150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2009年09月12日

H-IIBロケット試験機打ち上げ成功

090911 H2B.jpg日本時間の9月11日02時01分46秒、種子島宇宙センターからHTV(宇宙ステーション補給機)技術実証機を載せたH-UBロケット試験機が打ち上げられました。
18日にHTV技術実証機は国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングする予定とのこと。


090911 H2B 2.jpg
初めてのH-UBロケットの打ち上げ。成功したのは大きいことです。
良かったですね。
H-UAロケットのときの迷走ぶりを考えると、感慨もひとしおでしょう。

日本の航空技術も世界の最先端に立ったといえそうです。

月面基地も、日本、アメリカ、ヨーロッパなどの国々が共同でプロジェクトを立ち上げ、進めていく予定。
そのために、2020年までには人を月に送る計画があるそうです。
アポロのときは、冒険旅行。
安全に人を月に送り、滞在できるための技術を確立させる目途も立っているとのこと。
科学技術は驚くほど進歩しているんですね。



posted by MOTO at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

電車で忘れ物

学生時代、何日もかけて仕上げた図面を電車の棚に忘れたことがあります。帰宅途中の車内で居眠りをしていて、おりる駅の直前で目が覚め、電車から慌てて飛び出した。気が付いたときは、時既に遅し。
提出後に返却されたものだったので気が緩んでいたのかも。そのときも次の課題に取り組んでいて、ひどい寝不足だったこともありますが。
泣きそうになりながら駅員に話したら、次の駅に連絡をしてくれて、そこで見つけてくれました。
よかった。

若い時のこと。飲みすぎて泥酔w、電車の中にカバンを置いたまま降車。フラフラと自宅に着き、そこでカバンを持っていないことに気が付く(ダメなヤツ)。カバンに入っている鍵なくて錠が開けられなかったww。(ひとり暮らしだったのです)
それに、カバンの中には、携帯、財布に現金、クレジットカード、キャッシュカードが入っていました。
大損害です。
悲痛な思いで、終着駅に問い合わせたら、遺失物として保管されていた。
よかった。

2回とも、手元に無事に戻ってきました。日本って、凄い。良い国ですね。

こんな記事を読みました。
8百万円のバイオリン紛失 ウィーンで、邦人女性
オーストリア通信は8日、ウィーンを旅行中の日本人女性(18)が8月、地下鉄の車内に1792年製の時価6万ユーロ(約800万円)相当のバイオリンを置き忘れ、紛失したと伝えた。警察が捜しているが、発見の手掛かりはないという。
女性は8月6日朝、別の日本人女性と地下鉄に乗車。旅行かばんとバイオリンが入ったケースを所持していたが、ウィーン中心部から約3キロ離れたウィーン西駅で降りた際、ケースを車内に置き忘れた。
女性はすぐに気づいたが、地下鉄は既に発車。バイオリンはイタリアの製作者アントニオ・グラニアーニの作品という。
これまでに拾ったと名乗り出た人はなく、警察は当日、女性らと地下鉄に乗り合わせた乗客の情報を集めるとともに、市民にも情報提供を呼び掛けている。
2009/09/09 共同通信

私が持っている一番高価な楽器は、Martinのギター。ある時、自分へのご褒美として奮発して買ったものです。
これをどこかに忘れたら、私、多分、大泣きします。

で、記事のグラニアーニは、私の宝物のギターが数十本買える値段です。お金持ちの娘さんだとしても、グラニアーニを失くしたら痛いですよね。
私だったら、気絶します。数十年は立ち直れません、多分。(もっとも、こんな高価なものを持てるわけもありませんが)

戻ってくると良いですね。
でも、海外ですしね・・・ちょっと、厳しいかな。

地下鉄に楽器を忘れるのは・・・とにもかくにも、気をつけましょう!!



posted by MOTO at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言・2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

普段は痛がりなのに・・・・・・ その2

先週、足首が「骨折してますよ」と言われてビックリ、養生しておりました。
まあ、相変わらずウロウロしたり、サッカーを見に行ったりしたのですが、私としては比較的に大人しくしていました。
しかし、いまひとつよくならない。痛い、特に階段がつらい。

電気治療器のお世話になるため、1日おきに通院しているので、ついでに診察もお願いした。
初診のときとは違うお医者様に話を聞く。

医者その2 「良くなりませんか・・・」
MOTO   「はい」
先日のレントゲン画像を見て、おっしゃるには
医者その2 「ねずみが写っていますね」
MOTO   「チュー
医者その2 「チューねずみじゃなくて、関節のねずみ
MOTO   「・・・???」
軟骨が剥離して関節内を浮遊、その部分に力がかかると激痛がはしるらしい。ひどい捻挫だとかをすると、このねずみが出来るとのこと。
スポーツ選手など、関節に負荷がかかりがちな人にも多く見られるそうです。
通常、軟骨はレントゲンに写らないけど、遊離した軟骨は時間とともに石灰化して写るようになる。などなど、画像を指しながら丁寧に説明してくれました。
医者その2 「このねずみの影響もあるのかもしれない」
MOTO   「いつかは、ねずみが消えることは?」
医者その2 「ありません、手術しないと取れません」
MOTO   「手術は嫌です(怖いじゃないの)」
医者その2 「あなたの場合は痛みが消えれば問題ないです」
MOTO   「良かった」
医者その2 「繰り返し痛むようなら、手術したほうが良いですけど」
MOTO   「・・・・・・」
医者その2 「ほとんどのケースは、手術不要です」
MOTO   「ところで、痛みはいつごろ消えるんでしょう?」
医者その2 「もうすこし、かかりますよ」

なんだか、嫌な転回である。(泣)

年齢を重ねると、色々なことが起こるもんだわ。
心配しても仕方ないので、忘れることにしますww。
それはともかく、早く、歩き回りたいなぁ。



posted by MOTO at 15:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言・2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

盗難のピカソの絵画、イラクで見つかる?

090826 picasso naked woman.jpgニュースによると、イラクでピカソ作の裸婦画を売却しようとした男が当局に捕まったとのこと。クウェートにイラクが侵攻したとき、略奪されたものらしいです。

クウェートにあったとき、どういう状態だったか知りませんが、画像を見る限りでは酷く損傷していますね。折り目までついている。
所有していた人が絵画が好きだとは、とても思えない。腹が立ちます。
これでは、絵が可愛そうです

ちなみに、クウェート美術館から略奪された美術品リスト(当時、そういうものを作っていたらしい)に載っていないらしく、現在とのところ真贋については分からないそうです。

盗難のピカソの絵画イラクに クウェート侵攻時に略奪か
イラク治安当局は25日、19年前にクウェートで盗まれたピカソの絵画をイラク中部ヒッラー近郊の民家で発見、この絵画を売却しようとしていた男を拘束した。AP通信が26日伝えた。
絵画はイラクの旧フセイン政権による1990年のクウェート侵攻後に略奪され、イラクに持ち去られた多数の美術品の一つとみられる。
イラク警察当局によると、絵画は裸婦を描いたもので「クウェート美術館」の刻印があった。男は45万ドル(約4200万円)で売却しようとしていたが、専門家によると、1千万ドルの価値があるという。
(2009.8.27 共同通信)




posted by MOTO at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

普段は痛がりなのに・・・・・・

ひと月ほど前から、右足首に痛みがあった。
すごく痛くなったり、そうでもなかったりと、歩くのが少し辛かった。
でも、“まあ、大丈夫だろう”と気にしないことにしていました。
日曜日の鹿島戦@カシマ(残念な結果でした・・・)から深夜に帰宅。その帰路に痛みが復活。良く寝付けなかった。
やっぱり、ひと月も痛みが続くのはおかしいかな、と病院へ。
レントゲンを撮り、診察室へ。

医者 「痛かったでしょう、骨折してますよ、治りかけてるけど」
MOTO 「え?!」
お医者様は、レントゲン画像を見せながら説明をしてくれます。
医者 「関節のここの部分、骨折しています」
たしかに、関節の端の部分が変形しています。骨が欠けて、くっついた感じ。
MOTO 「そういえば、ひと月前につまづいた記憶があります」
医者 「その時にやったんでしょうね」
MOTO 「つまづいただけで・・・・・・(歳のせいか??)」
医者 「フレッシュな骨折だと、ここの部分が鮮明に写りますが、そうではないですよね」
なるほど、折れたところが薄く写っています。
MOTO 「はあ」
医者 「比較的古い骨折ということになります」
MOTO 「はあ・・・治っているという事ですか」
医者 「治りかけています」
MOTO 「痛みは、そのせい」
医者 「痛みの部位からして、周辺の靭帯が炎症しているのでしょう。ひと月続いているということは、慢性化してると思います」
MOTO 「(それは嫌だな)」
医者 「しばらく固定して、完全に治しましょうね」
MOTO 「は〜〜い」
090825 bando.jpgギブスをされるのかと思ったら、固定バンドをすれば良いとのこと。

考えてみれば、骨折してから、ウロウロと歩き回ったよなぁ。
それに少なくとも、川崎戦@等々力、横浜FM戦@味スタ、鹿島戦@カシマと、それぞれ2時間以上も突っ立て観戦していたわけで・・・・・・そう考えると痛みが酷くなってきます。

病院に来たときよりも、なぜか痛みが増して、足を引きずりながら帰りましたww。

注射するだけで大騒ぎ、歯医者に行くときは顔面蒼白で覚悟してから行く私。
いつもは痛がりなのに、骨折に気が付かないとは、ビックリ仰天。

病院の支払いが約5000円でした。これも痛かったわ。



posted by MOTO at 14:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言・2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする