150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2007年12月19日

COP13のこと

インドネシア・バリで行われた気候変動枠組み条約の第13回締約国会議(COP13)で地球温暖化対策のための行程表「バリ・ロードマップ(Bali Roadmap)」が15日に採択されました。

この結果について、色々と考えていたのですが、どう評価すればいいのか良く分からない。
ただ、ハッキリしているのは早急に対策を講じなければならない問題にもかかわらず、非常に遅いアクションしかできない国際環境に明日はないだろうということ。
“小田原評定”をやっている場合ではないだろうに。

以下、少し偏った意見を。


「出来る事から、やっていこう。目標を定められるところは、それ示して率先して取り組んで行こうよ」と言う考えは、全く正しい。EUなどが言っているのは、そういうことかもしれない。
中国は、端的に言うと「我が国は削減なんて考えてもいないけど、お前らはやれ」「それが覇権を握る早道だ」とのことなんだろう。ロードマップでは途上国も削減に取り組むことが求められているけど、かの国の受け取り方は違うようです。“採択を歓迎”と言っているところからも、なにを考えているか怪しいものである。日本人の価値観で、中国政府の政策を語るのは無理。そういうお国柄なんですから。
米国は自国の産業界のために消極的になっているが、この中国への警戒という意味合いもあるのではないかしら。世界中で対策にあたっても、中国がガンガン温室効果ガスを排出し続ける事態が見えているのだろう。
現在、ガス排出量は米国が最も多いけれど、中国がそれに変わるのは時間の問題。
この“チャイニーズ・ファクター”が、これからの気候変動対策に大きな障害となりそうです。米国世論の動向から察するにブッシュ政権から新政権に代わり次第、米国の対応に大きな変化があるのは間違いないようですしね。

日本政府は京都議定書から離脱した米国をCOP13に引っ張り込んだことから、なんとしても採択することを最優先させたそうです。“チャイニーズ・ファクター”も心配ですしね。
そのために、一部の国やNGOから “日本は京都議定書の生みの親だが、育てていくことには熱心ではない” との批判があるとか。
『泥水のプール』か『毒入りプール』のどちらかで泳げと言われ、『普通のプール』はないのかと言えない立場だったのかな?(笑)

EUなどは露骨に国益優先で立ち回る唯一の超大国と人口最多の国との付き合いに嫌気がさしていることでしょう。
議長さん、乙。

化石燃料を燃やし続け、なんでも大量消費していくことが進歩だという考えから、必然的に離脱しなければならないことは確か。
庶民としては、身近なところから実践していかなければ。


posted by MOTO at 17:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 独り言・2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここまで政を行う連中が愚かだと只ゆっくりと滅を待つのみかと(怒)。
Posted by SOCIO13385 at 2007年12月21日 23:02
SOCIO13385さん、コメントありがとうございます。
本当にイライラしますよね。
とは言え、私は人間を信じているので最悪の事態は回避できるのではないかとも思っています。
基本的に大きな影響を与えそうな国で信用できないのは中国だけですから。“チャイニーズ・ファクター”を解決できれば、なんとかなるのではないでしょうか。
Posted by MOTO at 2007年12月22日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地球温暖化
Excerpt: 地球温暖化は、数ある環境問題の中でも、特に早急な解決が叫ばれている問題です。地球温暖化は北極や南極の...
Weblog: 地球温暖化
Tracked: 2007-12-20 12:47