150131 sansaku rogo T.jpg散策しているような日常のなかで、素晴らしいものが見つけられたらうれしい。
そんなことを考えながらブログを書いています。

2015年08月17日

FC東京 2−1 G大阪 J1・24節(2nd 7節) 大事な試合に勝利

150816 vs G osaka.JPG

お盆休みだからかもしれませんが、大入りの37,978人もの入場者。14番がいなくても入るときは入るんですw。大入りだと、なぜか試合が残念なことになることが多かったのですが、今回は面白い試合でした。もちろん、勝ったから言えるのですがww。

DFは前節と変わらずに、徳永、森重、丸山、松田。前節でケガをした徳永ですがスタメンで出場です。

相手がG大阪ということで慎重に4−4−2で行くのかと思っていたのですが、4−3−3。これが効果的に働きました。
圧倒したい大阪は遠藤、宇佐美にボールを集めて攻勢に出ようとしますが、東京は見事にチャンスの芽を摘みます。ボールをもたれる時間が多かったのですが、東京はペースを掴みます。
前半15分、羽生からパスを受けたバーンズがエリア右に進入、グランダーのクロスを入れ、ゴール前に入り込んだ米本が合わせてゴール。先制。
この後も河野のシュートがクロスバーに阻まれる場面もあり、東京ペースを維持。ただ、こういう時間帯に追加点が欲しかった。

後半、徳永に変わり吉本投入。徳永は負傷の関係かな?ちょっと心配。
後半2分、G大阪がエリア右から頭で落としこれをシュート、決められてしまいます。失点。1−1の同点に。
DFラインと中盤のマークのつき方に問題がありました。簡単にボールを中に入れさせてしまった。
後半6分に三田を投入。4−4−2にする。バタバタしたところがあり、G大阪につけこまれそうになりますが東京が試合を動かします。
後半13分、米本がドリブルで上がりボールを羽生へ、エリア右からクロス、バーンズが頭で合わせてゴール。2−1、勝ち越し。
この後は、落ち着きを取り戻して、シッカリ守って試合を進めていきました。
バーに当たったり、ポストに当たったりするシュートも打たれましたが(ヒヤヒヤした)、なんとか失点せず。一方で、東京も縦に速い攻撃もみせて見せ場を作りますが得点には至らずに試合終了。

2−1で勝利。3連勝です。

この試合の殊勲者は米本。先制点をあげ、決勝点も長いドリブル突破でお膳立てしました。それにまして、守備面での活躍、ボール奪取は相変わらずに素晴らしい。
そして、GKの榎本。幾度となく素晴らしいセーブを見せていました。

この試合、4位のG大阪から勝点3を取ったのは大きいです。年間順位で1位の浦和(勝点差が4)、2位の広島(勝点差が1)に離されず3位で追っています。
なんだか、この順位にいるとソワソワしてしまうのは私だけでしょうかww。



東京のメンバー
GK 榎本達也
DF 徳永悠平 → 後半開始時 DF 吉本一謙
DF 森重真人
DF 丸山祐市
DF 松田 陸
MF 高橋秀人
MF 米本拓司
MF 羽生直剛
FW ネイサン バーンズ → 後半39分 FW サンダサ
FW 河野広貴 → 後半6分 MF 三田啓貴
FW 前田遼一






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2014〜15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

甲府 0−1 FC東京 J1・23節(2nd 6節) 連勝

甲府に行くことが出来ず、結果だけチェックしました。
東京は、石川と権田、太田がケガで欠場。
GKは榎本、センターバックには丸山、サイドバックの左には徳永、右に松田が入りました。

試合は、
後半17分、右サイドから松田のクロスを羽生が合わせてシュート、そのこぼれ球を高橋が押し込んで先制。
この得点で東京が1−0で勝ちました。
連勝です。

シュート数を見ると、東京12、甲府3。相手のシュート数が3というのは結構押していたと思います。

ところで、石川は、左膝前十字靭帯断裂(再腱術予定)で全治は約8ヶ月とのこと。
また、権田もオーバートレーニング症候群という厄介なものに罹ってしまったらしい。
2人とも長期離脱はまのがれないらしく、すごく心配。キチッと治して復帰して欲しいです。
太田の状態は分かりませんが、ケガ人が多くてチームとしては不安。
しかし、東京の層は厚いのです。不安を払拭してくれることでしょう。

次はG大阪戦です。
3連勝と行きたいですね。



東京のメンバー
GK 榎本達也
DF 徳永悠平
DF 森重真人
DF 丸山祐市
DF 松田 陸
MF 高橋秀人
MF 米本拓司
MF 羽生直剛 → 後半40分 MF 三田啓貴
FW ネイサン バーンズ → 後半27分 FW 河野広貴
FW 前田遼一
FW 東 慶悟 → 後半33分 MF 橋本拳人







にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2014〜15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

フランクフルト vs FC東京 親善試合(於:ドイツ・フランクフルト)

<ドイツ遠征、国際親善試合>
Frankfurt Main Finance Cup
   アイントラハト・フランクフルト 3−2 FC東京

150708 frankfurt main finance cup rogo.jpg

前半15分頃、松田のゴールに入るのではないかというCKを相手GKが弾き、そのボールを相手選手・長谷部がヘッドでクリア、ボールは前田の前にいき、シュート、ゴール。東京が先制。
前半20分頃、相手選手・長谷部がスローイン、受けたGKがパスミス、ボールを奪って、ゴール前のバーンズにパス、ボレーで決めてが得点。2−0に。
この時点で、地元のフランクフルトの選手が「ヤバイ」という顔つきになったww。
前半30分頃、サイドを崩され、長谷部のクロスから失点。
前半45分頃、やはりサイドを崩されて失点。2−2の同点に。

後半は、フランクフルトのペースに。
後半14分頃、やはりサイドから崩され頭で決められて失点。2−3に。逆転されました。
この後、双方チャンスを作りますが、得点はなく、2−3で試合終了。

フランクフルトのフィジカルの強さは流石でした。それに強引なドリブルもドイツらしくて面白かったです。
東京は、相変わらずパスミスが多かったw。それにサイドを崩されすぎです。失点の場面はサイドからの攻撃でした。簡単に抜かれすぎたのも頂けない。
全般的に相手のポジショニングの良さが後手にまわることになった原因のように見えました。これが敗因かな??

まあ、ブンデスリーガのチームは強いのは分かっていました。フランクフルトは強かったです。

ブンデスリーガはシーズン前。親善試合ということもあったのでしょうし、試合自体がファンへの顔見せ的なところもあったのだと思います。入りは緩い感じでした。それでもミスから東京に2点取られたけれど、シッカリと逆転してくるところは意地でしょうねww。

東京は、2得点できたのは良かったと思います。それに、ブンデスのチームが本気で点を取りに来て逆転されましたが、これはこれで良い経験になったと思います。
見方を変えれば、ブンデスのチームと互角に戦えたことに自信を持っても良いのかもしれません。







にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2014〜15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

FC東京 3−1 仙台 J1・22節(2nd 5節) 前田が2得点

今日は味スタに行く予定で用意までしていたのですが、体調不良のため行けませんでした。こういう楽しい試合に行けなかったのは無念・・・。
中継があったので、TV観戦は出来ました。

試合開始早々に試合は動きます。
前半9分、敵陣右サイドからのFK、太田がゴール前にボールを入れると森重が頭に当ててゴール、先制。この得点で試合の主導権を握ります。
前半23分、野澤がプレスからボールを奪い運んで前田へパス、前田は上手くDFをかわしてゴール前に切れ込み冷静にシュートを決めて追加点。
前半34分、前田がボールを奪取、ドリブルでエリア内に進入、DFをかわし、前に出たGKにはチップキックのシュートを放ち技ありのゴール。3点目。
前半を3−0で終えます。

後半は、3点リードがあるためか無理な攻めはしなかった。
試合は変わらずに東京が支配していましたが、暑い中での試合です、集中も切れることもあったのかもしれません。
後半23分、パスを回されペナルティエリア手前からミドルシュートをきれいに決められて失点。3−1。
その後は危なげなく進み、試合終了。
3−1で勝ちました。

前田は、エリア内でシュートに持っていくのが上手いですね。達人です。ハットトリックを見たかったのですが、もう1点は取れませんでした。
途中出場の石川にも得点して欲しかったのですが、残念。
後半も攻勢に出て欲しかった気がしますが、勝点3を取るのが大事ですからね、仕方ないのかも。

仙台は以前のような激しさが見えませんでした。激しければ良いと言う訳ではありませんが、守備に強い印象があるので、ちょっと元気がないように見えた。
東京は、攻めに課題があったので助かったかもしれない。


東京は、この後、ドイツはフランクフルトで親善試合をします。ドイツで良い経験をしてきてね。

代表組は、 罰ゲーム 東アジアカップがありますので、ドイツではなくCHINAは武漢に。東京は4人(権田、森重、太田、米本)も選出されてしまったけれど、とにかく、ケガだけはしないで帰ってきてください。
そもそも、この大会、出場する必要があるのだろうか?? 環境も苛酷だし、ステージとしての重要性もよく分からん。全く良い思い出がないし・・・。この際、勝敗はどうでもいいかもww。



東京のメンバー
GK 権田修一
DF 徳永悠平
DF 森重真人
DF 丸山祐市
DF 太田宏介
MF 米本拓司
MF 三田啓貴 → 後半32分 MF 橋本拳人
MF 羽生直剛 → 後半44分 DF 松田 陸
MF 野澤英之
FW 前田遼一
FW サンダサ → 後半9分 FW 石川直宏






にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2014〜15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

鹿島 2−1 FC東京 J1・21節(2nd 4節) 2ndで苦しい2敗目

この試合、見ていません。
花火大会に行っておりました。(きれいでした)

現地に行かれた方、お疲れさまでした。

試合は、先制されて、後半に途中出場したバーンズが同点弾を決めたけれど、その後に失点して、1−2で負けたようです。
やっぱり、カシマスタジアムは鬼門だったのかなぁ・・・。
結果だけ見ると、2ndに入って4試合で2負目を喫してしまったのは厳しい、苦しい出だしになってしまいました。

13位になったって?・・・・・・いやいや、年間では4位ですから、4位!

とにかく、次です、次。


東京のメンバー
GK 権田修一
DF 徳永悠平
DF 森重真人
DF 吉本一謙 → 前半45+1分 DF 松田 陸
DF 丸山祐市
MF 高橋秀人
MF 米本拓司
MF 羽生直剛
FW 河野広貴 → 後半21分 MF 三田啓貴
FW 前田遼一
FW サンダサ → 後半16分 FW ネイサン バーンズ







にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


posted by MOTO at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京・2014〜15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする