150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2017年05月31日

清水 2−1 FC東京 ル杯グループステージ7節 (付記:ACLのこと)

残念ながら見ていません。

試合は、
前半38分、小川のFKが直接ゴールに入り、東京が先制。
前半46分、エリアでパスをつながれて、右角からシュート、決められて失点。1−1の同点に。
後半32分、相手FK、クロスを入れられ頭で合わされる。1−2、逆転される。
1−2で試合は終了、東京が負けました。

経緯だけ見ると、前半終了間際に同点にされたのが良くなかったのではないかと。
シュート数だけ見ると、東京が6、清水が13。2倍以上打たれてますね。アウェーで、かつ、同点でよい試合ということで、消極的になったのかな??
ともかく、そういう試合で2失点というのはいただけないですね。


結果、東京はグループ2位となりプレーオフ(ホーム、アウェーの2試合)に進むことになります。相手はBグループ3位の広島。
第1戦 6月28日(水)19:00キックオフ  アウェー(エディオンスタジアム広島)
第2戦 7月26日(水)19:30キックオフ  ホーム(味の素スタジアム)
1戦と2戦は、1ヶ月ぐらい間が空くんですねw。

カップを奪い取って欲しいです。


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 徳永悠平
DF 吉本一謙
DF 丸山祐市
DF 小川諒也
MF 梶山陽平
MF 米本拓司 → 後半35分 FW ピーター ウタカ
MF 橋本拳人
MF 阿部拓馬 → 後半0分 MF 東 慶悟
MF 中島翔哉
FW 前田遼一 → 後半13分 MF 永井謙佑


(付記)
ところで、
浦和のほうで乱闘騒ぎがありましたね。乱闘と言っても、韓国のチーム(済州)の選手などが一方的に暴行行為をしてましたが。
こういうのは、日本ではあまり見ることなので、驚いてしまいました。こういうのはいけません。サッカーにまつわる嫌なところを見せられた気がします。(ウ●コ踏んじゃった気分というか・・・)
ハッキリ言って浦和は好きではありませんが(昔、浦和サポにからまれた経験ありw)、さすがに浦和の選手が気の毒でしたね。
今後、AFCがどのようなペナルティを科すのか、不問にするのか。厳しい判断をしないと、ファンが離れていきます。
『ACLは罰ゲームだ』との見かたもあるわけですしね。

ちなみに、川崎と浦和は準々決勝への進出を決めました。(鹿島は残念でした)






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

FC東京 1−1 甲府 J1・13節 ホームで痛恨の引分け

170528 vs kofu.JPG

初夏のようなお日和。バックスタンドで観戦していたら、日に焼けてしまったw。しかし、試合はスカッとはいきませんでした。

前半2分、CKから高萩が頭で合わせ、ボールは相手DFに当たりコースが変わって相手GKの手をはじきながらもゴールに。先制。
前半44分、不用意なバックパスを奪われ、ゴール前に運ばれてGKもかわされてシュートを打たれる。失点、1−1の同点に。
後半は点が動かずに同点で試合終了。

勝点3を取るべき試合で、痛恨の引分け。残念。

前半の早い時間に得点した後、東京は非常に慎重な試合運びをしていました。FKでもリスクを避けて、ゴール前にボールを入れずにパスをまわしていました。
とにかく消極的で、これはまずいのではと思っていたら、前半終了間際にミスから失点しました。サッカーってこういうものですよね。攻めなければ、やられます。
草民のミスは過去を思い出させましたが(!?)、今回のはチームの作戦自体に責任があるのではないかとも思えます。

後半は全般的に東京のペースでした。しかし、点が取れない。最後のところでパスミスやら、コントロールミスやらで、シュートまで持っていけない状態。
シュートまでいっても、制度を欠いてゴールになりません。
逆に終了間近、GKと1対1の場面を作られヒヤリとしましたが、GK林のナイスセーブでゴールは割らせませんでした。今日も林に助けられました。

非常にシュートの少ない試合になったのは(東京8、甲府5)、潰し合ったことと、双方ミスが多かった結果かと。

ファンとしては、前半のような動かないサッカーはもう見たくない。作戦を考え直して欲しいものです、切実に。
監督さん、良く考えてください。



東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 森重真人
DF 丸山祐市
DF 太田宏介
MF 萩洋次郎
MF 田邉草民
MF 永井謙佑 → 後半0分 MF 阿部拓馬
MF 大久保嘉人
MF 東 慶悟 → 後半25分 MF 中島翔哉
FW ピーター ウタカ → 後半37分 FW 前田遼一





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

柏 0−1 FC東京 ル杯グループステージ6節

残念ながら見ていません。

試合は、
後半27分、中島から徳永へパス、徳永がクロスを入れると、前田が頭で合わせてゴール。
この点が決勝点になって、1−0で東京が勝ちました。
この前の柏戦(→FC東京 1−2 柏 J1・11節)のお返しが出来たというところでしょうか。メンバーは多く違っていますが(両チームともリーグ戦から9人入れ替えてきた)。

試合は柏が押していたようですが、アウェーで東京が耐えて、前田の得点で勝ちを取った、というところでしょうか。

特筆すべきは、米本がフル出場したこと。ケガ明けで心配されるところですが、90分プレーできるところまで復帰したということですね。
期待したいところ、ファンとして心強い。

これで、東京はグループ2位。3位以内は確定しました。
現在1位の仙台は最終節はお休み。東京は仙台と勝点1差で2位なので、最終節(5月31日 アウェー・清水戦)で勝てば1位で通過します。引分けの場合、得失点差で東京が上回るので、1位通過します。
万が一、負けたときは、Bグループの2位又は3位とプレーオフ(ホーム、アウェーの2試合)に進むことになります。
是非、勝って欲しいですね。



東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 徳永悠平
DF 吉本一謙
DF 丸山祐市
DF 小川諒也
MF 梶山陽平 → 後半31分 MF 田邉草民
MF 米本拓司
MF 橋本拳人
MF 阿部拓馬
MF 中島翔哉 → 後半39分 DF 室屋 成
FW ピーター ウタカ → 後半29分 FW 前田遼一





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

神戸 1−1 FC東京 J1・12節 アウェーで勝点1

前半14分、大久保からのパスを前田がワンタッチで裏へボールを出し、抜け出た永井が飛び出してきた相手GKの上を越えるループシュート、決まって先制。

後半18分、東京の左サイドを突破され内側にパス、合わされて失点。1−1の同点に。

試合は双方とも点を取りに行きますが、決定機をものに出来ずに試合終了。
引き分けました。

前半から後半の途中までは東京のペースでしたが、失点してから流れが変わりました。
それまでは、パスをつながせてくれたのでチャンスを作れました。この時間帯に追加点が欲しかった。“点を取れるときに取らないとこういうことになる”という感じでしょうか。
前節の柏戦のときもそうでしたが、強いプレスをかけられて球の出だしをつぶされると厳しい。今節はロングボールの多用ということにはなりませんでしたが、前線でボールを収めても連動した厚みのある攻撃は見られませんでした。個人技での打開を試みるのは良いのですが、それだけでは厳しい。

前半の東京を見てシッカリと作戦を立ててきた神戸の監督の修正力が良かったと認めざるをえません。
残念。

一方で、東京に策はあったのでしょうか。
それに選手交代の意図が分からなかった。攻撃的な選手からDFに交代したのは、引分けで良しということだったのでしょうか?? 確かにアウェーですので、そういう考え方もあるでしょう。しかし、リーグの上位を狙うのなら、この一戦では勝点3を欲しいところだったはずです。少なくともファンの一人として私は、そう思っていました。
繰り返しますが、残念。

結局、GK林のグッドセーブに助けられ、試合後に「負けなくて良かった」と呟くことになった・・・。

東京は、7位ということになりました。なんとも見慣れた順位ですww。
良い選手は揃っているんだけれど、どういうことかしらね。


ところで、神戸の千真と秀人先生、元気そうでなにより。頑張ってね。


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 森重真人
DF 丸山祐市
DF 太田宏介
MF 田邉草民
MF 萩洋次郎
MF 永井謙佑 → 後半24分 MF 中島翔哉
MF 大久保嘉人
MF 東 慶悟 → 後半29分 DF 徳永悠平
FW 前田遼一 → 後半34分 FW ピーター ウタカ





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

FC東京 1−2 柏 J1・11節 作戦負け

170514 vs kashiwa.JPG

試合は、
前半33分、ドライブの掛かったロングシュートを打たれゴール隅に決められる。失点。

後半1分、スルーパスを出され、受けた相手FWと競り合うもこぼれ出たボールがゴールに転がり込んでしまう。失点。0−2に。
後半48分、丸山が後方左からエリア右にクロス、田邉が頭で合わせてゴールに。1−2。
1−2で試合終了。
負けました。

前半の決定機、太田のFK、前田の素晴らしいヘディングシュート、どちらかで先制していたら結果が違っていたかもしれません、タラレバですが・・・。相手のGKを褒めるべきでしょう。

東京は、失点してからバタバタになってしまった。パスはミスするし、動き出しも遅くなっていた。後半早々の失点、2点ビハインドになってからは、足が止まってました。ゲームを諦めたわけではないと思いますが、攻撃の手段が見出せなかったようにも見えました。

柏の中盤狙いのプレスに後手に回る展開になってしまった。
東京は中盤でパスを回せたときにチャンスを作れますが、そこを狙われましたね。もともとショートカウンターからの攻撃しか手札がないので、そこをつぶされ、後方からの立ち上げをせざるをえない展開は厳しい。結局、ロングパスが多くなってチャンスを作るのに苦労する羽目になってしまいました。

また、柏は、東京の中盤でのチェックが甘いところをついてきました。フリーでのロングシュートとフリーでのスルーパスからの2点だったと思います。

作戦負けですね。厳しい試合でした。
内容的な優劣は、点差よりもあったと思います。残念。

途中出場した草民が気をはいていたのが救いでした。得点もしました。次につながればよいですね。

さて、東京は根本的な修正というか、基本的なところからの建て直しをしないと、この後、厳しいシーズンになってしまいそうな気がしています。
メンバーは素晴らしく揃っています。このままでは、選手も納得できないでしょう。適切な判断を願いたいものです。

東京の順位は5位ですが、勝ち星は、6勝4敗1分だということも認識しなければ。

心配のあまり、余計なことを書きましたが、とにかく、がんばれ東京!



東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 徳永悠平
DF 森重真人
DF 丸山祐市
DF 太田宏介
MF 梶山陽平 → 後半16分 MF 田邉草民
MF 萩洋次郎
MF 河野広貴 → 後半11分 MF 中島翔哉
MF 大久保嘉人
MF 東 慶悟
FW 前田遼一 → 後半6分 FW ピーター ウタカ





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

FC東京 4−3 大宮 ル杯グループステージ5節 

残念ながら見ていません。味スタで観戦すべく準備までしていたのですが・・・行けませんでした。
7ゴールも見られた試合、ケガから復帰した米本がピッチに立ったところも見られたはずなのに、本当に残念。

試合は、
前半21分、GK大久保がファウル、PKを与えてしまう。失点、0−1。
前半25分、中島のCK、ウタカが頭で合わせて得点。1−1の同点に。
前半32分、CKから頭で合わされて失点、1−2に。
前半35分、ウタカのパスから阿部とDFが競り合い、DFのクリアボールがゴールに。オウンゴールで2−2、再び同点に。
前半39分、ウタカからのスルーパスを受けた阿部が走りこんできた中島にパス、フリーの中島が落ち着いてゴールを決める。3−2、逆転。
前半は、まさに打ち合いですね。

後半16分、中島のFK、ゴール正面に抜け出した森重がヘッドでシュート、追加点。4−2に。
後半47分、エリア内でハンドの判定を受け、PKを与えてしまう。決められて、4−3に。
4−3で試合終了、東京が勝ちました。

ゴールシーンは映像で見ました。
最初の失点の場面。大久保のファウルでPK、失点というのを見て、“またか”と思ってしまったのは私だけではないのでは? 前回(ル杯3節)のPK・レッドカードの判定は厳しいと思いましたが、今回のはレッドがでなくて良かったなぁと思えるくらいハッキリとしたファウルでした。
最後の失点、森重がハンドを取られたところは、ちょっと厳しすぎる気がします。これは不運でした。

東京は、3勝1敗、グループ2位になりました。
グループステージの残り2試合は、アウェーとなります。連勝して1位突破して欲しいですね。



東京のメンバー
GK 大久保択生
DF 柳 貴博
DF 森重真人
DF 吉本一謙
DF 室屋 成
MF 田邉草民
MF ユ インス → 後半36分 MF 久保建英
MF 永井謙佑 → 後半29分 MF 米本拓司
MF 阿部拓馬 → 後半44分 FW ネイサン バーンズ
MF 中島翔哉
FW ピーター ウタカ





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする