150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2015年08月17日

FC東京 2−1 G大阪 J1・24節(2nd 7節) 大事な試合に勝利

150816 vs G osaka.JPG

お盆休みだからかもしれませんが、大入りの37,978人もの入場者。14番がいなくても入るときは入るんですw。大入りだと、なぜか試合が残念なことになることが多かったのですが、今回は面白い試合でした。もちろん、勝ったから言えるのですがww。

DFは前節と変わらずに、徳永、森重、丸山、松田。前節でケガをした徳永ですがスタメンで出場です。

相手がG大阪ということで慎重に4−4−2で行くのかと思っていたのですが、4−3−3。これが効果的に働きました。
圧倒したい大阪は遠藤、宇佐美にボールを集めて攻勢に出ようとしますが、東京は見事にチャンスの芽を摘みます。ボールをもたれる時間が多かったのですが、東京はペースを掴みます。
前半15分、羽生からパスを受けたバーンズがエリア右に進入、グランダーのクロスを入れ、ゴール前に入り込んだ米本が合わせてゴール。先制。
この後も河野のシュートがクロスバーに阻まれる場面もあり、東京ペースを維持。ただ、こういう時間帯に追加点が欲しかった。

後半、徳永に変わり吉本投入。徳永は負傷の関係かな?ちょっと心配。
後半2分、G大阪がエリア右から頭で落としこれをシュート、決められてしまいます。失点。1−1の同点に。
DFラインと中盤のマークのつき方に問題がありました。簡単にボールを中に入れさせてしまった。
後半6分に三田を投入。4−4−2にする。バタバタしたところがあり、G大阪につけこまれそうになりますが東京が試合を動かします。
後半13分、米本がドリブルで上がりボールを羽生へ、エリア右からクロス、バーンズが頭で合わせてゴール。2−1、勝ち越し。
この後は、落ち着きを取り戻して、シッカリ守って試合を進めていきました。
バーに当たったり、ポストに当たったりするシュートも打たれましたが(ヒヤヒヤした)、なんとか失点せず。一方で、東京も縦に速い攻撃もみせて見せ場を作りますが得点には至らずに試合終了。

2−1で勝利。3連勝です。

この試合の殊勲者は米本。先制点をあげ、決勝点も長いドリブル突破でお膳立てしました。それにまして、守備面での活躍、ボール奪取は相変わらずに素晴らしい。
そして、GKの榎本。幾度となく素晴らしいセーブを見せていました。

この試合、4位のG大阪から勝点3を取ったのは大きいです。年間順位で1位の浦和(勝点差が4)、2位の広島(勝点差が1)に離されず3位で追っています。
なんだか、この順位にいるとソワソワしてしまうのは私だけでしょうかww。



東京のメンバー
GK 榎本達也
DF 徳永悠平 → 後半開始時 DF 吉本一謙
DF 森重真人
DF 丸山祐市
DF 松田 陸
MF 高橋秀人
MF 米本拓司
MF 羽生直剛
FW ネイサン バーンズ → 後半39分 FW サンダサ
FW 河野広貴 → 後半6分 MF 三田啓貴
FW 前田遼一






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2014〜15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック