150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2013年07月09日

映画「クロワッサンで朝食を」

試写会で観ました。

原題が『Une Estonienne a Paris』、直訳すると『パリのエストニア』ということになるでしょうか。
パリに永く住んでいるエストニア人女性と、その家政婦としてパリに来たエストニア人女性の物語。

130709 Une Estonienne a Paris 1.jpg

130709 Une Estonienne a Paris 2.jpg

ジャンヌ・モローは今年で85歳だそうです。ジャンヌ・モローのために作ったのかしらとも思う映画かもしれませんww。

ライネ・マギの演技も良かった。

エストニア人が監督ですが、フランス映画らしい作品でした。ハリウッド映画が好きな方には合わないかもしれません。

ジャンヌ・モローが好きな方は観てみても良いかも。気難しい老女を見事に演じています。


「クロワッサンで朝食を」
 原 題   Une Estonienne a Paris
 監督・脚本  イルマル・ラーグ
 キャスト
   フリーダ・・・・・・・ジャンヌ・モロー
   アンヌ・・・・・・・・ライネ・マギ
   ステファン・・・・・・パトリック・ピノー
(2012年 フランス・エストニア・ベルギー合作 1時間35分 セテラ・インターナショナル)





posted by MOTO at 23:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「クロワッサンで朝食を」ラストはちょっと甘いけど、見どころアリ
Excerpt: 映画「クロワッサンで朝食を」★★★☆ ジャンヌ・モロー、ルイ・マル、 フランソワ・トリュフォー、オーソン・ウェルズ、 ルイス・ブニュエル出演 イルマル・ラーグ監督、 94分、2013年7月20日より..
Weblog: soramove
Tracked: 2013-09-06 07:27