150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2015年08月28日

映画「ヴィンセントが教えてくれたこと」

150827 st vincent 1.jpg

試写会で見てきました。
会場は満員。前評判が良いのでしょう。

前知識なしで見てきたのですが、最初のシーンで映画のジャンルが分かりましたww。
面白かったです。

150827 st vincent 2.jpg

以下、ネタバレがありますので、未見の方はご注意を!

ものがたり
アルコールとギャンブルが好きなヴィンセント(ビル・マーレイ)は、偏屈な男。うっかり近づけば、毒舌の集中砲火を浴びることになる。唯一、心を許しているのは、飼い猫のフィリックスだけ。
ある日、隣家にシングルマザーのマギー(メリッサ・マッカーシー)とその息子のオリバー(ジェイデン・リーベラー)が引っ越してくる。あるきっかけからヴィンセントはオリバーのシッターを引き受けることになる。
ヴィンセントは、12歳のオリバーをバーや競馬場に連れて行き、バーでの注文、オッズの計算などを教えたりする。
オリバーは、そんなヴィンセントの心の傷と優しさを感じ取り、周囲に伝えようとする・・・・・・

お金に困っているヴィンセントですが、妻には整った(高額な費用がかかる)養護施設に入れています。借金もあって、四苦八苦。それでも、転所はさせません。
ケンカの仕方を教えられたり、バーや競馬場に連れて行かれたオリバーですが、優しさもみせるヴィンセントが好きなんですよ。
そして、オリバーは、あることのために、色々な人たちにヴィンセントの事を聞いて回ります。

原題は「St. Vincent」、直訳すると「聖人ヴィンセント」というところでしょうか。オリバーはヴィンセントのどこかに聖人としての姿をみとめたようです。

結末は、オリバーの心情と励ましが、ダメな男のヴィンセントを立ち直せることが出来れば良い、少なくとも新しい生活は始まった・・・・・・ということでしょう。

ちょっと(かなり?)下品な男ですが心優しい、そういうところがアメリカ人に受けるのかもしれません。
子供に癒され励まされるというのは、涙を誘われます。

150827 st vincent 3.jpg

ビル・マーレイがだらしない男を実に上手く演じています。ナオミ・ワッツも妊婦のストリッパーを面白く演じていて、全てのキャストが良かった。

よく出来たハートフルコメディ。笑って、涙する。そんな映画を見たい方にはお勧めですよ。


「ヴィンセントが教えてくれたこと」
  監 督   セオドア・メルフィ
  原 題   St. Vincent
  キャスト
     ビル・マーレイ  メリッサ・マッカーシー  ナオミ・ワッツ
     クリス・オダウド  テレンス・ハワード  ジェイデン・リーベラー
(2014年 アメリカ 1時間42分)







にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



ラベル:映画
posted by MOTO at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック