150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2008年12月09日

村治佳織 plays J.S.BACH

081207 muraji.jpg久しぶりに、村治佳織さんのコンサートに行ってきました。
サントリーホールの大ホールでギター・リサイタル。客席は、ほぼ満席。凄い人気ですね。

10月末にリリースしたアルバム「プレイズ・バッハ」の収録曲を中心にプログラムが組まれていました。

パルティータの2番・シャコンヌは色々な楽器で演奏されていますが、ギターで聴くのは初めてでした。編曲の巧みさと演奏の巧みさに聞き惚れました。

ゲストの一噌幸弘さんは能楽家。和楽器との組み合わせは面白かったのですが、ただでさえチューニングが複雑なバッハ、和と洋の音階の違いもあって難しいことになっていました。聴いていて、ハラハラしたww。
ある意味、冒険でしたね。
アンコールを含めて、3曲共演されました。


ヴィラ=ロボスの曲も演奏してくれました。モダニズム的な印象を持っていたのですが、古典的な曲も作られていたのですね。
「5つの前奏曲」は4番、2番、5番、3番、1番の順番でした。面白かった。
エイトル・ヴィラ=ロボス(Heitor Villa-Lobos 1887〜1959)はブラジル出身の作曲家です。大変多くの曲を作っていて、ブラジル人らしくギター曲もいくつか残されています。

「ブラジル風バッハ」「G線上のアリア」は学生さんで組まれた弦楽アンサンブルと競演。
11人の学生さん、頑張っていました。

アンコールは3曲。聴きなれたバッハの曲を楽しく聴かせていただきました。

2時間半超えの演奏会。良い時間を過ごすことができて嬉しかった。


村治佳織 ギター・リサイタル
plays J.S.BACH
  J.S.バッハ    リュート組曲第4番 BWV1006a
  J.S.バッハ    パルティータ第2番ニ長調 BWV1004
  J.S.バッハ    フルートと通奏低音のためのソナタ
                 ホ短調 BWV1034
  ヴィラ=ロボス  5つの前奏曲
  ヴィラ=ロボス  ブラジル風バッハ第5番〜アリア(カンティレーナ)
  J.S.バッハ    G線上のアリア
  <アンコール>
    J.S.バッハ    目覚めよ、と呼ぶ声あり
    J.S.バッハ    管弦楽組曲第2番『バディネリ』より「地中海の舞踏」
    J.S.バッハ    主よ、人の望みの喜びよ
ギター  村治佳織
能 管  一噌幸弘
弦楽アンサンブル  Vi:6 Va:2 Vc:2 Cb:1
会 場  サントリーホール大ホール(2008年12月7日)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック