150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2018年06月23日

ロシア・ワールドカップ グループステージ9日目

<グループD>
  ナイジェリア 2 - 0 アイスランド
<グループE>
  ブラジル 2 - 0 コスタリカ
  セルビア 1 - 2 スイス


180623 Wcup nigeria iceland.jpg

ナイジェリアvsアイスランド。
両チームとも非常に集中した守備をしてました。
決定機はほとんどなく、ゴールが遠い。
後半、サイドを使ってきたナイジェリアにチャンスがきます。カウンターから先制、同じくスピードを活かした突破から追加点を取ります。
アイスランドはPKの失敗もあって無得点で終わりました。
2−0でナイジェリアが勝ちました。

ナイジェリアはスピードを活かしたカウンターに迫力がありました。また、体が強い上に組織的な守備が効いていました。

アイスランドは攻撃の形を作るのに苦労してました。カウンターを仕掛けたいのですが相手の守備が堅かった。


180623 Wcup brazil costarica.jpg

ブラジルvsコスタリカ。
コスタリカは5バック、1トップの陣形。守備的なプラン。ブラジルはタレントが揃っているので攻撃が苛烈です。その対抗措置でしょうね。
試合は攻めるブラジル、守るコスタリカという展開。
コスタリカが良く守って前半は0−0で終了。

後半もコスタリカが良く守って点が動きません。
試合が動いたのはアディショナルタイムに入ってから。ブラジルがエリア内でボールをつないで得点しました。その後にも追加点を取りました。
2−0でブラジルが勝ちました。

いやはや、ブラジルの雨あられのシュートをブロックし、GKが良く防いで点を与えない時間帯が続き、このまま引分けかと思われたのですが、ブラジルがなんとか点を取りました。
コスタリカは、流石に守備一辺倒ではスタミナが続きませんでした。失点の場面は集中が切れましたね。コスタリカはグループ敗退が決まりました。


180623 Wcup serbia switzerland.jpg

セルビアvsスイスは見ていません。
試合開始早々にセルビアがサイドからのクロスを頭で合わせて先制。
後半、スイスがミドルシュートを決めて同点。
終了間際に縦パスを通す速攻から得点、逆転しました。
1−2でスイスが勝ちました。
録画で見ましたが、スイスの同点弾は目が覚めるようなシュートでした。素晴らしい。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









posted by MOTO at 05:08| Comment(0) | サッカー全般・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

ロシア・ワールドカップ グループステージ8日目

<グループC>
   デンマーク 1 - 1 オーストラリア
   フランス 1 - 0 ペルー
<グループD>
   アルゼンチン 0 - 3 クロアチア


180622 Wcup denmark australia.jpg

デンマークvsオーストラリア。
早い時間帯にデンマークが先制。
その後、激しい攻め合いになりました。
オーストラリアがPKを決めて1−1の同点に。

後半は打ち合いになります。
勝点3が欲しい両チーム、人数をかけて攻め合い、両チームともチャンスを作りますが得点にはなりません。最後のところで良く守っていたということでもあります。
1−1のまま試合終了。引分けです。

本当によく攻め合いました。
終盤は消耗戦の様相になりましたが、前がかりにいく姿勢は変わらず面白い試合でした。


180622 Wcup france peru.jpg

フランスvsペルー。
試合開始当初はペルーが攻勢に出てますが、次第にフランスのスピードのある攻撃に押され始め、フランスが先制点を取ります。
ペルーは反撃したいところですが、フランスの速いカウンターが厳しく上手くいきません。

後半、フランスは守ってカウンターという作戦に。
ペルーは攻め込めますがシュートまで持っていけても決められないまま試合が進みます。
試合は1−0で試合終了。フランスが勝ちました。

後半のフランスは守備的な作戦をとおていましたが、ペルーは組織的で上手い選手が多いので良い作戦とはいえなかったと思います。守備陣が苦しそうでした。
ペルーが厳しい試合になってしまった要因はFWが機能していなかったことでしょう。

これでグループCは、フランスの決勝トーナメント進出が決まりました。ペルーは敗退が決定。


180622 Wcup argentina croatia.jpg

アルゼンチンvsクロアチア。
序盤から球際が厳しい激しい攻防が続いて、ファウルの多い試合となっていました。
それでも双方決定機を作りますが決められない。
0−0で前半が終わります。

後半、アルゼンチンのGKがバックパスの処理をミス、クロアチアはそのボールをゴールに叩き込みました。
その後も、クロアチアのハードワークは続きます。
アルゼンチンはメッシを中心にゴールに迫りますが点が取れません。
クロアチアのモドリッチが見事なミドルシュートを決めて追加点、さらにカウンターから3点目を取りました。
0−3、クロアチアが勝ちました。

両チームともタレント揃い、高いレベルの技術を見せていました。
クロアチアが気迫で勝っていたと言うことでしょうか、勢いがありました。
アルゼンチンは、2点目を取られてからはラフプレーが目立つようになります。これでは勝てません。らしいといえば、らしいのですがww。

この試合も中盤が勝敗を決めたように見えました。モドリッチとラキッチは素晴らしかった。

クロアチアは決勝トーナメント進出を決めました。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









posted by MOTO at 05:22| Comment(0) | サッカー全般・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

ロシア・ワールドカップ グループステージ7日目

<グループA>
  ウルグアイ 1 - 0 サウジアラビア
<グループB>
  ポルトガル 1 - 0 モロッコ
  イラン 0 - 1 スペイン


180621 Wcup uruguay saudi.jpg

ウルグアイvsサウジアラビア。
ウルグアイがボールを保持して試合を支配、前半にスアレスが得点します。その後は堅く守って失点しないように堅実な試合運びとなりました。
サウジアラビアは先制されてからさらに厳しい展開に。なかなかシュートまで持っていけないまま試合が進みます。

後半もウルグアイが圧倒。チャンスを作っていきますが得点には至らず。
サウジアラビアは終盤にスタミナ切れ、得点が遠かったですねた。
ウルグアイが1−0で勝ちました。

サウジアラビアはプランがハッキリしていなかったのではないでしょうか、強豪相手では辛い試合になるのは仕方ないかと思えます。

この結果、グループAは開催国のロシアとウルグアイが決勝トーナメント進出を決めました。


180621 Wcup portugal morocco.jpg

ポルトガルvsモロッコ見ていません。
試合開始早々にロナウドがヘッドで得点。
モロッコは点を取りに行きますが、ポルトガルの壁は崩せなかったようです。
ポルトガルが勝ちました。


180621 Wcup iran spain.jpg

イランvsスペイン。
試合当初からスペインがパスを回してポゼッションで圧倒します。
イランは守備を固めて耐えます。
前半は0−0で終了。

後半、スペインが開いてディフェンスを崩して点を取ります。細かいパス回しからの攻撃でした。
イランは点を取りに行きたいところでしたがゴールは遠かった。
0−1でスペインが勝ちました。

イランは苦しみながらも何度か決定機を作っていましたが決め切れなかったですね。私的には応援していたので残念です。
スペインは、イランが良く守っていたこともありますが、1点しか取れなかったのは圧倒していたことを考えると決定力に問題があるかもしれません。
でも、スペインのサッカーは見ていて楽しいですね。
核となって組み立てていたイニエスタが凄くて、「なんでバルセロナを退団したのだろう」と思わせるパフォーマンスを見せてました。(神戸に来るのかぁ・・・楽しみだw)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









posted by MOTO at 05:55| Comment(0) | サッカー全般・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

ロシア・ワールドカップ グループステージ6日目

<グループH>
   コロンビア 1 - 2 日本
   ポーランド 1 - 2 セネガル
<グループA>
   ロシア 3 - 1 エジプト


180620 Wcup colombia japan.jpg

コロンビアvs日本。
試合開始早々に日本のチャンス。GKとの1対1の場面になるも大迫が決められず、弾いたボールを香川がシュート、相手DFの当たりゴールにはなりませんでした。しかし、DFの腕にボールが当たっていてファウルに。PKで日本が先制します。
ファウルをした相手DFは、得点となるシュートをハンドで妨害したということでレッドカード、退場になりました。
日本は思わぬ展開で1点リード、しかも相手が1人少ない状態になりました。
優勢に進めたいところでしたが、相手はコロンビア、テクニックのある選手が揃っています。
それに日本のディフェンスが不安定、良くありませんでした。乾の守備が穴になっていて、ボランチがカバーせざるをえない、よってセンターにスペースができていました。
前半終了近くに嫌な位置でファウルを取られFK。直接決められて同点にされます。

後半、コロンビアは1人少ないということもあるのでしょうか、引いて守ってカウンター狙い。
日本はゆっくりとパスを回しながらチャンスを伺います。
日本が主導権を握る中、追加点を取ります。
CKから大迫がヘッドで決めました。素晴らしい。
スコアが1−2、日本が勝ちました。

180620 Wcup colombia japan 1.jpg

180620 Wcup colombia japan 2.jpg

この試合、早い時間帯での先制とコロンビアがレッドカードを受け1人少なくなったことが非常に大きかったと思います。ハンデをもらったようなものですね。
ラッキーだったとは言いません。大迫と香川のナイスプレーでした。

私、以前に「勝点1を取れるか否かというところだと思います」などと書きました(→『もうすぐ ロシア・ワールドカップ 予想らしきものを』)。ごめんなさい。
サッカーって分からないものですねw。


180620 Wcup poland senegal.jpg

ポーランドvsセネガル。
セネガルがシュート、相手DFに当たってコースが変わりゴールに。オウンゴールの判定。
ポーランドのエース、レバントフスキをセネガルが徹底マーク、仕事をさせません。
前半は0−1、セネガルのリードで終了。

ケガで外に出ていたセネガルの選手が入ったところにポーランドが緩慢なバックパスを出してしまった。ボールを取って無人のゴールに流し込んで2点目。
ポーランドがFKから頭で合わせて得点しますが、反撃もここまで、1−2でセネガルが勝ちました。

セネガルの速いサイド攻撃が目を引きました。あと、レバントフスキを自由にプレーさせない作戦も有効でした。


180620 Wcup rossia egypt.jpg

ロシアvsエジプトはほとんど見ていません(寝落ちしましたww)。
2チームとも運動量の多い気合の入ったパフォーマンスを見せます。
崩しあいますが、双方よく守って、前半は0−0で終了。

ロシアが後半開始から後半12分までに3得点しました。
エジプトの後半の入りが良くなかったのか、1点目のオウンゴールで混乱したのか?
エジプトはPKで1点返しますがそこまで、3−1でロシアが勝ちました。

やっぱり、開催国というのは有利なんですね。全試合がホームゲームな訳ですから。
観客が後押ししてました。

エジプトのサラーは上手いしスピードもある良い選手ですね。怪我が無ければ、もっと凄いのでしょう。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









posted by MOTO at 05:05| Comment(0) | サッカー全般・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

ロシア・ワールドカップ グループステージ5日目

<グループF>
   スウェーデン 1 - 0 韓

<グループG>
   ベルギー 3 - 0 パナマ
   チュニジア 1 - 2 イングランド


160619 Wcup sweden southkoria.jpg

スウェーデンvs韓国。
互いに堅い試合をしていました。
守備的でロングボールを蹴り合う展開。点が入らないまま0−0で前半は終わります。
前半は失点しなければ良いということだったのでしょう。

後半が始まるとスウェーデンが人数をかけて点を取りに行きます。韓国は焦ったのかエリア内でファウル、PK。
スウェーデンは先制すると、その後は堅く守って1−0で終了。
スウェーデンのプランとおりの試合だったと思います。


