150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2009年12月18日

「村治佳織〜ポートレイツ」 発売記念コンサート

091217 muraji.jpg一年ぶりに村治佳織さんのギターリサイタルに行ってきました。
去年の東京公演はサントリーホールでしたが、今年は恵比寿ザ・ガーデンプレイス。会場が小さくなったせいか、2日間公演になっていた。

コンサート名とおり、リリースしたアルバムの曲を収録とおりの順番で全曲演奏。
珍しいといえば、珍しいですねww。

舞台上には落葉やら、ベンチやら、街灯やら、装飾がされていました。クリスマスが近いので、そのデコをやったのかな? これも、クラシックコンサートにしては珍しい。

美しく繊細に演奏してくれました。曲目は誰もが知っているもの、それをギター曲として、らしく演奏していました。
すこしふっくらとした感じの村治さん、曲も柔らかい感じになっていたかな。
デビューしたときは美少女だった村治さんも今年で30歳になったとか。キャリアをつんで演奏も雰囲気も優しくなっているような気がします。

チョット気になったのが、観客の淡白さw。サラッとしていて驚いたわ。
そのせいかどうかは分かりませんが、アンコールは1曲で終わりました。残念。
2日目の観客の方々には、もっと楽しげに暖かな拍手をお願いしましね。

今年はスペインに5ヶ月、日本に7ヶ月いたそうです。
日本のほうが長かったのはアルバムリリースの関係かな? 来年の3月まで日本国内でのコンサートが続くとのこと。気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか。


アルバムリリース記念コンサート at 恵比寿ザ・ガーデンプレイス
「村治佳織〜ポートレイツ」
  坂本龍一(佐藤弘和編) : 戦場のメリー・クリスマス
  ローラン・ディアンス : タンゴ・アン・スカイ
  E・クラプトン&W・ジェニングス(佐藤弘和編): ティアーズ・イン・ヘブン
  パウロ・ベリナティ : ジョンゴ
  坂本龍一(佐藤弘和編) : エナジー・フロー
  武満徹編「ギターのための12の歌」より
    チャールズC.コンヴァース : 星の世界
    ピエール・ドゥジェイテル : インターナショナル
    ジョセフ・コスマ : 失われた恋
    サミー・フェイン : シークレット・ラヴ
    ジョージ・ガーシュウィン : サマータイム
  「ウェスト・サイド・ストーリー」組曲から
    レナード・バーンスタイン(J.モレル編) : アイ・フィール・プリティ、
                             マリア 、 アメリカ
  ショパン(F.タレガ編) : 夜想曲第2番変ホ長調op.9-2
  谷川公子(渡辺香津美編):一億の祈り〜映画『火垂るの墓』実写版より
  シューマン(F.タレガ編) : トロイメライ 〜「子供の情景op.15」より
  ウルリック・ノイマン : 愛のワルツ
  アンドリュー・ヨーク : イントロダクション〜サンバースト
  J・レノン&P・マッカートニー(G.セルシェル編): イン・マイ・ライフ
  <アンコール>
   アーヴィング・バーリン : ホワイトクリスマス(White Christmas)
会  場    恵比寿ザ・ガーデンホール(2009年12月17日、18日)



この記事へのコメント
十代でデビューした村治サンも三十ですか!
ソレを聞くと自分が歳をとったの実感しますわ(泣)
Posted by SOCIO13385 at 2009年12月21日 23:41
SOCIO13385さん、コメントありがとうございます。
村治さんは15歳でデビューしたので、15周年ですね。
あれから15年経ったというわけで、ホント、しみじみとしてしまいますww。
Posted by MOTO at 2009年12月22日 07:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック