150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2015年12月22日

新国立競技場 大成建設・梓設計・隈研吾チームの案に決まる

151214 新国立A案.jpg

新国立競技場の建設計画で、応募された2チームの設計施工案のうち、大成建設・梓設計・隈研吾氏で構成するチームの案を採用することになったと発表されました。
JSCの審査委員会(委員長=村上周三 東京大名誉教授)の審査結果は、A案(採用された案)は610点、B案は602点で、A案は工期短縮の項目で177点(B案は150点)と高い評価を得た、ということです。

審査結果
            A案       B案
 <コスト・工期>              
  業務の実施方針(20)
            112       104
  事業費の縮減(30)
             31        28
  工期短縮(30)
            177       150
  維持管理費抑制(10)
             44        50
 <施設計画>
  ユニバーサルデザインの計画(10)
             48        53
  日本らしさに配慮した計画(10)
             50        52
  環境計画(10)
             54        50
  構造計画(10)
             52        55
  建築計画(10)
             42        60
  合計点
            610       602

※()内の数字は、委員1名当たりの配点
※表示された点数は、委員7名の合計点

A案: 大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所 共同企業体
B案: 伊東豊雄建築設計事務所・日本設計・竹中工務店・清水建設・大林建設 共同企業体


公開された点数を見ると、審査に当たって重要視したのは事業費と工期だということが分かります。結果的に事業費縮減の差はなかったようですが、工期短縮の評価の差が審査結果に直結してしまったようです。

2案が発表されたときに書きましたが(「新国立競技場 2案を公表」)、私の目から見るとB案のほうが良く見えました。
特に、建築計画の部分。審査委員会でもB案の建築計画を評価していますね。私の見た目では、意匠的なフォルム、構造物のデザインなど、大差があるように思えます。
あと、A案の観客席は3層になっています。経験上(サッカー観戦したときという意味ですw)、座席曲線の取り方で、見え難いか、怖いかのどちらかになりがちなんですよね。
それ以外にも部材の多さとか、メンテナンスのこととか、雨仕舞い(雨漏りしそうw)とか、言いたいことが多々あるのですが、まあ、私なんかよりも、審査した先生方のほうが分かってらっしゃるので(当たり前だww)、信じて完成を待つことにしましょう。

追記:テレビ番組などで、「A案が五重塔のような・・・」と言っていたのでビックリしたww。こういう不見識なことを言ってはいけませんね。(縦格子にした軒裏が垂木に見えるでしょうという提案書の内容から引っ張ってきたのかしら?)
改めて思うに、工期を最重要視して、建築としての価値とか、維持経費のことなどは度返ししたのかと。審査した先生方は、ご苦労されたと思います。お疲れさまでした。

ちなみに、こちらがB案
151214 新国立B案.jpg


審査されたメンバーを上げておきます。

<技術提案等審査委員会 委員名簿>
   秋山哲一 (東洋大学教授 建築生産)
   工藤和美 (建築家・東洋大学教授 建築計画)
   久保哲夫 (東京大学名誉教授 建築構造)
   香山壽夫 (建築家・東京大学名誉教授 建築計画)
   村上周三 (東京大学名誉教授 環境工学)     ※審査委員長
   深尾精一 (首都大学東京名誉教授 建築構法)
   涌井史郎 (東京都市大学教授 造園)


<前に書いた関連エントリー>
  2014年05月29日  新国立競技場 基本設計が決まったそうで
  2015年05月20日  新国立競技場 計画見直し
  2015年07月17日  新国立競技場 計画を白紙、ゼロベースで見直し
  2015年12月14日  新国立競技場 2案を公表






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

新国立競技場 2案を公表

前のコンペで決まった設計案を(あまりにスットコドッコイだったのでww)白紙撤回した新国立競技場。今日、日本スポーツ振興センター(JSC)は、新たに募集したコンペに応募された2案を公表しました。

今回は、設計者と施工者をあわせて決めるもので、総工費や工期、外観イメージなどをまとめた技術提案書をもとに選定するとのこと。

A案
151214 新国立A案.jpg

B案
151214 新国立B案.jpg

A案は隈研吾さんと大成建設の案、B案は伊東豊雄さんと竹中工務店・清水建設・大林組の案、ということらしいです。(報道による情報なので、怪しいけれどw)


僭越ながら、私として愚考するに、B案の方が良さそうな気がします。計画のコンセプトと外観内観、建設費軽減の考え方がシックリする。

今回は設計施工ともに決めるということで、これも日本らしいし、結果的に良かったかも。
そう考えられるような結末になって欲しいですね。

まあ、撤回された案よりは、どちらもかなり良いと思いますので、少しホッとしていますww。
140528 shinkokuritsu.jpg
 ← 撤回された前の案



とにかく、順調にオリンピックを迎えて、その後もサッカーなどに有効に使えれば良し。(東京のホームスタジアムになるのかしら)


<前に書いた関連エントリー>
  2014年05月29日  新国立競技場 基本設計が決まったそうで
  2015年05月20日  新国立競技場 計画見直し
  2015年07月17日  新国立競技場 計画を白紙、ゼロベースで見直し







にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

金星探査機「あかつき」金星周回軌道投入に成功

2010年5月21日に打ち上げられた金星探査機「あかつき」、同年12月7日に金星の周回軌道への投入を試みましたが失敗しました。5年後にあたる一昨日の2015年12月7日再投入し成功したとのこと。

101206 akatsuki.jpg

「あかつき」金星軌道投入に成功 JAXA、来年4月から本格観測

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、探査機「あかつき」の金星軌道投入に成功したと発表した。すでに観測装置の試験運用を始めており、来年4月に本格観測に入る。日本として初の惑星探査がいよいよ始まる。
あかつきは2010年に金星軌道への投入を試みたが、主エンジンの故障で失敗した。7日に別の小型エンジン4基を噴射した結果、予定の楕円軌道に入ったことがデータなどから確認できた。
あかつきは設計寿命の4年半を超えて太陽の周囲を飛んでいたが、見事に復活を果たした。さまざまなトラブルを乗り越えて小惑星のちりを地球に持ち帰った探査機はやぶさに迫る快挙だ。
(2015年12月9日 共同)

7日に再投入され、その後にデータで成功したことを確認したとのことです。確認に2日かかると言うことは、やっぱり、金星は遠いいですね。


金星周回軌道の模式図
151209 あかつき 金星周回軌道模式図.jpg
「あかつき」は、金星周回周期約13日14時間、金星に最も近いところ(近金点)では高度約400km、金星から最も遠いところ(遠金点)では高度約44万kmの楕円軌道を、金星の自転と同じ方向に周回している
軌道制御運用を行って徐々に金星を9日間程度で周回する楕円軌道へと移行する予定


以下、姿勢制御用エンジン噴射後に「あかつき」が撮影した金星画像(JAXAから)

1μmカメラ(IR1) 12月7日13:50ごろ撮影(日本時間) 金星高度約6万8千km
151209 あかつき 1μmカメラ.jpg

中間赤外カメラ(LIR) 12月7日14:19ごろ撮影(日本時間) 金星高度約7万2千km
151209 あかつき中間赤外カメラ.jpg

紫外線イメージャ(UVI)12月7日14:19ごろ撮影(日本時間) 金星高度約7万2千km
151209 あかつき紫外線イメージャ.jpg



説明会の様子をネットで見ていたのですが、軌道計算を2年以上かけてやっていたということとか、初めて送られてきた画像を見て歓声をあげたとか、世界一の観測結果を得られるとか、色々と語っておられた。

今後、2μmカメラ、雷・大気光カメラ、超高安定発振器の機能確認を行い、既に機能確認済みの観測機器(1μmカメラ、中間赤外カメラ、紫外イメージャ)と合わせて約3か月間の初期観測を行うとのこと。
来年(2016年)4月ごろから定常観測に移行。2年間の観測を行うとのことです。

どのような成果を出すのか、楽しみですね。


一応、以前に書いたものがありますので、リンクを貼っておきます。
<前に書いた関連エントリー>
  2010年12月06日  金星探査機「あかつき」 周回軌道へ
  2011年07月01日  金星探査機「あかつき」 周回軌道への再投入を計画







にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


タグ:科学 天体
posted by MOTO at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

お酉さま

151117 otori jinja.JPG

一昨日のことですが、お酉さま(酉の市)へ行ってきました。
大変な賑わいで、いつもとおりに色々な熊手がありました。
お参りして、暫し見学してから浅草寺へ。

ここ何年かの私のパターン、
 お酉さま → 浅草寺 → 鰻屋さん
という順番で浅草界隈をウロウロとww。

151117 unagi.JPG
鰻、美味しゅうございました。

17日は二の酉でした。
今年は三の酉まであります。三の酉は、29日(日)。







にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

悪戦苦闘・・・Windows10

菓子杯は鹿島が優勝。
決勝戦で、序盤からペースを握り、積極的な良い試合をした鹿島。強かったですね。

鹿島アントラーズ、ナビスコ・カップ優勝、オメ!


それはともかく、
実は、自宅のパソコンで、Windows10からもとのOSに戻す作業をしながら、TV観戦しておりました。

この前のこと、時間があったので、無料更新という甘い言葉に乗って、Windows10にアップグレードしたんですww。
なんだか、サクサク動くので、良いではないかと思った。プリンターなどの外部機器との不具合もなし。メールソフトなども問題なし。
ところが、動画が・・・・・・。
音は出るけれど、画像が出てこない。youtubeもアウト。
それから、まる1日、悪戦苦闘。
基本設定からメニューのチェック、ビデオカード、再生ソフト、などなど考えられるところは全てやった。それはもう、パソコンおんちの私としては涙ぐましい努力ww。
その結果、ギブアップ。自力での修正は無理と判断しました。

正直言って、疲れたww。

結局、本日、仕方なく、もとに戻しました。10、さようなら。

アップグレードについて、メーカーのサポート対象になっていない機種(古い)なので、自力でやるしかなかったのですが、ハードルが高かったかな。
というか、この問題について、Windowsさんのサポートがないのは如何なものか??  まあ、らしいといえば、らしいかなww。







にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


タグ:パソコン
posted by MOTO at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

2015年のノーベル賞

今日(12日)に経済学賞が発表されて、2015年の6つのノーベル賞すべての受賞者がでそろいました。
以下、メモとして、簡単に。



151005 William C. Campbell .jpg151005 omura satoshi.jpg151005 Youyou Tu.jpg


生理学・医学賞は、
ウィリアム・セシル・キャンベル(William Cecil Campbell アイルランド・アメリカ ドルー大学)
大村智(北里大学教授)
屠ヨウヨウ(トゥ・ヨウヨウ ヨウは口へんに幼 中国 中国中医科学院)

大村教授、キャンベル教授はエバーメクチンの発見、イベルメクチンを開発により、象皮症や河川盲目症、リンパ系フィラリア症などの寄生虫による疾病の治療に貢献しました。フィラリアと呼ばれる回虫などを撃退することができる薬です。
屠教授は、古くから漢方薬として利用されていたヨモギ属の植物から薬効成分を抽出、アーテミシニンの発見によってマラリア患者の致死率を低減しました。それまではクロロキンやキニーネを治療薬として使っていましたが副作用が強く、耐性を持つマラリア原虫が増えていた。アーテミシニンの発見は治療に大きな貢献をはたしました。

→前のエントリー「ノーベル生理学・医学賞 大村智さん受賞」



151006 kajita takaaki.jpg151006 Arthur B. McDonald.png


物理学賞は、
梶田隆章(東京大学宇宙線研究所所長)
アーサー・B・マクドナルド(Arthur B. McDonald カナダ クイーンズ大学教授)

それまで重さがないと考えられていた素粒子「ニュートリノ」に質量があることを観測、実証しました。この発見は、物質の最も内側の動きについての理解を変えました。
ニュートリノは3種類あり、それは電子ニュートリノ、ミューニュートリノ、タウニュートリノ。
梶田博士のグループは「スーパーカミオカンデ」という施設で大気ニュートリノを観測した結果、電子ニュートリノとミューニュートリノの割合が、質量がないとする理論から導かれた予想と異なっていることを発見しました。これはミューニュートリノが電子ニュートリノやタウニュートリノに変わった「ニュートリノ振動」がおきていると考えられました。
マクドナルド教授のグループは「サドベリー・ニュートリノ天文台」で太陽ニュートリノを観測、ニュートリノ振動の理論に矛盾がない結果を得ました。

光と同じくニュートリノも粒でもあり波の性質も持っています。
ニュートリノの波は、軽い波の方が重い波よりも速く進むので、波にずれが生じます。それらが重ね合わさって波をつくり、波形は進むにつれ変わり、ニュートリノの種類も変わります。つまり、大気中で生み出されたミューニュートリノは、飛んでいくとタウニュートリノに変わり、またミューニュートリノに戻るというように種類が変わって行きます。これがニュートリノ振動。
ニュートリノに質量がないとすると、波が同じ速度で進むので波形は変わりませんから、振動することはありません。

→前のエントリー「ノーベル物理学賞 梶田隆章さん受賞」



151007 Tomas Lindahl.jpg151007 Paul Modrich.jpg151007 Aziz Sancar.jpg


化学賞は、
トーマス・リンダール(Tomas Lindahl スウェーデン 米国フランシス・クリック研究所)
ポール・モドリッチ(Paul Modrich アメリカ デューク大学)
アシス・サンジャール(Aziz Sancar アメリカ ノース・キャロライナ大学)

細胞が増えるときにコピーされ続けるDNA。細胞の設計図であるDNAの傷を治す機能、「DNA修復」と呼ばれる機構の解明をしました。
DNAの分子は、チミン(T)、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)という4つの塩基から出来ています。チミンとアデニン、グアニンとシトシンでペアを作り、そのペアが螺旋状のはしごを作っているのがDNAの構造です。
リンダール教授は「塩基除去修復(Base excision repair)」を解明。塩基のペアに異常が発生したとき、間違っている塩基をグリコシラーゼという酵素を使って切り取り、塩基についている糖とリン酸も切り取ります。正しい組合せを持ってきて異常があった箇所にはめ込むという修復を明らかにしました。
サンジャール教授は「ヌクレオチド除去修復(Nucleotide excision repair)」。紫外線によって傷ついた部分のはしごの片側を切り取り、DNAポリメラーゼという酵素が切り取られて一本になったはしごの部分を新たに修復を明らかにしました。
モドリッチ教授は「ミスマッチ修復(Mismatch repair)」。一部を誤ってコピーしたとき、細胞の中にあるMutSとMutLという酵素が誤りを見つけ出します。MutHという酵素が原本がどちらなのかを判断、間違っているコピーDNAの一部を切り取り、正しいコピーを作り出す修復を解明。ただ、人のDNAのミスマッチ修復については違う方法が取られていると考えられていて、現在は解明中とのことです。



151010 Svetlana Alexievich.jpg


文学賞は、
スベトラーナ・アレクシエービッチ(Svetlana Alexievich ベラルーシ)

ベラルーシのジャーナリスト。ノンフィクション作家。
第二次世界大戦に従軍した女性などを扱った「戦争は女の顔をしていない」。第二次世界大戦のドイツ軍侵攻当時に子供を扱った「ボタン穴から見た戦争」。ソヴィエトが軍事侵攻したアフガニスタンを扱った「アフガン帰還兵の証言」。「チェルノブイリの祈り」。など。
それぞれの当事者に取材して書かれているノンフィクションの作品を出し続けているジャーナリストです。
ジャーナリストの受賞は初めてとのことです。




平和賞は、
チュニジアン・ナショナル・ダイアログ・カルテット

2011年の「ジャスミン革命」、チュニジアで独裁政権への抗議デモが広り政権が崩壊、民主化された政治体制ができました。
「アラブの春」の発端ともなりました。中東地域などでは、民主化への運動で政治家が暗殺されたり、対立が激化して内戦になるなど、大きく混乱しました。その中で「チュニジアン・ナショナル・ダイアログ・カルテット」を構成する4つの団体は、与野党の間の仲介、政治家と市民との対話など、新たな政治体制の確立を平和的に進めてチュニジアの民主化に大きく貢献しました。

ただ、地元では微妙な反応もあるようで・・・・・・。



151012 DeatonAngus.jpg


経済学賞は、
アンガス・ディートン(Angus Deaton イギリス アメリカ プリンストン大学)

授与理由を「彼の消費、貧困、福祉の分析に」としています。
「福祉の促進、貧困の削減のための経済政策をたてるには、まず個人消費の選択肢を理解する必要がある。アンガス・ディートンは、詳細な集計をすることで、その結果、ミクロ、マクロ経済学、開発経済学の分野で変革を促した」
とのこと。
ディートン教授は、福祉、貧困対策の研究で、個々の家庭の消費レベル、収入とカロリー摂取量、家族内の性別との関係など、詳細な個々のデータに基づいて、経験的なフィールド、集計データに基づく理論から開発経済学の変革を支えてきた。という評価だったと思われます。
ちなみに、教授の著書「大脱出」では、人類が病気、貧困からの脱出をしてきた歴史を評価しつつも、全ての人たちが脱出できたわけではないことを指摘、あわせて、最貧国への援助をを例に現状への批判をしています。



以上、にわか仕込みで書いていますので、文責はなし、ご勘弁くださいww。
間違っていたら、ごめんなさい。







にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする