150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2007年07月02日

「ぶるー・ブルー・バースディ」


070626 blue blue birthday.jpgエントリーするか否か、迷いました。某様にせっかく観る機会をいただいたので、忘備録的に。(笑)

先週の火曜日(6月26日)に観てきました。
見終わったときに感じたのは、“人によって感想が激しく違うのだろうなぁ”ということ。

ある程度はどのお芝居にもいえることだとは思うのですが、このお芝居での観客間の温度差は劇場内の空気に出てしまうほど。
出演者のファンの方は楽しかったと思います。
お笑い好きの方は、物足りなかったのでは?
お芝居好きの方は、微妙だったかもしれません。


「ぶるー・ブルー・バースディ」
作    廣岡豊
演 出  矢野義幸
出 演
   いしだ壱成  中澤裕子  住田隆  大口兼悟  須藤温子
   蛭子直和  佐渡稔   ほか
会 場  東京芸術劇場 小劇場2 (2007年6月22日〜7月2日)


続きを読む

2007年06月26日

「社長放浪記」


070625 shacho hourouki.jpg伊東四朗さんが70歳を向かえての記念公演。

脚本は三谷幸喜さんの書き下ろしです。

演出は、伊東四朗さんと古くから親交があり、『伊東四朗一座』で笑いの真髄を見せてくれた三宅裕司さん。

出演は、伊東四朗、中村メイコ、佐藤B作、三宅裕司、他。

三宅さんと佐藤B作さんは共演したことがないそうです。今回、伊東さんが2人にオファー、快諾を得て共演が実現。
今、東京の笑いを代表するメンバーがそろった感がありますね。
伊東さんの息子さん、伊東孝明さんも出演してます。

この作品、森繁久彌の『社長シリーズ』が大好きだという三谷さんのアイデアから出来たそうです。
社長と社員たちが繰り広げるドタバタ喜劇。無条件で、大爆笑してきました。

面白かったです。

前売りはあっという間に完売したそうですが、当日券も用意されているそうです。オークションで高いチケを買う前に問い合わせてみてはいかがでしょう。

抽選でプレゼントがある・・・私が行った初日(6月25日)は、あったのかな? 気が付かなかったw。


伊東四朗生誕?!七十周年記念
「社長放浪記」
作    三谷幸喜
演 出  三宅裕司
出 演
  社長 ・・・・・・・ 伊東四朗
  社長婦人 ・・・ 中村メイコ
  元常務 ・・・・・ 佐藤B作
  専務 ・・・・・・・ 三宅裕司
  行商の娘 ・・・ 藤澤恵麻
  部長 ・・・・・・・ 山口良一
  副社長 ・・・・・ 東貴博
  植木職人 ・・・ 伊東孝明
  社長秘書 ・・・ 河本千明
会 場   下北沢 本多劇場 (2007年6月25日〜7月22日)


追記しました。
続きを読む<ネタバレあります。ご注意を!>

2007年06月22日

「氷屋来たる」 新国立劇場


070619 kouriya kitaru.jpg7年間、新国立の芸術監督をされていた栗山民也さんは今シーズンで退任。この作品が芸術監督として手がける最後のものとなります。

「氷屋来たる」は、アメリカの劇作家ユージン・オニールの晩年、1946年に初演された作品。ちなみに、ユージン・オニールがノーベル文学賞を受賞したのは1936年です。

この作品、大作です。6時30分開演、終演は10時20分ごろでした。(休憩15分)
面白かったです。
長時間にも関わらず最後まで集中して観ることができました。
ただ、お芝居が心の闇を垣間見る内容だったこともあって、観劇するのにエネルギーが必要でしたが。(笑)


「氷屋来たる」(The Iceman Cometh)
作     ユージン・オニール
翻 訳   沼澤洽治
演 出   栗山民也
出 演
  ヒッキー ・・・・・・・・・・・・・ 市村正親
  ラリー・スレイド ・・・・・・・・ 木場勝己
  ドン・パリット ・・・・・・・・・・ 岡本健一
  ハリー・ホープ ・・・・・・・・・ 中嶋しゅう
  エド・モジャー ・・・・・・・・・ 宮島健
  パット・マグロイン ・・・・・・ 小田 豊
  ウィリー・オーバン ・・・・・・ 大鷹明良
  ジョー・モット ・・・・・・・・・・ 二瓶鮫一
  ジェイムズ・キャメロン ・・・ 花王おさむ
  ヒューゴー・カルマー ・・・・ 久保酎吉
  ロッキー・ビオッジー ・・・・ たかお鷹
  パール ・・・・・・・・・・・・・・ 野々村のん
  マージー ・・・・・・・・・・・・・ 岡 寛恵
  コーラ ・・・・・・・・・・・・・・・ 明星真由美
  チャック・モレロー ・・・・・・ 粟野史浩
  警官 ・・・・・・・ 武岡淳一  伊藤 総
会 場   新国立劇場 小劇場 (2007年6月18日〜7月8日)


続きを読む<ネタバレあります。ご注意を!>

2007年06月17日

劇団青年座 「悔しい女」


070616 kuyashii onna.jpg2001年の初演では高畑淳子さんが主演。話題になり、当時いくつかの賞を取った作品です。
キャストを一新して、6年ぶりの再演。楽しみにしていました。

16日の初日、紀伊国屋ホールにて観劇。
再演に当り台本に手をいれ、演出の視点も変わったのでしょう。新婚2人の奇行と戸惑いに焦点を当てながらも、周りの人たちとの関係も分かりやすく描かれていたように感じました。

とっても面白かった。
そして、人の感情について少し考えさせられました。
良いお芝居です。


劇団青年座 第189回公演
「悔しい女」
作     土田英生
演 出   宮田慶子
出 演
  笠原優子 ・・・・・・ 那須佐代子
  高田悟 ・・・・・・・・ 小林正寛
  二村三郎 ・・・・・・ 五十嵐明
  小西良雄 ・・・・・・ 若林久弥
  丸山啓子 ・・・・・・ 遠藤好
  田中恵 ・・・・・・・・ 片岡富枝
  斉木緑 ・・・・・・・・ 森脇由紀
  阿部進 ・・・・・・・・ 田中耕二
  横山正春 ・・・・・・ 川上英四郎
会 場   新宿・紀伊國屋ホール (2007年6月16日〜24日)



続きを読む<ネタバレあります。ご注意を!>

2007年06月14日

「夏の夜の夢」 新国立劇場


070613 a midsummer.jpgシェイクスピアの「夏の夜の夢」。名作です。
20歳前(大昔です)のとき以来、凄く久しぶりに観ました。
新国立劇場主催、ジョン・ケアードさんの演出。
村井国夫さんは、降板した江守徹さんに代わっての主演です。

今回の舞台、面白い話なのに・・・感想が湧いてこない・・・。
舞台空間設定の斬新さと、シェイクスピア本来のストーリー性と多様・重層性を意識した演出だったと思うのですが、私には合わなかったようです。
ただ、シェイクスピアの戯曲をほぼノーカットで見せてくれたのは、嬉しかった。貴重な体験でした。


夏の夜の夢
作    ウィリアム・シェイクスピア
翻訳   松岡和子
演出   ジョン・ケアード
出演
  シーシアス/オーベロン ・・・ 村井国夫
  ヒポリタ/ティターニア ・・・・ 麻実れい
  イジーハス ・・・・・・・・・・・・ 大島宇三郎
  ハーミア ・・・・・・・・・・・・・・ 宮菜穂子
  ヘレナ ・・・・・・・・・・・・・・・・ 小山萌子
  ライサンダー ・・・・・・・・・・・ 細見大輔
  ディミートリアス ・・・・・・・・・ 石母田史朗
  パック、ロビン ・・・・・・・・・・・ チョウソンハ
  劇団員 ・・ 青山達三 吉村直 大滝寛 小嶋尚樹 酒向芳 水野栄治
  妖精 ・・・・ 神田沙也加 松田尚子 JuNGLE 坂上真倫
           森川次朗 一弾丸 柴一平 西田健二
  インドの子供 ・・ 森久保大河  木下勇翔
会場  新国立劇場 中劇場 (2007年5月31日〜6月17日)



続きを読む