150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2013年10月06日

FC東京 1-4 鹿島 J1・28節 大事な試合を落とす

131005 vs kashima.jpg

非常に残念な結果になりました。

前半6分、前半9分と序盤に立て続けに失点。
東京が1点取れば、流れが変わるはずだと思っていたのですが、チャンスを作るも残念ながら得点にいたらず時間が過ぎていきました。
後半22分、後半36分と失点して、万事休す。
後半38分に点を取りましたが、ときすでに遅し。
1−4での敗戦、完敗です。

とにかく、ミドルエンジで、フリーでシュートを打たれすぎです。1点目と3点目は誰もチェックに入らなかった。鹿島相手で、アレはありません。

この試合は、東京が上位にいけるか否か、大事な試合でした。この完敗は大きいですね。
まだ、優勝(首位と勝点9差)もACL出場(3位と勝点7差)も可能性がありますが非常に厳しくなりました。

まあ、連勝がそう続くわけでもなし、仕方が無いといえば、そうなのかな?


あと6試合になりました。6連勝を期待して、望みをつなぎましょう。



今の国立競技場での観戦も最後になりそうです。織田ポールは、新しい競技場に移設されるのかな?

131005 oda pole.JPG







posted by MOTO at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2012〜13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

大宮 2-5 FC東京 J1・27節 ルーカスがハット、4連勝!

チケットを買おうと思ったら、すでに完売。大宮に行けませんでしたので、ネットでのチェックでした。

シーズン当初は首位を走っていた大宮、ここのところ調子が悪そうです。
東京はというと、ここのところ上向き、是非、勝点3を取りたいところ。
結果は、逆転されましたが再逆転して、勝利、連勝を4に延ばしました。

序盤は速いパス回しでペースをつかみ、
前半7分、アーリアの折り返しからルーカスがゴール、先制。
しかし、東京のスタイルに相手が慣れてきて、流れが変わってきます。攻撃時にボール保持が安定しない局面があるので、そこを狙われた。
前半13分、前半37分と失点、1−2。逆転されました。
前半ロスタイム、CKから頭でルーカスがゴール右隅に決めました。2−2。同点。
前半終了直前に同点にできたのが大きかった。ルーカス、GOOD JOB!

後半、双方チャンスを作りますが決められず、しかし、次第に東京ペースに。
後半21分、CKからこぼれ球をシュート性のボールがゴール前に、ルーカスが受け、ゴールに流し込みました。3−2、逆転。
後半45分、大宮のバックパスから、前線に張っていた三田がGKのパスをインターセプトし、GKをかわしてゴール。4−2。
ロスタイムにも、ルーカスからのスルーパスを受けた平山がゴールに叩き込んで、5−2。
結果的に5点取っての大勝。
4連勝です。

前節にスタメンを一部入れ替えて良い感じに試合を組み立てられていたのに、なぜかメンバーを戻してしまったので嫌な予感がしました。案の定、中盤の悪い位置でボールを取られ始めてピンチを招いて2失点しました。
逆転できたのは、セットプレーから2得点させてくれた大宮のおかげかもしれません。それに、リードした大宮が守りに行くのか、追加点を狙うのか、ハッキリしていなかったのにも助けられたかも。


蛇足かもしれませんが、主審の村上さん、流しすぎです。


次はホーム(@国立)で、鹿島戦です。次ぎも勝って、4位に! 是非。







posted by MOTO at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2012〜13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

名古屋 0-2 FC東京 J1・26節 3連勝!

名古屋まで行けませんでしたので、ネットでチェック。

つぶしあいの様相を呈していましたが、東京が先手を打ちます。
前半38分、ルーカスからパスを受けたアーリアがエリア外からミドルシュート。右隅に決まるナイスシュートでした。先制。

後半に入ると、東京は急がないで、時間をかけて攻めていました。前半に1点取ってますからね。
名古屋は、攻勢に出ようとしましたが、東京は上手く網にかけていました。
後半43分、ネマが持ち込み相手DFをかわして角度の無いところからシュート、見事に決まって追加点。2−0。
これで、試合が決まりました。
2−0で勝ち!

今日は石川がスタメン。トップ下にアーリアが入りました。
不安定だったパス回しもつながり、なによりも前で時間が作られるのでプレーに幅が出来ていたように見えた。
名古屋のサイドをケアしながら、良くチャンスを作っていたと思います。あと、名古屋のミスにも助けられたw。
でも、まだまだ内容が良いとはいえないかな? 安易な縦ロングパスも散見されてたしね。

名古屋は、後半バテていましたね。
もちろん東京も足が止まっていましたが、1点を守れば良いという状況が味方していた。


広島、浦和、名古屋と強いチームに勝てたのは大きいですね。このまま連勝を続けて欲しい。
優勝の可能性も消えていないし、楽しみだ。







posted by MOTO at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2012〜13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

FC東京 3-2 浦和 J1・25節 5点ともヘディング・・・

130914 vs urawa.JPG

久しぶりに浦和に勝ちました。調べてみたら、なんと、リーグ戦では2004年以来9年ぶりでした。

観客は34,756人、国立開催ということもあるのでしょう、浦和サポが多く来てくれました。対浦和戦のここ数試合では見られなかった浦和の大音量の応援も聞けた。ユルネバへの妨害とかねww。

東京五輪決定の関係で、聖火台にも火が灯されました。

試合は、
前半8分、FKからチャン ヒョンスがヘディングで決めて先制。早い時間帯でのゴールに今日こそ浦和に勝つという期待が膨らみます。
しかし、飛ばし気味の浦和の攻勢が続き、東京が守勢に回る時間帯が多くなります。ここを凌いだのが大きかったかも。
前半36分、1点目と同じ位置からFK、森重が頭で綺麗に決め追加点。1点目の再生かと思ったw。
2−0で前半終了。

後半6分にFKから、後半8分にサイドを崩されて、たて続けに失点。後半のはいりが悪かった。
東京は縦パスを入れさせないようにコースを切り、サイドは人数をかけて自由にさせないようにケアしていました。後半の立ち上がりは、このケアが薄くなってしまった。
次第に足が止まりだした浦和相手に、東京はペースを握ります。しかし、点が取れない。GKと1対1になるチャンスもシュートミスをしたりと、もったいない場面多々あり。
また、引分けで終わるのかと思ったのですが、
後半45分、またもFKから平山が頭で決めて3点目。3−2。
そのまま、3−2で試合終了。

内容としては、良くなかったと思います。守りの時間帯では、浦和の選手がオフサイドラインに4人いる状態もあって、東京は5バックになっていました。中盤でのパス回しが繋がらず、ロングパスも多くなりがち。カウンターになっても、最後のところでミス。
FKのとき浦和がゾーンを敷いてマークが合わなかったこともあり、ヨンス、森重、平山と得点できたのが幸い。それに、前半、浦和がとばしすぎて後半は動けてなかったし・・・・・・浦和のおかげだったかもね。
あと、東京が3バックから4バックに変更したことも功をそうしました。作戦上、どうだったかは分かりませんが、パスカットが多くなってた。


ポポ監督曰く「私は、サッカーは頭を使ってやるものだと選手に言い続けてきましたが、選手はその言葉通り、得点も頭で決めてくれました(笑)」、そのとおりでしたねww。








posted by MOTO at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2012〜13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

FC東京 1-0 横河武蔵野FC 第93回天皇杯2回戦

去年の天皇杯2回戦も同じ対戦相手でした。そのときは、0−0のまま90分が過ぎ、ロスタイムに点を入れられ、東京が敗戦。

今年の展開も、点が取れないまま進んで嫌な予感が・・・。

結果は、1−0(0−0 延長1−0)で勝ちました。

攻撃全般が東京らしくなく相手の堅い守りを崩しきれなかったとか、油断していたわけではないと思いますがミスが多すぎたとか、延長戦に入って早々にラフプレー(足裏でタックル)で丸山が一発レッド退場とか、実に反省点の多い試合でした。

これでも横河武蔵野FCに去年の借りを返したと言えるのかな??


両チームの皆さん、お疲れ様でした。





posted by MOTO at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2012〜13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

磐田 1-2 FC東京 J1・24節 消耗戦を勝つ

広島に行けなかったので、ネットでチェック。
連戦、暑い中の消耗戦でした。

前半16分、千真が決めて先制。
後半17分に追いつかれますが、
後半36分、右からのクロスを上がっていた米本がゴールに叩き込んで追加点。
米本のゴールが勝ち越しとなり、2−1で勝ちました。

久しぶりの勝ちです。
良かったわぁ、4戦勝ちがありませんでしたから。

今回もメンバー構成に変更がありませんでしたが、1列から2列目の組み合わせに工夫しないと今後も苦しい試合が続きそうな予感がします。
縦に速い選手、ボールをバイタルに運ぶ選手が必要かなと・・・どうなのかな??





posted by MOTO at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2012〜13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする