150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2021年10月09日

日本が出ないW杯を覚悟しなければならないのか?

今さらですが、ワールドカップの最終予選のこと。
頭が冷え切らないので(?)、愚痴というか、戯言を書きます。お許しを。

サウジアラビア戦を見ました。結果は、0-1で敗戦。
ビックリするほどひどい失点でした。

なにをしたいのか分からない戦術。
なんとも不明な選手起用。

試合を見た方々には、敗因は分かっているかと思います。

オマーン戦(0-1で敗戦)、中国戦(1-0で勝利)も見ましたが、正直に感想を言うと非常に出来の悪い内容でした。
この2戦を見て「監督の交代かな」と思っていたのですが、続投。
サウジアラビア戦の敗けは、当然の結果だと感じています。

サッカー協会の偉い人のコメントは「森安監督を信頼している」ということなので、次の第4戦オーストラリア戦も続投するのでしょう。
今までのチーム状況を考えると、非常に難しい試合になると思われます。

本戦出場枠になっている2位以内どころか、プレーオフに進む3位も厳しい状況になりそうで怖いですね。

このままでは、日本の出場しないワールドカップを覚悟しなければならないのかもしれません。

とにかく、監督がフリーハンドでチームを率いられるように早急に整えて欲しい。


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ラベル:サッカー
posted by MOTO at 01:20| Comment(0) | サッカー全般・2021 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月02日

川崎 1−0 FC東京 J1・31節 多摩川クラシコ

前半46分、クロスから頭で合わされて失点。先制される。

0-1で東京が負けました。

東京は前半、後半通して積極的な守備からチャンスを作っていました。
川崎は連戦の影響があるのか重い展開だった。
勝つチャンスがあったと思うのですが点を取り切れずにいた前半終了間際に失点してしまった。

東京は悪くなかった。
しかし、首位を走るチームの勝負勘というのでしょうか、上手くやられてしまいましたね。

クラシコは今年も連敗。悔しいですね。

東京のメンバー
GK 波多野豪
DF 中村拓海
DF 森重真人
DF ジョアン オマリ
DF 長友佑都
MF 萩洋次郎 → 後半34分 FW 渡邊凌磨
MF 青木拓矢 → 後半24分 MF 三田啓貴
MF 安部柊斗
FW 田川亨介 → 後半0分 FW 永井謙佑
FW アダイウトン
FW ディエゴ オリヴェイラ


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 19:11| Comment(0) | FC東京・2020〜21 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月30日

ミクシィがFC東京の経営権・・・本当かしら???

J1・FC東京の経営権を「ミクシィ」が取得へ…株式過半数保有目指し東京ガスなどと調整(2021.9.30 スポーツ報知)』
というニュースを目にしました。
スポーツ紙の1社だけの報道なので嘘か実か分かりませんが(実現可能かも含めて)、ちょっと気になりました。

他のチームでの例だと、
鹿島アントラーズの経営権を「メルカリ」が日本製鉄から譲り受けています。
ヴィッセル神戸も「楽天」が持っていますね。
東京ヴェルディとか他にもあります。
結果として、上手くいったところ、そうでもなさそうなところもあると思います。

ご存じの方も多いと思いますが、FC東京の運営会社「東京フットボールクラブ株式会社」は発足当時から地域密着型Jリーグクラブを意識して、”特定の企業の影響を受けない”独立した運営を柱としてきました。
自治体を含めた東京と関わりのある法人が株主となって、その持株比率は5%程度に留まっていると聞いています。
東京ガスサッカー部が母体となっているチームですが東京ガスとは親子会社の関係にはありません。歴代社長は東京ガスから来ていますが。

もしも、株式の過半数以上を特定の企業が取得した場合、親会社が出来て、その会社がFC東京の経営を支配することになります。
正直に言って「ミクシィ」という会社がどいうところか全く知りませんが、FC東京は大きく変わることになるでしょう。

さて、どうなるのでしょうか?
大丈夫なのかしら??

渋谷にホームグラウンドが移るとしたら嬉しいことは嬉しいけれど、親しんでいた東京ガスから見知らぬ会社の子会社になってしまうとしたら、複雑な感じがするなぁ・・・。


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 15:55| Comment(0) | FC東京・2020〜21 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月25日

FC東京 1−2 浦和 J1・30節 逆転負け

210925 vs urawa.JPG

前半1分、森重からのロングフィードを走り込んだ田川が受け、胸トラップからエリア中央に進入。GKとの1対1の形になってシュート、決まって先制。
前半46分、パスを回され、エリア内からシュートを打たれる。失点、1-1の同点に。

後半21分、エリア手前からシュートを打たれるもバーに当たる。こぼれ球を拾われて押し込まれる。失点、1-2。逆転される。

1-2、逆転されて東京が負けました。

試合開始1分経たないうちに先制して、盛り上がったのですが、押していた時間帯に追加点が取れなかったのが痛かったですね。
浦和にボールを保持される展開になって、難しい試合になりました。

後半、鬩ぎあいが続きましたが、失点してしまった。

失点した場面は、浦和が上手くパス回しをしていたということもありますが、両方とも中盤の守備が甘かったですね。DFラインとの距離も開いていた気もしました。でも、仕方ない。

東京はタイトな日程だったことからメンバーを入れ替えていましたが、出来が悪かったわけではありません。
気持ちを入れ替えて、次に向かって欲しいです。


東京のメンバー
GK 波多野豪
DF 鈴木準弥
DF 森重真人
DF ジョアン オマリ
DF 長友佑都
MF 萩洋次郎 → 後半0分 MF 東 慶悟
MF 青木拓矢 → 後半19分 MF 三田啓貴
MF 安部柊斗
FW 渡邊凌磨 → 後半0分 FW ディエゴ オリヴェイラ
FW 永井謙佑 → 後半15分 FW アダイウトン
FW 田川亨介 → 後半40分 DF ブルーノ ウヴィニ


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 21:38| Comment(0) | FC東京・2020〜21 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月23日

FC東京 1−1 名古屋 J1・32節 

210922 vs nagoya.JPG

前半26分、青木がパスカット、東、アダイウトン、レアンドロとつないで再びアダイウトンにパス。エリア手前の中央に運んでグラウンダーのシュートを放つと右ポストに当たりゴールへ。先制。
前半43分、カウンターを仕掛けられ守備に回るもエリア近くでファウルを取られる。FKを入れられて失点。1-1の同点に。

1−1のドローで終了。

球際に強く出てボールを保持する作戦。ゲームを支配していました。
先制したものの、追加点が取れなかったのが痛かったですね。

失点したFKの場面。角度のないところからとは言え、壁の枚数が2枚、少なかったですね。コースを変えられて失点してしまった。ミスだったと思います。

攻勢に出ていましたが、後半38分にレアンドロがプレスをかけたところで相手選手の顔に腕を当ててしまう。オンフィールドレビューの結果、一発退場の判定。これも痛かった。
1人減っても攻勢に出ていたのは、良し!

結局、シュートを15本打ったけれども1得点で終了してしまった。(名古屋は6本でした。)
ちょっと、もったいない試合でした。

東京のメンバー
GK 波多野豪
DF 小川諒也 → 前半33分 DF 中村拓海
DF 森重真人
DF ジョアン オマリ
DF 長友佑都
MF 東 慶悟 → 後半22分 MF 三田啓貴
MF 青木拓矢
MF 安部柊斗
FW アダイウトン → 後半38分 FW 田川亨介
FW レアンドロ → 後半36分 (退場)
FW ディエゴ オリヴェイラ → 後半22分 FW 永井謙佑


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 00:42| Comment(0) | FC東京・2020〜21 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする