150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2020年03月25日

Jリーグ 再延期 J1は5月9日から

サッカーJ1は5月9日再開へ J2は同2日
サッカーJリーグは25日、臨時の実行委員会を開き、4月3日の公式戦再開を断念し、J1を5月9日に再開する方針を決めた。村井満チェアマンがウェブ上での記者会見で明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2月下旬から公式戦を中断している。
J2は5月2日再開、まだ開幕していないJ3は4月25日に始めることを目指す。
2020.3.25 共同

再開予定日を
4月25日に J3
5月2日に  J2
5月9日に  J1
と段階的にするそうです。
観客を守るために検温用のサーモメーター450台の導入が求められていて、「おおむね全部が揃うのが4月18日」なのだそうです。「外気に触れる中での測定になるため、風や温度などさまざまな要素を加味することになる」ので「運用は非常に習熟したスキルが必要」。
J3リーグを先行して再開、J1、J2のクラブもサポートし「習熟度を上げていく」とのこと。
J3で練習というと語弊がありますが、想定される収容数、収容率を考慮して段階的な再開をすることで感染リスクを低減させるのが狙いなのだそうです。
合わせて、J1の再開を5月9日に設定したのは「国民に迷惑をかけることがないよう、ゴールデンウィークを外そうと意思決定した」とのこと。観客数の多いJ1は習熟度を上げてからにしたいこと、それに国民の意識として連休で気が緩むことを避けるという意味でしょう。

再開後は2か月を目処に「遠距離で観戦に来るアウェーのお客様の自粛を求める」「一定期間アウェイ観戦の席を設けない」ことを検討しているとのこと。

また、感染リスクが高くなる密閉・密集・密接という3つの条件が重なる場を回避するため「前後左右を空席とする」ことも検討しているらしい。この場合、市松模様のような形となるため、スタジアムの「収容率は通常の50%程度」となる見込み。

さらに「大きな声を出す」「肩を組む応援」を控える観戦スタイルをについて議論を始めているそうです。

以上について、村井チェアマンは「詳細は詰めていくことになる」と言ってました。


東京の再開後の初試合は、5月10日(日)14:00〜 第13節FC東京vsサガン鳥栖@味スタ になりますね。1ヶ月半先になります。仕方ないことですが、淋しい。

とにかく、連休明けにJ1が再開できるよう、4月中には武漢ウィルスの収束が見られるように願いたいですね。
国民皆の協力が必要です。
いましばらく、頑張りましょう!

再開を願い、サッカーを楽しみにしましょう。


武漢ウィルスに負けないぞ!


追記:
5月10日(日) 第13節 FC東京 vs サガン鳥栖 @味スタは開催予定ですが、
5月13日(水) 第11節 鹿島アントラーズ vs FC東京 @カシマは開催中止です。
第11節の試合は4月の7試合、5月13日の2試合、全て開催中止。



にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 16:39| Comment(0) | FC東京・2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。