150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2017年08月20日

浦和 2−1 FC東京 J1・23節 また浦和に負けた・・・

前半17分、右サイドからアーリークロスを入れられ、ボールを落とされてシュート、ゴールに。失点。
前半22分、大久保からのエリア右へのパスを走り込んだ室屋が折り返してファーに詰めていた橋本がゴールに押し込む。同点。
前半30分、中央をワンツーで突破され、パスをつながれてエリア手前でシュートを打たれる。ゴールを決められ失点。1−2に。
後半は互いにチャンスを作るも得点に出来ず、1−2のまま試合終了。

東京が負けました。
また、浦和に負けました。

浦和に東京の薄い中盤のスペースを使われました。
サイド、中央とパスを回され、対応が遅れる場面が多々ありました。
米本と橋本にスペースを埋める仕事を任せているのでしょうが、範囲が広すぎて無理がある。そこをつかれましたね。作戦負けです。

東京の得点は、室屋のがんばりで取りました。しかし、後半にケガで室屋が交代してからは手がなくなりました。
こういう個人技頼りの組立ては、脆いですね。

後半にバー、ポストを叩いたシュートがありました。決まっていれば違う結果になっていましたが、内容を考えると残念ながら負けは仕方ないかと。

悔しいですね。


東京のメンバー
GK 大久保択生
DF 徳永悠平
DF チャン ヒョンス
DF 丸山祐市
MF 萩洋次郎
MF 室屋 成 → 後半6分 FW 永井謙佑
MF 橋本拳人
MF 米本拓司 → 後半17分 FW 中島翔哉
MF 太田宏介
FW 前田遼一 → 後半0分 FW ピーター ウタカ
FW 大久保嘉人






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 01:48| Comment(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

FC東京 1−0 神戸 J1・22節 連勝!

170813 vs kobe.JPG

試合は、前半は0−0で終了。
後半も無得点のまま進みます。ドローかなと思った終盤に試合が動きました。
後半43分、室屋が右サイド深くでスルーパスをダイレクトでゴール前に折り返し、このボールをウタカがゴールに流し込んで得点。
1−0で東京が勝ちました。連勝です。

前半は神戸のペースでした。東京の攻撃パターンが分かっていて、縦パスのコースを狙われ形が作れません。
東京は今回も5バック、薄い中盤でボールを保持されて苦しい時間帯が続きました。神戸のパス精度がいまひとつだったので助かったかも。ポドルスキも持ち味が出せていなかった(凄いところも見たかったかもww)。

東京は攻撃時、前線に5〜6人が張り付き、DF3人と高萩からのパスを待つ中盤省略スタイル。なかなか得点に至りません。
パスをつなぐシーンが見られるようになって、チャンスを作られるようになりますが、シュートが決まらない・・・。

得点シーンは、大久保が下がってボールをつなぎ、スルーパスから室屋が走りこんでフリーのウタカにボールを入れられた結果。終盤にみごとなスプリントを見せた室屋のがんばりと絶妙なポジションを取ったウタカの上手さで得点が生まれました。

そして、負傷の林に代わって出場したGK大久保択生。大久保は後半に相手ヘディングシュートをスパーセーブするなど良いパフォーマンスを見せていました。


5バックになってから数試合を経て、監督の作戦、やりたいことが見えてきました。
私の感想としては、ちょっと厳しいかなと。
負けにくいかもしれませんが、勝ちにくくもある。そんな気がします。
ACL出場が目標だったはずですが、J1残留を目指しているのかな?


東京のメンバー
GK 大久保択生
DF 徳永悠平
DF チャン ヒョンス
DF 丸山祐市
MF 萩洋次郎
MF 室屋 成
MF 橋本拳人 → 後半38分 FW 中島翔哉
MF 東 慶悟 → 後半12分 MF 米本拓司
MF 太田宏介
FW 大久保嘉人
FW 前田遼一 → 後半27分 FW ピーター ウタカ






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 12:39| Comment(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

大宮 1−2 FC東京 J1・21節 7試合ぶりの勝ち

前半30分、CKのボールがニアのチャンヒョンス、相手GKをかすめてDFに当たる。跳ね返ったボールを前田が押し込んでゴール、先制。
後半25分、FKからのこぼれ球に反応されてシュートを打たれ、失点。1−1の同点に。
後半32分、太田がゴールラインぎりぎりのところからマイナスのグラウンダーのクロス、エリア中央で受けた大久保が相手DFとGKの逆をついてゴール左隅へのシュート。決まって、2−1に。
このまま試合は終了。
2−1で東京が勝ちました。

なんと、リーグ戦7試合ぶりの勝利です。
ずいぶんと待たされたわw。

東京は前節と同じく5バック。
中盤の薄さの解消のためにインサイドハーフに入った米本と橋本に負担がかかるようなプランでした。上手くいかせるのは簡単ではないと思えます。

試合を見ていて、“これは点が取れるとしたらセットプレーからしかないな”と感じていました。
先制はCKから得点。

その後に同点にされて、また勝てないかもと嫌な予感がしました。しかし、追加点が取れました、良かったww。

2点目は太田ががんばってクロスを入れたこと、大久保がじつに上手いシュートを打ったことの結果。パスワークもありましたが、個人技が光っていました。

攻撃の形をなんとか作ろうと東京の選手はがんばっていました。大宮のハードワークとあわせて、激しい試合になった。
しかし、正直に言って、面白い試合だったとはいえない。

このまま5バックを続けるのかしら・・・・・・厳しいシーズンになりそうですね。


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 吉本一謙
DF 丸山祐市
DF チャン ヒョンス
MF 萩洋次郎
MF 室屋 成
MF 橋本拳人
MF 米本拓司 → 後半48分 DF 山田将之
MF 太田宏介
FW 前田遼一 → 後半38分 FW 大久保嘉人
FW 中島翔哉 → 後半40分 MF 東 慶悟





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 01:28| Comment(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

川崎 1−1 FC東京 J1・20節 6試合連続勝ちなし

前半は川崎に圧倒されるもスコアレスで終了。

後半4分、太田が左サイドから右足でクロス、中島が頭で合わせて先制。
後半44分、CKからヘディングシュートを決められて失点。1−1の同点に。
試合はこのまま引分けで終了。

東京は5バックでした。アウェーでの戦いということで守備的な布陣にしたのでしょうか。前半は完全に川崎にペースを握られ、ピンチもありましたが無失点。相手のミスにも助けられたかな?
後半の速い時間帯に先制。東京は前への動きが活発になって前半ほどは圧倒されなくなりました。
また、なぜか川崎が必要以上に慌ててくれた。
川崎が攻勢に出ますが良く耐えていたと思います。東京にもチャンスがありましたが追加点は取れません。
1−0で逃げ切れるかと思った終盤にCKから同点にされました。なんとも残念。

クラシコらしく選手たちは本当にがんばっていました。両チームの選手に拍手を。

シュート数が、東京9、川崎23。
シュートを23本も打たれて、1失点というのは良く守ったというべきか? 違うと思います。
東京は、これで良いのかなと考えさせられた試合でした。


これでリーグ戦6試合連続で勝ちなし、勝てません。

がんばれ!!



東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 徳永悠平
DF 吉本一謙
DF 丸山祐市
MF 萩洋次郎
MF 室屋 成
MF 橋本拳人
MF 米本拓司 → 後半47分 MF 東 慶悟
MF 太田宏介
FW ピーター ウタカ → 後半39分 FM 永井謙佑
FW 中島翔哉 → 後半31分 FW 大久保嘉人





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 00:07| Comment(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

石川直宏選手 引退

石川選手が今シーズン限りで現役を引退することが発表されました。
 →「2017.08.02 石川直宏選手 現役引退のお知らせ」(FC東京HP)

凄くショックです。
非常に淋しい。

私が東京のファンになったのは、石川選手のプレーを見てからです。
まさにスピードスター、ドリブル突破が素晴らしい。また、難しいシュートを決めるので目を見張った。

原監督の時、SBの加地選手とのコンビが右サイドを攻めあがって行くプレーには迫力がありました。

東京の右サイドにいて、石川選手がボールを持つだけでスタジアムが沸いていました。
なにかを期待できる選手、他にはない魅力のある選手。

残念だったのは、W杯のピッチに立っていないことです。南アのときには代表に選ばれるはずでしたが、大ケガで行けませんでした。本当に残念。

頭の中で、色々なシーンが浮かびます。
書き出すときりがない・・・・・・。


ケガの回復が思わしくないとのことですが、まだシーズン途中です、是非にもピッチに立つところを見せて欲しいですね。

スポーツ選手の現役引退というもはいつか来るもの、避けられないことではあります。
そうは思うにですが、繰り返しになりますが、凄くショックです。非常に淋しい。

170802 ishikawa.JPG





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 00:22| Comment(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

FC東京 1−1 新潟 J1・19節 また勝てず

170730 vs niigata.JPG

前半12分、FKをゴール前に入れられ、頭で合わされて失点。
後半21分、米本からのパスを受けたウタカが上手いドリブルでエリア内へ進入、相手GKの動きの逆をついたシュート、ゴール右隅に決まって得点。1−1の同点に。
この後、ゴールを奪いに行くも決められずに試合終了。
引分けでした。

これで、リーグ戦は5試合連続で勝ちなし。勝てませんね。

新潟はリーグ戦で結果を出せず、最下位になっています。今日見た感じでも不調なチーム状況だったかなと。
その新潟相手になぜ勝ちきれなかったか?
東京も不調だったからですね。

サッカーの観戦は好きではありますが、サッカーのことには不明な私。そんな者がいい加減な印象を書かせていただきますね。
東京は、3−1−4−2の布陣でした。ドイツ遠征のときから試していたフォーメーションですが、残念ながら、これが熟れてない。
サイドの守備は誰がケアするのか。例えば、CBがサイドの守備に入ったとき、内側はどうフォローするのか。多分、作戦は立てているのでしょうが不安定でした。強い相手だったらやられてたでしょうね。
インサイドハーフのポジションが低すぎて攻撃の厚みが出ていなかった。結局、ウタカがボールを受けに下がってくることになってました。守備にも引っ張られるので、ポジション取りが難しかったのでしょうけれど。
アンカーの位置に入った高萩も役割がハッキリしてませんでしたね。
新しい試みは、結果を出すには時間がかかりそうです。
今年のリーグ戦は、テスト期間にするのでしょうか? (なんだかなあ・・・)


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 徳永悠平
DF 丸山祐市
DF 山田将之
MF 萩洋次郎
MF 室屋 成
MF 橋本拳人
MF 米本拓司 → 後半30分 MF ユ インス
MF 小川諒也
FW ピーター ウタカ → 後半34分 FW 前田遼一
FW 中島翔哉 → 後半39分 FM 永井謙佑





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする