150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2009年12月28日

2009年を振返る

年末です。
と、いうことで、大偏りな趣味で振り返る、サッカー、芝居、コンサート、本、映画で印象深かったものリストを。(???)
お暇な方は見てくださいww。


サッカー Best 3 +1
 ○ ナビスコ杯・決勝 FC東京 2-0 川崎
 ○ J1・9節  FC東京 3-2 大宮 
 ○ J1・15節  FC東京 2-1 清水
 △ J1・最終節 新潟 1-1 FC東京

091103 nabi Final t.jpg
ナビスコカップの優勝。
今年の最大の喜びでした! 3日間、浮かれておりましたww。
米本のミドルシュート。タッちゃんのクロスと平山のヘッド。痛快だったなぁww。
5年ぶりのタイトル。素直に嬉しかった。

9節・大宮戦。
今期のヒーロー、石川がハットトリックを決めた試合です。石川のシーズンになる予感がしました。
そして、高卒ルーキーの米本がフル出場。この試合からスタメンに定着していった。米本、GOOD JOB!!

15節・清水戦。
石川のシュートにしびれました一戦。あのアウトにかけたボレーは忘れられないです。これで石川のシーズンになると確信したのですが、29節でのケガが残念でなりません。来年は更なる飛躍を!

最終節・新潟戦。
浅利の引退、藤山の移籍。東京での最後の試合となりました。
2人とも、これからも頑張ってください。

リーグ首位もうかがえたシーズン。色々ありましたが、楽しかった。
来年こそは!!!


芝居 Best 2
 ○ 「ヘンリー六世」 (新国立劇場)
 ○ 「来来来来来」 (劇団、本谷有希子)

091121 king henry 6 cast.jpg

「ヘンリー六世」。
長かったですw。(新国立に11時間以上もいました)
一挙上演という稀有な(?)試みは、新国立ならではなのでしょう。しかし、あの『事業仕分け』で、来年度は大幅予算カットになりそうなので、こういう企画は今年最後かもしれません。
長かったのですが最後まで舞台上に釘付け。良いお芝居でした。
特にベテランの役者さんに脱帽。
良い経験ができました。

劇団、本谷有希子・第14回公演「来来来来来」。
精神のよじれっぷりに笑い、芝居の組み立て方に感心したお芝居。面白かったです。
今やすっかり文化人になった本谷さんも大人になったなぁと感じた公演でした。何年か前は、本谷さん自身が開場前の客の整理をしたり、荷物を預かったりしていたのを思い出します。
これからも注目したい。

私的には、今年、観た芝居の多くは面白くなかったです。新鮮味がなく、本がこなれていなかった印象が強い。こういうご時勢なので、色々と大変なのかもしれませんが、客としては不満。
来年は、どうなるのかな?


コンサート
 ○ ハイドン・プロジェクト 演奏会 (ブリュッヘン+新日本フィル)
    オラトリオ『天地創造』
    ロンドン・セット全曲演奏会第1回 第2回 第3回 第4回

090211 NJP haydn project.jpgブリュッヘン御大のハイドン・プロジェクト。
5回の公演で13曲。ハイドンに飽きが来ないかと心配したのですが、要らぬ心配でした。
こういうことも、あの『事業仕分け』で・・・・・・。
この企画、色々と言う人もいたようですが、私にとっては凄く嬉しかったし楽しかった。
ブリュッヘンの健在ぶりも印象的でした。

小澤先生(新日本フィル1月12月)とかインバル先生(都響)のコンサートも良かったのですが、気になる点もあって次点にさせていただきます。



村上春樹、宮城谷昌光、小川洋子、などなど読んだのですが・・・・・今年は、ランクなしということで。


映画 Best 1 + 2
 ○ 「天使と悪魔」
 △ 「おっぱいバレー」
 △ 「誰も守ってくれない」

090605 angels ano demons.jpg

「天使と悪魔」。
アメリカ映画らしい作品でしたが、良く出来ていたと思います。
トム・ハンクスの好演、ロン・ハワード監督の苦労のあとが見られる秀作というのが私の感想です。

「おっぱいバレー」は綾瀬はるかさん、「誰も守ってくれない」は志田未来さんに1票ということでww。

今年は個性的な邦画が多く公開されたのですが、小ぢんまりとしすぎて残念な印象。
来年は良い映画が観られますように。


以上、もの凄く薄〜〜いところからの選択になっていますので、失礼をばww。

来年は、どのくらい観戦、観劇、音楽鑑賞できるのかなぁ。楽しみです。

今年は、これが最後のエントリーになりそうです。
それでは、皆さん、良いお年を!!



posted by MOTO at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

メガネは必需品なんだ

どうでもいい話をww。

私は視力が弱い。裸眼だと両目とも0.02〜0.03位。
じつは就職するまでは、両眼とも1.5だったりしました。
20代で急に視力低下した原因は不明。すごく不思議です。
当然、メガネなどが必要になりますよね。
当時、メガネの値段を知って、憂鬱になったのを覚えていますw。

朝から帰宅するまではコンタクトレンズ。夜はメガネという生活を続けていました。
勤め人を辞めてからは、生活が不規則になったこともあって、1日中メガネで過すことが多くなった。

今日、ふと気になって、使っているメガネを並べてみたら・・・

090929 megane tachi.jpg

なんで、こんなにあるんだ?(画像に写っているほかにも・・・笑)
もっと多く持って人はザラにいるとは思います。ファッションに気を使っている人とかね。
しかし、私のようなパッとしないヤツは、一つか二つあれば十分です。
サッカー観戦などに使うレンズの度数が少し強いものはあるのですが、ほかは特に意図的に使い分けている訳でもなく、なんとなく、その日の気分で適当に使っている・・・・・・これからも老眼とかを考えると増えるのか?
とにかく、高いと思っているメガネ、こんなに買うから貯金が・・・ww。

衝動買いも、ほどほどにしないといけませんw。
少し反省。

ほんと、どうでもいい話でしたww。



posted by MOTO at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言・2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

ファッカ油田の占拠

091219 yusei.jpgイランの武装勢力が国境沿いのファッカ油田を占拠する事件がありました。

ここのところ、イランはイラクへ民生支援(電力や水などを供給支援している)していることもあって、関係は改善されていると思っていました。先日、このニュースを見て驚いた。
091219 amutra.jpgマイサン州にあるファッカ油田はイラクの南東部、バスラの北に位置しています。
18日、イラク政府がイラン軍が国境を侵し占拠したと非難。対してイラン政府は同油田は「イランの領土」だから越境ではないと主張。
双方、兵を増強し緊張が高まっているらしい。
ちょっと、嫌な感じがしたのですが、20日、イラン側が撤退の気配との報道を目にし、少しホッとしました。


続きを読む
posted by MOTO at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

COP15は失敗・・・・・・

コペンハーゲンで行なわれている国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で、取りまとめられる「コペンハーゲン合意(協定?)」から2010年までに温暖化対策の条約に全ての国が合意をするという文言が削除されたとのこと。待ったなしといわれた対策の期限が先延ばしになったわけですね。「拘束力のある政治合意」にはならず、京都議定書からの前進はほとんどなし。また、中国が拒否したことで排出削減行動を測定・報告・検証(MRV)する枠組み導入も見送られてしまいました。
かろうじて気温上昇を産業革命時点から2度以内にするとの目標は残ったようです。
(20日追記:結局、途上国の反対を受けて全会一致が原則の採択ができず、「合意に留意するという決定を容認」との結論になった・・・)
最悪の決裂は避けられたものの、会議としては大失敗ですな。


続きを読む
posted by MOTO at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

おにぎり 古墳時代のお弁当

歳をとったせいか、こういうニュースに萌えてしまうww。

横浜の「北川表の上遺跡」(港北ニュータウン)で古墳時代後期(約1400年前)のものと思われる炭化した米の塊が20年前に発掘。
市埋蔵文化財センターによると、調査した結果、弁当箱に入れられたおにぎり8個だった可能性のあるとのこと。
091211 onigiri  c.jpgセンターが報告書をまとめるためにCTスキャンをかけたところ、こぶし大(長さ14.5cm、幅9.2cm)のおにぎりのようなものが8個ぐらいまとまっていた。表面の米粒はつぶれていて、中身の部分は粒状になっていることから、炊いてから“にぎられた”ようだ。(画像:色の濃い部分が『おにぎり』)
樹皮で編まれた長方形の容器も認められ、『おにぎり弁当』だったと考えられるとのことです。
おかずなどは確認できなかったそうです。(記事

古墳時代後期、蘇我氏の時代のころでしょうか。
奈良の飛鳥寺が建てられた(596年)のも、この時代ですね。
『おにぎり弁当』は、どこに持っていくためのものだったのかしら。想像すると楽しい。
こういう生活感のある話題にふれると、今も昔も基本的なところに大きな違いはないということを感じます。

今月12日から1月11日まで、市歴史博物館(都筑区)の企画展で公開されるそうです。
機会があれば、見てみたいな。



posted by MOTO at 01:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言・2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

飛行機に持ち込む手荷物 楽器の受難

091201 airplane bags.jpg12月1日から国内線旅客機に持ち込む手荷物サイズを統一、制限を厳格化したそうです。
棚に入らない小型キャリーバッグなどを持ち込む乗客が多くなり、荷物の対処に時間がかかり出発が遅れるケースが増えていることから、国内航空各社は手荷物のサイズを統一、検査場でサイズの計測を始めたそうな。
ちなみに、座席数が100席未満の小型機では三辺の和が100センチ以内、100席以上では115センチ以内を1個だけ持ち込めるとのこと。検査場の検査機に荷物を入れる部分もが狭くし、大きすぎて通らない荷物は持ち込み禁止、預けるよう指示されるらしい。(読売産経毎日朝日日経JALのインフォ

たしかに、でかいキャリーバックゴロゴロ転がして乗って来たヤツが棚に入らないと乗務員に文句を言っているところを見たことがある。これって、マナーの問題だよね。どうしたんだ日本人よ。
ただ、荷物を持ち込みたくなる気持ちは分かるんですよね。日本の航空会社はシッカリしているので、ロストバゲージがほとんどない(ですよね?)けど、他は結構ある。面倒ですよね。
それにターンテーブル前でボケーっと荷物を待つのも辛い。

記事によると海外では大きな荷物も持ち込むのが通常化していると書いてあったが、そうなのかな? 私の感覚からは乖離してるんだけど、どうなんだろう。

私は荷物の少量化に心がけているので、2〜3泊程度までの旅行だったら影響は然程なさそう。だけど、長旅のときに使うアタックザックは背が高すぎてダメになりそうです。棚には十分入るんだけどなぁ(泣)。


多分、凄く影響がありそうなのが音楽関係の方かな?

080430 okumura ai.jpg奥村愛さんは、美人ですね・・・・・・それはともかくw、問題は奥村さんが持っているヴァイオリンなどの楽器。
サイズオーバーで手荷物として持ち込めなくなるんだそうです。
まさか、預けてコンテナに入れるわけにもいかないし、どうするんだろう?
記事などによると座席ひとり分を確保して、のせることになるんだそうな・・・・・・これって、やりすぎじゃね?

札幌 → 羽田便に乗ったときのこと。隣の席の女性がヴァイオリンを上の棚に置いた。しばらくして、少し遅れて乗ってきたおばさんグループの一人が、なんと、ヴァイオリンの上に荷物を置こうとした。気が付いた私は立ち上がって手で押さえました。隣の女性と男性(多分、マネージメントの方)も慌てて立ち上がってた。ケースに入っているとはいえ、やばいです。
私はそのとき、おばさんに関西弁で怒鳴られてしまったw。音楽好きには楽器に思い入れがあっても、世間の考えは、そんなものかと教えられました。

閑話休題。
聞いた話なのですが、以前からチェロとかギターとかを飛行機に持ち込むときは、楽器用に座席を確保するのが基本らしいです。(コントラバスは無理だろうなw)
人とチェロが並んで座っているわけですね。
ただ、ある程度黙認する場合もあるとか・・・・・・会社によるんでしょうけど。あと、凄く安くしてくれるとかね。(これは海外の航空会社の話です)

楽器にひとり分の席を確保できない場合(そんなことしたくない場合)、日本国内は移動距離や時間的制約に関わらず電車か自動車移動が基本になるというかなり厳しいことになりそう、とのことです。演奏者の方には気の毒な。(楽器の置き忘れにはご注意を!)
ヴァイオリンくらいは、何とかしてあげないのかしら? JALさん、ANAさん、どうなの?

私としては、演奏者の方の演奏活動が厳しくなって、楽しいコンサートが減り、美しい音楽が聴けなくなるのは困るんですよね。
そういうことにならぬよう、よろしくです。
業界の方々、交渉ガンバレ!!

朝日の記事:機内持ち込み規制に困惑 12月から荷物サイズ統一
まったく、無茶なキャリーバック持ち込みのお蔭で、大迷惑な話ですな。(杓子定規な規定も如何なものか)



posted by MOTO at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする