150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2017年09月17日

FC東京 1−0 仙台 J1・26節 新監督の初陣を飾る

170916 vs sendai.JPG

今季の当初から・・・前監督の留任から今までのこと、フロントのことも含めて色々と思うことはあるのですがここでは書きません。悪口は書きたくないものですからw(ハッキリ言って、呆れましたよ・・・・・・)。

ということで、安間貴義コーチが監督になっての初めての試合です。

試合は、
後半22分、CKからニアに入ったチャンヒョンスが頭で合わせて先制。
この点が決勝点になって、1−0で勝ちました。

前半は、仙台が様子見をしていたこともあって、互いに攻め手に欠く展開。
後半も仙台が上手く守っていて、チャンスが作れない。
仙台の決定機は数度ありましたが、決定力不足に助けられました。
結局、セットプレー(CK)で点が取れて、勝つことが出来ました。今日の出来では、セットプレー以外での得点は厳しかったでしょうね。

監督交代しても何も変わっていないと見た方もいるかもしれませんが、私は「変わったな」というのが感想です。
考えるに、そもそも3バックにするのは中盤を厚くするための方策だと思っています。今までは5バックになっていて、中盤がスカスカでした。これでは意味がない。
この試合では、中盤が厚くなるようにポジション取りをしていて、サイドのケアもそれなりに出来ていました。守備は良くなったと言えると思います。
攻撃時もパスをつなごうと意図しているところが見えた。ただし、失点しなかったのが不思議なくらいパスカットされてましたが。とにかく、パスが雑でした。

仙台は勝てた試合を落としたと思っているでしょうね。


とにかく、勝ったことは喜ばしいことです。
素直に嬉しいです。

それに、今までのサッカーから変化させていこうという姿勢も見えた。私としては、これが一番嬉しいことです。
応援していく糧が出来た思い。
選手は揃っています。まっとうな作戦で戦えば悪い結果は出にくいはずです。
来季に向けてチームを立て直して欲しいですね。



東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 徳永悠平
DF チャン ヒョンス
DF 丸山祐市
MF 柳 貴博
MF 橋本拳人
MF 萩洋次郎
MF 太田宏介
FW 東 慶悟 → 後半38分 MF 7 米本 拓司
FW 永井謙佑 → 後半21分 FW ピーター ウタカ
FW 大久保嘉人





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 01:09| Comment(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

FC東京 1−4 C大阪 J1・25節 惨敗

170909 vs c ousaka.JPG

前半11分、GKに捕球させようとしたが連係ミス、ボールを取られて無人のゴールへ押し込まれる。失点。
前半44分、スカスカの中盤からフリーでクロスを入れられ、合わされて失点。0−2に。

後半26分、高萩からパスを受けたウタカがゴール右隅にコントロールされたシュート、ボールはポストに当たりながらもゴールに。1点を返す、1−2。
後半34分、カウンターを受けエリア内まで持ち込まれる。そこで、不用意に足をかけて倒してファウル、PKに。決められて失点。1−3に。
後半40分、CKからニアで合わされて失点。1−4に。
1−4で負けました。

最初の失点とPKの場面は、完全にミス。防ぐことの出来るミスでした。
ミスだけではなく、内容的にも機能不全を起こしていて全く見るものがなかった。

ハッキリ言いましょう。
すごく、つまらないサッカーを見せられました。
あまりの不甲斐ない試合、ガックリきました。

前半の途中までは、サイドバックがボールの位置を見ながらポジションを上下させていましたが、次第に5バックの形に。
中盤はスカスカで相手のフリーエリアに。
DFラインは引っ張り出されたり、自ら攻撃に参加してしまい、カウンターを受けたときに対応が出来ない。

攻撃も、縦パスから組み立てていくことを相手に読まれているのでパスカットされる。パスコースを絞られてボールロスト。
ロングボールをFWに出して、後は一人で何とかしてくれでは、上手くいくわけがない。

とにかく、酷かった。
私はシーズン当初から作戦の立て方に疑問を持ってしまっていましたが、試合を重ねるごとに顕在化してきていると思えます。

J2に降格したシーズンは結果が出なくて苦労をしてましたが、あの時でさえ、ここまで内容が悪くなかったと思います。

繰り返しますが、とにかく、
東京のサッカーが
つまらない
です。

好きなチームですので、なんとか応援していきたいのですが、
つまらな過ぎて難しくなってきました。
どうしましょう?? どうすれば良いのかしら。


今回は、あまりの落胆にいつもは書かないような言葉を使ってしまいました。ちょっとだけ、反省します。
次回は、冷静になりますねw。


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 徳永悠平
DF 吉本一謙
DF 丸山祐市
MF 萩洋次郎
MF 柳 貴博
MF 橋本拳人
MF 東 慶悟 → 後半11分 FW ピーター ウタカ
MF 小川諒也 → 後半11分 DF 太田宏介
FW 大久保嘉人
FW 永井謙佑 → 後半37分 FW 前田遼一





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 01:22| Comment(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

FC東京 1-5 川崎 ル杯準々決勝・2戦 完敗

試合経過は書きません。
ちょっと、ショックでした、この試合。
頭の整理がつかないので、今回は簡単に。

とにかく、完敗でした。
こういう負け方は、2007年(30節)に0−7で負けたときを彷彿とさせます。

パスワークの優れたチームに中盤で自由にさせるとどうなるかを見させていただいた感あり。

今後が心配になる試合でしたね。





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 22:09| Comment(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

ワールドカップ 日本代表出場決定!

170901 japan vs australia.jpg

ワールドカップ アジア最終予選 (Round 3 - Group B 9節)
   日本 2-0 オーストラリア
得点: 浅野拓磨(前半41分)  井手口陽介(後半37分)
主審: FAGHANI Alireza (イラン)


日本代表が6大会連続ワールドカップ出場を勝ち取りました。

 祝!

残すところ2試合というところまで出場を決められなかったので心配していたんです。
残りの2試合の相手がオーストラリアとサウジアラビアでしたので、内心ヒヤヒヤしてましたw。

2−0でオーストラリアに快勝。
良かったですね。

攻撃陣の5人が驚くほど走ってました。勝因はこの運動量だったのではと思っております。

ひとつだけ・・・パス回しをしてくるオーストラリアって、怖くなかったですね・・・。






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 15:17| Comment(0) | サッカー全般・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

横浜FM 1−0 FC東京 J1・24節 連敗

試合は、
後半38分、エリア深いところからクロスを上げられ、頭で合わされて失点。
1−0で負けました。

前半、後半と通してせめぎ合い、双方ともチャンスをものに出来ない展開。
結局、終盤にサイドを崩されての失点で負けることになりました。

東京の5バックがどうこうと書くのも疲れましたので書きませんがw、パス回しでの崩され方を見るに1失点だけですんで良かったとの見かたもあるかもしれません。

東京も、GKと1対1の場面を作ったり、ポストに当たるシュートもあったりと決定機を作っていました。しかし、シュートが枠に行かなければ点にはなりませんよね・・・残念ながら。(1対1の場面では決めて欲しかった、高萩、次は決めてくれ!)

ただ、相変わらず薄い攻撃ではありますが、この試合では面白い組立てがあり、工夫のあとも見られました。良くなりつつあるのでは。
がんばれ!

あと、両サイドを柳と小川に変えていましたが、この2選手、とても良かったと思います。守備が安定していました。試合展開の関係で攻めあがる場面は限定されてしましたが、ただ単に前線サイドに張り付くこともなくうまく動いていたように見えました。期待して良いのではと思います。


東京は現在10位、1位との勝点差が19。ACL圏内の3位とは13。
一方で、降格圏の16位とは13。
メンバー的には、こういう位置にいるチームではないはず・・・。そんなことを言っても仕方ないので、すくなくとも残留を早く決めて欲しいと応援していきましょうか。


以上、なるべく良かったところを書こうと意識していたのですが、読み返すと、そうでもないことになっている・・・自分にもガッカリかな?


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 徳永悠平
DF チャン ヒョンス
DF 丸山祐市
MF 萩洋次郎
MF 柳 貴博
MF 橋本拳人 → 後半43分 FW ピーター ウタカ
MF 米本拓司 → 後半35分 FW 中島翔哉
MF 小川諒也
FW 前田遼一 → 後半26分 FW 永井謙佑
FW 大久保嘉人






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 17:40| Comment(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

浦和 2−1 FC東京 J1・23節 また浦和に負けた・・・

前半17分、右サイドからアーリークロスを入れられ、ボールを落とされてシュート、ゴールに。失点。
前半22分、大久保からのエリア右へのパスを走り込んだ室屋が折り返してファーに詰めていた橋本がゴールに押し込む。同点。
前半30分、中央をワンツーで突破され、パスをつながれてエリア手前でシュートを打たれる。ゴールを決められ失点。1−2に。
後半は互いにチャンスを作るも得点に出来ず、1−2のまま試合終了。

東京が負けました。
また、浦和に負けました。

浦和に東京の薄い中盤のスペースを使われました。
サイド、中央とパスを回され、対応が遅れる場面が多々ありました。
米本と橋本にスペースを埋める仕事を任せているのでしょうが、範囲が広すぎて無理がある。そこをつかれましたね。作戦負けです。

東京の得点は、室屋のがんばりで取りました。しかし、後半にケガで室屋が交代してからは手がなくなりました。
こういう個人技頼りの組立ては、脆いですね。

後半にバー、ポストを叩いたシュートがありました。決まっていれば違う結果になっていましたが、内容を考えると残念ながら負けは仕方ないかと。

悔しいですね。


東京のメンバー
GK 大久保択生
DF 徳永悠平
DF チャン ヒョンス
DF 丸山祐市
MF 萩洋次郎
MF 室屋 成 → 後半6分 FW 永井謙佑
MF 橋本拳人
MF 米本拓司 → 後半17分 FW 中島翔哉
MF 太田宏介
FW 前田遼一 → 後半0分 FW ピーター ウタカ
FW 大久保嘉人






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 01:48| Comment(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする