150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2007年10月05日

指輪ホテル 「エクスチェンジ」


071004 exchange.jpg指輪ホテルの公演です。
3月の「YIN & YANG」は森下スタジオ。今回はtheatre iwato が会場でした。廃工場、テニスコート、ストリップ劇場、などでやっていたこと思えば落ち着いてきたのかも知れませんね。
theatre iwato には初めて行きました。飯田橋から歩いたのですが迷いました。(笑)

会場は満席。

ダンサーの2人、川口隆夫さんと尹明希(ユン・ミョンフィ)さんのパフォーマンスには目を惹かれました。その鍛えられた体と動きに感嘆。

久しぶりに男性をキャスティングしたそうです。
極めて女性的だった指輪ホテルの印象が少し変わっていて面白かった。

ただ、今までになく難解でした。凄く難解。(難しく思ったのは私だけかな?)


指輪ホテル
「エクスチェンジ」
(YUBIWA Hotel EXCHANGE)
作・演出・出演 羊屋白玉
出 演  川口隆夫  尹明希(ユン・ミョンフィ)
会 場  theatre iwato 東京・神楽坂 (2007年10月4日〜10月7日)

 京都公演  京都造形芸術大学 青窓館1F Aスタジオ(10月13日、14日)
 札幌公演  生活支援型文化施設 コンカリーニョ(10月19日、20日)



続きを読む<ネタバレあります。ご注意を!>

2007年09月22日

「アルゴス坂の白い家」新国立劇場


070920 Argos.jpg新国立劇場開場10周年にあたる2007/2008シーズン、新たに鵜山仁さんを演劇・芸術監督に迎えての第1弾として、ギリシャ悲劇を題材にした「三つの悲劇」(三部作)が上演されることに。
その第1作が「アルゴス坂の白い家−クリュタイメストラ−」。鵜山仁さん演出。川村毅さんの作。

一昨日(20日)の初日に行ってきました。

ギリシャ悲劇を現代の日本にあてはめて、日本人としての悲劇を見せようとしてます。しかし、話の筋を現代に置き換えてなぞるものではありません。アトレウス家の悲劇をモチーフにして新しい物語を作っています。
クリュタイメストラは『女優』、夫アガメムノンは『映画監督』、愛人アイギストスは『シナリオライター』、次女エレクトラは『作家』となって、悲劇を再生する・・・パンフ的にはこういうことみたいです。

新国立・中劇場の充実した舞台装置(舞台が移動するは、回転するはw)を使って、面白い転換がありました。
また、笑の要素も所々にあって、飽きさせない工夫も見えました。

面白いお芝居だと思います。・・・ただ、私にはあいませんでしたがw。日本の悲劇として再生させるといいながら、悲劇の実態にズレはなかったか?
まあ、あまり深読みせずに素直に見るべきなのでしょう。

上演時間 2時間50分(休憩20分)。少し長いですが、飽きることはありませんでした。複雑な人間模様を上手に描いていると思います。
私にはあわなかったとはいえ、いいお芝居でした。2、3作の「たとえば野に咲く花のように」と「異人の唄」をぜひ見ようと思ったのですから。


新国立劇場開場10周年記念フェスティバル公演
三つの悲劇―ギリシャから Vol.1
「アルゴス坂の白い家−クリュタイメストラ−」
作     川村毅
演 出   鵜山仁
出 演
  クリュタイメストラ/島岡の母
        ・・・・・・・・・・ 佐久間良子
  エウリピデス ・・・・・・・ 小林勝也
  アガメムノン ・・・・・・・・ 磯部勉
  エレクトラ ・・・・・・・・・・ 小島聖
  勝山/ヘクトル ・・・・・・ 有薗芳記
  島岡 ・・・・・・・・・・・・・ 中村彰男
  アイギストス ・・・・・・・ 石田圭祐
  イビゲネイア ・・・・・・・ 篠崎はるく
  オレデウス ・・・・・・・・・ 山中崇
  ピュラテス ・・・・・・・・・ 松本博之
  カッサンドラ ・・・・・・・・ 李丹
  クリソテミス ・・・・・・・・ 山田里奈
会 場   新国立劇場 中劇場 (2007年9月20日〜10月7日)



続きを読む<ネタバレあります。ご注意を!>

2007年09月08日

トム・プロジェクト 「狐狸狐狸ばなし」


070905 korikori banashi.jpg北條秀司の戯曲。1961年に初演(@東宝劇場)されました。
狐と狸の化かし合いのように人間たちの欲が交錯する模様を描いた喜劇。

この傑作が篠井英介さん、ラサール石井さん、六角精児さんの主演で上演されると聞き、楽しみにしていました。
しかし、ちょっと微妙な舞台に仕上がっていて残念。

人の欲望を喜劇として見せるには、舞台の空気に一貫した“品”が要求されると思います。欲に振り回される人の滑稽さは、その空気の中で見えてくるものではないでしょうか。
演出の関係だと思いますが、舞台上に“品”らしきものが希薄でした。
北條秀司の戯曲には大衆の視線があっても、品のない振る舞いを是としてはいないと思いますが・・・。

私には、合わないお芝居でした。


トム・プロジェクト プロデュース
「狐狸狐狸ばなし」
作    北條秀司
演 出  ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出 演
  伊之助 ・・・・・・ ラサール石井
  おきわ ・・・・・・ 篠井英介
  重善 ・・・・・・・ 板尾創路
  又市 ・・・・・・・ 六角精児
  おそめ ・・・・・・ 真山章志
  甚平 ・・・・・・・ 大出勉
  福蔵 ・・・・・・・ 廣川三憲
  綾野 ・・・・・・・ 野間口徹
  医師 ・・・・・・・ 小林俊祐
  おまき ・・・・・・ 皆戸麻衣
  おりく ・・・・・・ 植木夏十
  おいね ・・・・・・ サチコ
  おきん ・・・・・・ 小林由梨
会 場  本多劇場 (2007年9月1日〜9日)

(岩手 熊本 福岡 石川 大阪 奈良 兵庫 神奈川 東京(亀戸) 静岡 長野 でも公演)



続きを読む<ネタバレあります。ご注意を!>

2007年09月01日

劇団M.O.P. 「エンジェル・アイズ」


070831 Anjel eyes.jpg初演は15年前。パンフにあったとおりトコトン西部劇でしたw。
面白かった。
おバカな話なので、頭を空っぽにしてみると楽しいですよ。(笑)

上演約2時間40分(10分休憩含む)。長いけれど、内容がサービス満載で厭きません。

小市慢太郎さんが出演していませんが、終演後に物販コーナーで売り子さんをやってました。これもサービス?

総勢25人の出演者。並ぶと舞台上がイッパイになってました。
あと、開演が時刻キッチリ、遅刻すると損をします。行かれる方は時間に余裕を持って行ってくださいね。


劇団M.O.P.第42回公演
「エンジェル・アイズ」
作・演出 マキノノゾミ
出  演
  キムラ緑子  三上市朗  大原やまと  浅野雅博  神農直隆
  田尻茂一  藤元英樹  永滝元太郎  平良政幸  木下政治
  林英世  酒井高陽  岡森諦  片岡正二郎  勝平ともこ
  塩湯真弓  竹山あけ美  塩釜明子  岡村宏懇  斎藤栄作
  友久航  海部剛史  本郷小次郎  白木三保  奥田達士
会  場  紀伊國屋ホール (2007年8月29日〜9月5日)

  京都公演  京都府立文化芸術館  8月25日
  大阪公演  松下IMPホール  9月15日〜17日


続きを読む<ネタバレあります。ご注意を!>

2007年08月06日

「いとこ同志」


070805 itoko doshi.jpg2005年にまつもと市民芸術館のプロデュースで初演された作品の再演です。
初演のときは串田和美、佐藤アツヒロだったキャストを今回は佐野史郎、向井孝成に変更されています。

初演のときに観ていなかったので、今回の再演は観ようと思っていたのですが、色々と・・・。
なんとか楽日に行くことが出来ました。

坂手作品らしく、凄くリアルなセットの中で、細かいところまで伝えようとする台詞が回っていきます。
現在と過去、現実と想像の世界が入り乱れ、大人の恋の話が展開していきます。
良いお芝居だと思います、多分。
しかし、私には話の奥行きが見えてきませんでした。少し残念な印象が残ってしまった。
チェーホフが恋愛ものを書こうとして失敗したような感じがして(言いすぎですね、失礼)、私には合いませんでした。


平成19年度公共ホール演劇製作ネットワーク事業
「いとこ同志」
作・演出  坂手洋二
出  演
  小説家の女 ミイ ・・・・・・・・・・・ 渡辺美佐子
  ミイのいとこ タックン ・・・・・・・・ 佐野史郎
  若き日のミイ/ミイの姪 ・・・・・・・ 宮本裕子
  若き日のタックン/ミイの息子 ・・ 向井孝成
会  場  東京芸術劇場 小ホール1 (2007年7月27日〜8月5日)

 松本公演  まつもと市民芸術館実験劇場 2007年6月19日〜21日
 宮城公演  仙南芸術文化センターえずこホール 2007年6月28日
 千葉公演  君津市民文化ホール大ホール 2007年7月1日
 相模原公演 杜のホールはしもとホール 2007年7月4日
 滋賀公演  滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール中ホール 2007年7月7日、8日
 宮崎公演  宮崎県立芸術劇場演劇ホール 2007年7月10日
 北九州公演 北九州芸術劇場中劇場 2007年7月14日〜16日
 沖縄公演  沖縄市民小劇場あしびなー 2007年7月21日、22日


続きを読む<ネタバレあります。ご注意を!>