180619 Wcup belgium panama.jpg

ベルギーvsパナマ。
ベルギーが主導権を握りますが攻めきれません。ベルギーの中心選手のアザール、ルカクが機能してなかったですね。
パナマは良く守って0−0で前半終了。

後半、ベルギーが攻勢に出ます。早い時間に先制をすると、さらに2点取って3−0に。
ギアチェンジしたようなベルギーにパナマはファウルで止めるしか手がなく、一方的な展開になりました。
前半に眠っていたアザール、ルカクが大活躍でした。(ルカクは2得点)
タレントが揃っているベルギーは、前評判のとおりに強かった。


180619 Wcup tunisia england.jpg

チュニジアvsイングランド。
試合開始からイングランドが攻勢に出てチュニジアが苦しい展開になります。
イングランドがCKから先制。
このままイングランドペースで進むように見えマシたが、イングランドのDFがエリア内で相手選手の頭部に腕を当ててPK。不用意な反則で1−1の同点になります。

後半はイングランドが攻勢に出て、ほぼピッチの半分、チュニジアサイドでのプレイが続きました。
チュニジアが良く守って同点のまま進み、このまま終了かと思われた終盤。CKからイングランドが決勝点を挙げ、1−2でイングランドが勝ちました。

守備に徹していたチュニジアですが、攻め手がないと、相手に押し込まれ続けますよね。
イングランドは辛勝。苦しい試合になりました。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









posted by MOTO at 05:08| Comment(0) | サッカー全般・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

ロシア・ワールドカップ グループステージ4日目

<グループE>
   コスタリカ 0 - 1 セルビア
   ブラジル 1 - 1 スイス
<グループF>
   ドイツ 0 - 1 メキシコ


180618 Wcup costarica serbia.jpg

コスタリカvsセルビア。
セルビアが堅い守りからカウンターを狙う作戦。
コスタリカは堅い守りを崩しきれない。
前半はせめぎ合い、0−0で終了します。

後半の早い時間帯にセルビアがFKを直接入れて先制。
この後、点を取りに行きたいコスタリカをセルビアががっちり守ってカウンターを狙う展開に。
双方、チャンスを作りますが点に至らず、0−1で終了。
セルビアが勝ちました。

作戦がハッキリしていたセルビアが主導権を握ってました。
ある意味、攻め手にバリエーションが足りなかったコスタリカには厳しい試合になりました。

それにしても、この試合、荒れそうになっていました。闘志があるのは良いのですが、方向を違えてはいけませんね。


180618 Wcup brazil switzerland.jpg

ブラジルvsスイスは見ていません。
強豪同士の対戦。
引き分けました。
ブラジルが先制するもペースを握りきれずに、スイスに追いつかれた展開だったらしいです。


180618 Wcup germany maxico.jpg

ドイツvsメキシコ。
試合開始当初は、ドイツがとばしてゲームの週同権を取ろうとしていました。しかし、途中から慎重な試合運びにチェンジします。
そこからメキシコが攻勢に出ます。
球際に強く行って、カウンターを仕掛けます。
ドイツのプランが上手くいっていない時間帯が続いていたときに、メキシコのカウンターが決まって先制します。

後半、ドイツは高い位置からボールを取りに行きます。
ドイツの大攻勢にメキシコは耐える時間帯が続きますが、点は入りません。
結局、ドイツは点を奪うことなく試合終了。
0−1、メキシコが勝ちました。

前半は、双方、ミドルシュートを打っていたのですが、ドイツは枠の中に打っているのに対して、メキシコのシュートは怖くありませんでした。
ところが、カウンター1本で勝敗がついてしまった。こういうことがあるからサッカーは面白いですね。

優勝候補のドイツが初戦で負けました。今後の展開が気になります。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









posted by MOTO at 05:18| Comment(0) | サッカー全般・2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする