150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2021年11月03日

川崎フロンターレ、J1優勝

サッカーJ1、川崎が2連覇 鬼木監督、最多4度目V
サッカーのJ1川崎は3日、ホームの川崎市等々力陸上競技場で浦和と1―1で引き分け、2年連続4度目のリーグ優勝を決めた。2位の横浜MがG大阪に0―1で敗れて勝ち点差が13に広がり、残り4試合で逆転の可能性がなくなった。
就任5季目の鬼木達監督はJ1の監督として歴代最多4度目の制覇となった。川崎は今季34試合でわずか1敗。持ち前の攻撃力だけでなく守備も堅固で、ここまでリーグ最多71得点、最少22失点と圧倒的な強さを示した。
2021/11/3 共同

主力の田中碧選手と三笘薫選手が欧州へ移籍したので、どうなるのかなと思ったのですが2人が抜けても強かった。

クラシコでも東京は勝てなかったしね・・・。

優勝おめでとう。


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 21:30| Comment(0) | サッカー全般・2021〜22 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京 4−0 清水 J1・34節 

211103 vs shimizu.JPG

前半7分、アダイウトンがプレスからボールを奪うと安部とワンツー、エリア左に入り込んでシュート。ゴール右隅に決めて先制。
前半12分、FKをゴール前に入れると競り合った相手選手が頭に当てるもオウンゴールに。2-0。
前半24分、CKからゴール前でオリヴェイラが頭で合わせる。追加点、3-0に。

後半42分、CKからファーサイドで森重が頭で合わせる。追加点、4-0に。

4-0で東京が勝ちました。

4得点しての快勝と言ってよいでしょう。
前半は球際に厳しくいって主導権を取り、後半はリトリートして試合を上手くまとめた。
内容的には前節まで連敗していたときと変わりはないと思うのですが、清水が思った以上に不調でした。助けられた印象。

清水にしてみれば、不運なオウンゴールとセットプレーでの2点。頑張っているのは見えるのだけれど運がついてこない感じでしょうか。
降格争いをしているチームとして、厳しい試合が続いているのでしょう。
頑張ってくださいね。(権田、がんばれ)


東京のメンバー
GK 波多野豪
DF 中村拓海
DF 森重真人
DF ジョアン オマリ → 後半13分 DF 渡辺 剛
DF 長友佑都
MF 萩洋次郎 → 後半21分 MF 東 慶悟
MF 青木拓矢 → 後半38分 MF 三田啓貴
MF 安部柊斗
FW アダイウトン
FW 永井謙佑 → 後半0分 FW 渡邊凌磨
FW ディエゴ オリヴェイラ → 後半21分 FW レアンドロ


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 21:05| Comment(0) | FC東京・2020〜21 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする