150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2017年04月24日

遊佐未森 cafe mimo Vol.17 〜春爛漫茶会〜

170423 cafe mimo 17.jpg

行ってきました、“ cafe mimo ”
今年は6公演ありますが、私が参加したのは23日、草月ホールの2日目。ゲストはギタリストの弓木英梨乃さんでした。

癒されました。それに今回は、なんだか少しエッジがきいていた気もします。それも楽しい。

ゲストの弓木さんが素晴らしくて、遊佐さんの曲をギターで面白くアレンジしていました。
トークが自由で微笑ましかったw。ギターを弾いているときと、話しているときのギャップが・・・ww。初めて拝見しましたが、良いアーティストに出会えました。

この後に、Fan Meeting も開催されたのですが、事情があり参加出来なかった・・・後ろ髪をひかれる思いで会場を後にしました。

遊佐さんはデビュー29年ですね。来年は30周年。何かイベントがあるのかな。期待しましょう。

毎年、この時期に cafe mimo に参加して、「ファンをやっていて良かった」と楽しい気持ちになります。
来年も、是非にも。


遊佐未森 cafe mimo Vol.17 〜春爛漫茶会〜
  ヴォーカル・ピアノ   遊佐未森
  パーカッション      楠均
  ギター          影山敏彦 from tico moon
  ハープ          吉野友加 from tico moon
  ゲスト          弓木英梨乃 from KIRINJI
  会 場   草月ホール (2015年4月23日)



<あてにならない セットリスト> 

(cafe mimo vol.17@草月ホール 4.23)
 1 ミラクル
 2 さよなら東京
 3 恋かしら
 4 風の庭
 5 midsummer song
 6 水玉
 7 花は咲く
 8 One More Colour (カバー曲:Jane Siberry)
 9 オレンジ (ゲスト:弓木英梨乃)
 10 まばたき (ゲスト:弓木英梨乃)
 11 あの娘のバースデー (ゲスト:弓木英梨乃 KIRINJIの楽曲)
 12 小さな桟橋 (ゲスト:弓木英梨乃)
 13 風の吹く丘
 14 一粒の予感
 15 東京タワー
 EN1 桜、君想う







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

新潟 0−3 FC東京 J1・8節 

前半28分、大久保がファウルを受けて、エリア手前の左でFK。太田がゴール左上に決める。先制。
後半24分、太田が左サイド深くに進入してグラウンダーのクロスを入れ、ゴール前に走りこんだ橋本が冷静にこめて追加点。2−0に。
後半37分、大久保がエリア内にボールを運ぼうとしたところでファウルを受ける。エリア内との判定でPKに。大久保が決めて追加点。3−0。
3−0で試合終了。
東京が勝ちました。

前半から新潟の強いプレスに悩まされました。セカンドボールもほとんど取れず、苦しい展開でした。
FKで先制できたのが大きかった。このFKが最初のシュートでした。それまでシュートさえ打てていなかった。
後半も決して良い展開ではなく、相変わらずFWは孤立、ロングボールを多用する展開に点の臭いは全くありませんでした。2点目を取ったところは、それまでに見せなかったパスをつないでサイドを崩しての得点でした。やれば出来るのではないかww。
3点目のPK、ちょっと新潟には気の毒な判定に見えました。

新潟がフィニッシュでミスしてくれていたので助かった感あり。
東京のシュート数は6、内容的には3点差がつくような試合ではなかった。

とにかく、3連敗は阻止、やっと勝てた感じです。

守備は良くなってきましたが、攻撃は心配な状態から脱していませんね。相変わらず厚みがない。
ロングボールが多くて、FWが孤立しがち。放り込みサッカーがしたいのでしょうか? DFとFWで試合をしているようで面白くないです。
初戦の鹿島には勝てましたが、G大阪、浦和には勝てませんでした。今の状況では強いチームには厳しいでしょうね。
なんとか、修正して立て直して欲しいものです。


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 徳永悠平
DF 森重真人
DF 丸山祐市
DF 太田宏介
MF 橋本拳人
MF 梶山陽平 → 後半11分 MF 萩洋次郎
MF 河野広貴 → 後半13分 MF 永井謙佑
MF 大久保嘉人
MF 東 慶悟
FW 前田遼一 → 後半47分 MF 阿部拓馬





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

FC東京 0−1 浦和 J1・7節 

170416 vs urawa.JPG

悔しすぎて、考えがうまくまとまりません。書きたいことが多くあるのですが、頭がカッカしているので、思いついたことだけ書いておきます。

170416 vs urawa w.JPG
観客者数は、38,248人。浦和の方々が大勢来てくれました。

前半14分、スルーパスを入れられゴールに流し込まれる。失点。
結局、このまま点数は動かずに、0−1で負けました。

試合開始早々に、ボール奪取からGKと1対1の場面を作りましたが、阿部のシュートがGKに止められてしまった。これが痛かったですね。ここで先制していれば、今日の浦和の出来から考えるに違う結果になっていただろうに・・・タラレバはやめましょうw。
そして、失点した場面。スルーパスを入れたれたところですが、バイタルに運ばれたところで誰もつかなかった。あのようにフリーで運ばれ、ノンプレッシャーでパスを出されたら決定機を作られます。中盤の守備はどうなっていたのか??

東京は、前節の惨敗からみれば良くなったとは思います。DFラインの守備は悪くなった。
前線からのプレス、積極的な守備も見せていました。
ただ、ボールを奪ってからショートカウンターを仕掛けられたかというと、なかなか厳しかった。
結局、縦に長いパスを出すか、狭いところで回していて、機能的なゴールに結びつく攻撃にならなかった。工夫が足りない、基本的に作戦ミスだったのではないでしょうか。
プレスをかけまくっているFWに少ないチャンスでシュートを決めろというのは苛酷なことなのかもしれません。
それと、1点ビハインドで、またDFを投入しました。意味が分からない。

浦和はACLもあって連戦中。アウェーでの現実的な戦い方をしていました。その意味では、浦和のプランどおりだったのでしょう。

試合後の監督インタビューで「ポジティブに考えていきたい」と言ったそうです。
そうなのでしょうか??
攻撃の厚みがないことをみても、そんな評価を自身に与えるべきではないと思うのですが。


しかし、浦和に勝てないな・・・・・・悔しい。


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 徳永悠平 → 後半39分 DF 太田宏介
DF 森重真人
DF 丸山祐市
DF 室屋 成
MF 梶山 陽平
MF 橋本拳人
MF 永井謙佑 → 後半18分 MF 中島翔哉
MF 東 慶悟
MF 阿部拓馬 → 後半35分 FW ユ インス
FW 前田遼一






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

核攻撃を受けたら

なんとなく、西の方がきな臭くなってきました。
万が一のときを考えて、有事のときの心得をメモしておきます。杞憂だと思いますが。

核攻撃に際して、避難場所は、
1 屋外より屋内
2 屋内でも木造よりコンクリート造
3 屋内でも地上より地下

現実的にはシェルターなどは望めないので、地下鉄などの地下施設に避難する。
近くに地下施設が無ければ堅固な建物に逃げる。木造であっても屋外にいるよりも避難効果は大きい。屋外にいるのは絶対に避ける。

第一に爆風、熱線から逃れることを考える。そして、放射線からの被害を防ぐこと。
そのために屋内にいても、開口部(窓、出入口など)は塞いで、部屋奥へ。体勢は低く。

避難場所(地下施設が適当)に一定期間経過後、放射線の影響を受けない安全な地域に避難する。(49時間退避することにより放射線量が当初の数値から1/100に減衰)
安定ヨウ素剤を適量服用することも有効。

放射性降下物からの放射線被害を受けないように風下を避けて逃げる。
避難にあたっては皮膚の露出を極力抑え、手袋、帽子、ゴーグル、雨ガッパ等を着用。マスクやハンカチ、タオル等で口と鼻にあてて呼吸時に放射性物質を体内に入れさせない。


消防庁の資料には「攻撃当初の段階は、爆心地周辺から直ちに離れ、地下施設等に避難」とあるのですが、可能なのでしょうか。厳しそうです。


こういう心配をしないで済むと良いのですが・・・。






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

札幌 2−1 FC東京 J1・6節 作戦負け

前半8分、大久保からのクロスを中島がニアでスルー、ゴール前でフリーの東に渡り冷静にゴールへ流し込む。先制。
前半42分、CKから頭で合わされ失点。1−1、同点に。
後半14分、相手シュートをブロックするも拾われ、DFの裏にパスを入れられる。ゴール前に残っていた選手にフリーでシュートを打たれ失点。逆転される。オフサイドに見えたのですが、室屋が残っていました・・・残念。
1−2のまま試合は終了。敗戦。

先制したところから、東京に積極性というか相手を突き放そうという気概が見えなかったですね。中途半端に守りに入ったことが敗因だと思います。
前半で同点にされ、後半になってもギアチェンジが出来なかった。ウタカを入れましたが、代わりに中島が下がってしまったので攻撃の形がぼやけた。
さらに東を下げて徳永を投入。負けている状況で、攻撃的な選手からDFへの交代、ちょっと、意味が分かりませんでした。
札幌にしてみれば、バス出しの基点になりそうな梶山をマークして、センターとゴール前を固め、カウンターを狙えばよい。こういう大きなインセンティブを与えてしまった・・・と思う。

内容的には完敗。
作戦負け、采配による自滅、放り込みサッカーはつまらない、とにかくサッカーがつまらない・・・などと、頭の中でネガティブな言葉が駆け巡ってしまった。
こういうのはつらい。

次は浦和戦か。なんだか心配。大丈夫さ。


東京のメンバー
GK 林 彰洋
DF 室屋 成
DF 森重真人
DF 丸山祐市
DF 太田宏介
MF 田邉草民 → 後半0分 MF 梶山陽平
MF 橋本拳人
MF 東 慶悟 → 後半21分 DF 徳永悠平
MF 中島翔哉 → 後半10分 FW ピーター ウタカ
FW 阿部拓馬
FW 大久保嘉人





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2016〜17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

桜が見ごろ

170406 sakura 6.JPG

散歩がてら、近所の公園に桜を見に行きました。
花見の季節になりましたね。

170406 sakura 1.JPG

170406 sakura 2.JPG

170406 sakura 3.JPG

170406 sakura 4.JPG

170406 sakura 5.JPG

7分から8分咲きというところでしょうか。
まだ蕾が残っていますので、天候にもよりますが、いましばらく楽しめそうです。

散歩が楽しい。
春は良いですね。






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


タグ:花見
posted by MOTO at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする