンダレーからヘーホーへ飛行機移動。これも自由席でした。

200206 inle lake.jpg

ヘーホー空港からインレー湖畔にあるニャウンシュエへ車で移動です。タクシー料金の相場は25000〜30000チャット(1900〜2300円)。私の場合は、ちょっと高くついたかな?

途中で鉄道橋があるところで「見てこい」と降ろされた。

バワサムサラ鉄道橋
200206 ba wa sam sa ra bridge.JPG

後で調べたのですがバワサムサラ鉄道橋はイギリス統治時代に造られたもので、眺めが良いこともあって観光スポットになっているとのこと。
人が線路上を歩いていますが、この鉄道は稼働中。本数は少ないのですが列車が走っている路線です。危なくないのかしら?

バワサムサラ鉄道橋の見学込みで小1時間でニャウンシュエのホテルに到着。
途中、事務所(チェックポイント)でインレー湖入域料(15000チャット)を支払いました。


インレー湖
200206 inle lake 7.JPG

ボートでインレー湖遊覧が出来るので、船着き場へ。(ホテルで手配してもらった)

200206 inle lake 1.JPG

200206 inle lake 2.JPG

私としてはゆっくり走って欲しかったのですが、画像のようにボートは水飛沫を上げて進みます。びっくりしたw。

200206 inle lake 3.JPG

インター族の漁師が籠を操って漁をしています。
水深が浅く、藻に船が取られないよう見渡すため、立って船を操るのだそうです。船尾で片足立ち、もう一方の足でオールを操ります。
上の画像の人は、観光客向けに派遣されているらしい。ボートが近づくとポーズをとってくれました。

200206 inle lake 4.JPG

200206 inle lake 5.JPG

水草で出来た浮島があります。

200206 inle lake 6.JPG

船着場に到着。

湖上には、ハスの茎からとった繊維で織物を作る工房があり見学できる。
売店で見たら、ストールに450ドルの値札が付いていた。高級品なんですね。手が出ません。

昼食後にニャウンシュエに戻る。
インレー湖は標高が高い(900m)ので涼しいです。朝夕は寒いくらい。
ホテル近くのミンガラー・マーケットでストールを買いました。

200206 mingalar market 1.JPG

200206 mingalar market 2.JPG

この薄手のストール、500チャット(40円ぐらい)でした。安いですね。







にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


旅行・観光ランキング

人気ブログランキング
ラベル:ミャンマー 旅行
posted by MOTO at 10:27| Comment(0) | ミャンマー旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。