150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2015年03月28日

J.S.バッハ管弦楽組曲 新日本フィル538回定期演奏会

久しぶりにコンサートのことを。といっても、また、新日本フィルの定期演奏会のこと。

150327 NJP538.JPG

バッハ管弦楽組曲の第1番〜第4番。
バッハといえば、バロック音楽の代表者という印象があります。この辺の時代の音楽はあまり聴かないのですが、管弦楽組曲を4番までやるというので、是非にと思って、会場に。
指揮はマックス・ポンマーさん。マックス・ポンマーさんはドイツ人、カラヤンのお弟子さんだそうです。バロックが得意な方で、バロックの楽団も主宰されていたそうです。指揮者としてはバロックから近代ものまで幅広いレパートリーの持ち主とのこと。
感想としては、“面白かった”。バロックらしい演奏。比較的小編成のオケで、チェンバロが響いて、ノンビブラートの弦と合わさって楽しいバッハでした。
連続した音と繰り返しが計算されていて、オーケストラもきれいに演奏、和みました。

定期演奏会では珍しくアンコールがありました。
それがプログラム曲を繰り返して演奏されたのですが、アンコールが3回もあって、一瞬また全曲聴けるのかと思ってソワソワしてしまいましたww。
マックス・ポンマーさんは、サービス精神旺盛なのかな?


新日本フィルハーモニー交響楽団・第538回定期演奏会トリフォニー・シリーズ
   J.S.バッハ 管弦楽組曲第3番 ハ長調 BWV1066
   J.S.バッハ 管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067
   J.S.バッハ 管弦楽組曲第1番 ニ長調 BWV1068
   J.S.バッハ 管弦楽組曲第4番 ニ長調 BWV1069
  指 揮   マックス・ポンマー
  フルート  白尾彰(新日本フィル首席フルート奏者)
  会 場   すみだトリフォニーホール (2015年3月27日、28日)







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック