150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2020年03月23日

宮城まり子さんが死去

宮城まり子さんが死去 「ねむの木学園」設立の俳優
肢体の不自由な子どもたちの養護施設「ねむの木学園」を設立して園長を務め、「ガード下の靴みがき」などのヒット曲で知られる歌手で俳優の宮城まり子(本名本目真理子)さんが21日午前6時55分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。93歳。東京都出身。27日に関係者のみで学園葬を営む。
戦後、劇場などで本格的に歌い始め、1950年代に「東京やんちゃ娘」などがヒットした。
68年に私財を投じて静岡県浜岡町に「ねむの木学園」を設立し、園長に就任した。
自ら監督を務め、学園の様子を記録した映画「ねむの木の詩」(74年)は多くの共感を集めた。
2020.3.23 共同

宮城まり子さんが亡くなられたそうです。
ニュースを見て、「ねむの木学園」を題材にした映画『ねむの木の詩がきこえる』(監督・脚本:宮城まり子 1977年 95分 日本 エキプ・ド・シネマ=東宝東和)を思い出しました。

荻昌弘さん(1925-1988年 映画評論家)の話を聞く機会があって、この映画の存在を知り観ました。
観た当時、ストーリーの組み立てや映像処理など感じるところがあって印象に残っています。
ハレーション気味の映像は「明るい希望」を表しているのだろうと感じて、理屈っぽいことを言っていた記憶があります(生意気な子供だったのです)。振り返って冷や汗が出てきますww。

もちろん、宮城まり子さんの決断、行動力に敬意をもったことは言うまでもありません。

ご冥福をお祈りします。




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by MOTO at 12:46| Comment(0) | 独り言・2019〜20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

新国立競技場完成

191218 新国立競技場.jpg
新国立競技場の竣工式が15日に行われたそうです。工事費は約1569億円、凄いですね。
出来上がって良かったですね・・・でも、私の感想として素直に言ってしまうと「不細工な建物だなぁ」「カッコ悪い」。
世の中の空気からすると、こんなことを書くと叱られそうですが、本当にこういう言葉が口から出てしまったww。

浅薄な私ですので、ご容赦いただきたい。

設計案が紆余曲折した上で決定したこともあって、このブログでも取り上げていました。
その時には、
『・・・観客席は3層になっています。経験上(サッカー観戦したときという意味ですw)、座席曲線の取り方で、見え難いか、怖いかのどちらかになりがちなんですよね。
さらには、(これも私の目から見ると、ということですが)東京の環境を考えるに、夏は暑く、冬は極寒のスタジアムになりそうな気がします。特に観客席は。
それ以外にも部材の多さとか、メンテナンスのこととか、雨仕舞い(雨漏りしそうw)とか、言いたいことが多々あるのですが・・・』
と書きましたが、これらが間違っていると良いですね。多分大丈夫でしょう。

<前に書いた関連エントリー>
 2014年05月29日  新国立競技場 基本設計が決まったそうで
 2015年05月20日  新国立競技場 計画見直し
 2015年07月17日  新国立競技場 計画を白紙、ゼロベースで見直し
 2015年12月14日  新国立競技場 2案を公表
 2015年12月22日  新国立競技場 大成建設・梓設計・隈研吾チームの案に決まる

ネガティブなことを書きましたが、私たち国民のスタジアムです、素晴らしい発展を願っています。
竣工、おめでとうございます。


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




posted by MOTO at 13:42| Comment(0) | 独り言・2019〜20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

パスポートのランキング ビザなし渡航が出来る国数

080123 visa.jpg
(画像はエジプトのビザ。2008年に行った時にカイロの空港で取りました。)

ビザなしで渡航ができる国が多いのは、どこパスポートなのか。そのランキングを紹介した記事を見ました。(→「Henley Index: Japan and Singapore top 2019 list of world's most powerful passports」2019.10.1 CNN・英文です)
イギリスのコンサルタント会社、ヘンリー・アンド・パートナーズ(Henley & Partners)という会社の調査らしいです。(→ Henley passport Index 2019

記事によると、日本とシンガポールが190ヶ国で1位、次いで188ヶ国のフィンランド、ドイツ、韓国となっています。
なんと日本がランキング1位です。(本当かしら??)

<パスポート ランキング> (ビザなし渡航ができる国の数)
1 日本 シンガポール  ー 190
2 フィンランド ドイツ 韓国  − 188
3 デンマーク イタリア ルクセンブルク  − 187
4 フランス スペイン スウェーデン  − 186
5 オーストリア オランダ ポルトガル  − 185
6 ベルギー カナダ ギリシャ アイルランド ノルウェー イギリス アメリカ スイス  − 184
7 マルタ チェコ  − 183
8 ニュージーランド  − 182
9 オーストラリア リトアニア スロバキア  − 181
10 ハンガリー アイスランド ラトビア スロベニア  − 180
   ・・・・・・・・・・・・・・・
100 北朝鮮 レバノン  − 39
101 ネパール  − 38
102 スーダン パレスチナ自治区 リビア  − 37
103 イエメン  − 33
104 パキスタン ソマリア  − 31
105 シリア  − 29
106 イラク  − 27
107 アフガニスタン  − 25

最下位はアフガニスタンということです。国情が不安定な国が下位になっていますね。
ちなみに、国際航空輸送局(IATA)のデータに基づいて作成されているそうで、199のパスポートをランキング化したものです。渡航先は227の国と地域を対象としています。

以前に「ビザ免除の国・2015.5.13」というのを書きましたが、そのときに日本のパスポートでビザなしで行ける国を数えたら113でした。これは全く事前手続きをしなくても良いところを数えたのでアメリカなどは数に入れていません。
この記事だと、カウントに仕方が違うのだと思いますが190ということになっています。227の内の190です。凄いですね。日本のパスポートは最強だと言いますが、本当にそうなのかもしれませんw。





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ラベル:ビザ 旅行
posted by MOTO at 18:07| Comment(0) | 独り言・2019〜20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする